So-net無料ブログ作成

第54回 七夕賞のデータ [競馬データ]

96年、11年の中山開催、00年東京開催を除く、90年以降17年までの25年、連対馬50頭、3着馬26頭(10年の同着3着含む)からです。


まずは、今年もしつこく、毎年最初に触れている「七夕賞と7枠」の関係からいきたいと思います。
まず、7枠が連対した年を列挙いたしますと、
90年5-7
91年5-7
92年1-7
94年5-7
95年5-7
01年7-8
03年6-7
09年4-7
の8回となっていました。

これを見てもわかるとおり、90年代前半では結構強い関係があったのですが、その後は01年、03年、09年に出た以外はもう一つの結果となっています。
それでも、この7枠の8回は、5枠と並んで、この期間での最多の枠の出目となっています。
ちなみに、その他では、5枠が8回、1枠と6枠が各7回、2枠が6回、3枠と4枠が各5回、8枠が4回となっていました。
また、3着馬(26回)の出目ですが、4枠が9回と1番多く、あと5枠が4回、7枠と8枠が各3回、1枠、3枠、6枠が各2回、あと2枠が1回となっていました。

ちなみに、7枠で連対した8頭のそれぞれの人気と単勝オッズは
90年1番人気 4.4倍(タカラフラッシュ)
91年6番人気 8.2倍(シーキャリア)
92年5番人気 7.5倍(カミノスオード)
94年4番人気 5.7倍(ニフティダンサー)
95年2番人気 3.6倍(フジヤマケンザン)
01年3番人気 6.0倍(ゲイリートマホーク)
03年6番人気 8.4倍(ミデオンビット)
09年1番人気 4.6倍(ミヤビランベリ)
となっていました。
それから7枠に入った3着馬3頭ですが
04年5番人気 9.8倍(マーベラスダンス)
05年3番人気 5.9倍(グラスボンバー)
09年2番人気、5.4倍(ホッコーパドゥシャ)となっていました。
人気は、連対馬、3着馬ひっくるめて、1番人気から6番人気の間、単勝オッズはすべて一桁台となっています。
今年もこの傾向が繰り返されるならば、7枠に入った馬の取捨選択の基準になるかと思います
ただ、昨年私は、このデータから本命馬に7枠の2番人気(単勝オッズ4.1倍)マルターズアポジーを指名して勝負しましたが、道中余裕の逃げに見えましたが早めにハナを奪われると手応えが怪しくなり、12頭中11着で終わりました。
今年は7枠の馬の取捨選択で悩むところです。



では、通常のデータに入ります。
まずは血統からですが、今年も先週行われた3歳の重賞ラジオNIKKEI賞と比較しながら見ていきます。
そのラジオNIKKEI賞ですが、08年、09年と2年連続上位3頭はノーザンダンサー系絡みではない馬で占められましたが、10年は1着と3着が、11年の中山開催では連対馬2頭が、12年は福島に戻って1着から3着までBMS(母の父)が(3着は父も)、13年は2着が父もBMS(母の父)もそれぞれノーザンダンサー系でした。
しかし、14年は上位3頭、15年は連対馬2頭、16年、17年は共に上位3頭、今年18年は1着と3着がノーザンダンサー系絡みではない馬となりました。
なかなかこの辺り、ノーザンダンサー系絡みの馬の取捨選択に悩むところですが、結局全体的に見てみますと、このラジオNIKKEI賞は、中山開催を除いて、福島競馬場施行での今年までの26年間連対馬50頭の中では、ノーザンダンサー系絡みの馬は25頭とちょうど半分となっています。
ただ、最近は特に、08年から09年にかけての2年間、そして14年以降のここ5年と、ノーザンダンサー系絡みの馬が結構不振で、全面的には信頼はおけないデータになっています。



ではこの七夕賞ではどうでしょうか。
福島競馬場施行での該当する期間の連対馬50頭で見てみますと、30頭がノーザンダンサー系絡みとなっていました。
このレースもそれなりに強いところを見せていたことになります。
もう少し突っ込んで見ていきますと、ラジオNIKKEI賞では、1着から3着までノーザンダンサー系が絡まない馬が占めたのは、今年まででは25年中7回となっていましたが、この七夕賞ではどうであったかと言いますと、25年中92年の1回のみとなっていました。
(1着2着の連対馬では、この92年にあと98年と昨年17年を加えて、計3回ノーザンダンサー系が絡まない馬同士で決着しています。)
逆に、連対馬同士がノーザンダンサー系絡みだったのは、25年中8年(ラジオNIKKEI賞も8年)で、そのうち3着馬まで占めたのは、93年、94年、05年、15年の4回(ラジオNIKKEI賞は3回)となっていました。
こう見ていきますと、七夕賞での連対馬は、ノーザンダンサー系絡みの馬とそうではない馬との混合が14回ということになりますから、その組み合わせが一番出やすいということになります。
一応、着順別でノーザンダンサー系絡みの馬を見てみますと、1着馬は25頭中17頭、2着馬は25頭中13頭、3着馬は26頭中16頭となっていました。
ちなみに、今回の出走馬12頭でノーザンダンサー系絡みの馬は、キンショウユキヒメ、サーブルオール、プラチナムバレット、マイネルサージュ、マイネルミラノ、メドウラーク、レイホーロマンス、ワンブレスアウェイの8頭と多くを占めています。


それから、毎年取り上げていますが、今年も前走の着順を、1着、2着、3着ごとに古い順に列挙していきます。
1着馬の前走の着順は、1,2,1,8,3,11,9,3,1,3,6,8,9,3,5,8,13,1,4,10,2,11,5,7,2で、5着以上の上位が14頭、6着以下の下位は11頭となっています。
2着馬は、2,1,9,5,6,1,18,4,2,1,7,9,18,7,1,4,14,6,17,3,11,10,12,4,3で、5着以上の上位が12頭、6着以下の下位は13頭となっていました。
3着馬は、7,8,3,2,3,4,6,6,11,7,3,10,9,1,2,1,5,9,(10,1),1,8,2,10,4,1で、5着以上の上位が14頭、6着以下の下位は12頭となっていました。

こう見ますと、結構前走掲示板の外からの巻き返しが目立ちます。


次に毛色ですが、連対馬では、鹿毛が29頭と圧倒的に多く連対しています。
続いて、栗毛が9頭、黒鹿毛が7頭、青鹿毛が3頭、あと芦毛が2頭となっていました。
3着馬では、栗毛が10頭と最も多く、鹿毛が7頭、黒鹿毛が5頭、芦毛が3頭、青鹿毛が1頭となっていました。
今回の出走馬で、鹿毛の次に多かった栗毛馬は、マイネルミラノ1頭となっています。



年齢では、これも着順ごとで見てみますと、
1着馬では、5歳馬が9頭、6歳馬が8頭、4歳馬と7歳馬が各4頭となっています。
2着馬では、4歳馬が7頭、5歳馬と6歳馬が各6頭、7歳馬が5頭、8歳馬が1頭となっていました。
3着馬では、5歳馬が9頭、6歳馬が8頭、4歳馬が5頭、7歳馬が3頭、8歳馬が1頭となっていました。
1着から3着まで全体的に見てみますと、5歳馬が24頭、6歳馬が22頭、4歳馬が16頭、7歳馬が12頭、8歳馬が2頭となっています。
7歳馬が思いのほかがんばっていることがわかります。
今回の出走馬では、マイネルフロスト、メドウラークの2頭の7歳馬が出走しています。


それから、ハンデ戦ですので、重量にも触れておきましょう。
1着馬で1番多かった重量は57kgの9頭で、続いて55kgの4頭、それから56kgの3頭、54kg、53kgの各2頭、59kg、56.5kg、58kg、52kg、50kgの各1頭となっています。
2着馬では、55kgの6頭が最も多く、続いて、56kgの5頭、53kgの4頭、54kgの3頭、57kg、57.5kg、58kgの各2頭、そして52kgが1頭となっています。
3着馬では、55kgが7頭、53kgが6頭、54kg、56kgが各3頭、57kgが2頭、58kg、57.5kg、52kg、51kg、50kgが各1頭となっていました。
全体的には、重量55kg(3着以内17頭)の馬ががんばっているように見えます。
ちなみに、今回の出走馬で重量55kgの馬は、サーブルオール、マイネルサージュの2頭となっています。


以上ですが、今年も昨年までと同じく、とりあえず、「7枠」の馬の人気とオッズを見て、その取捨選択をまずはやろうと思っています。
そして同じく、ノーザンダンサー系絡みの馬の取捨選択、重量「55kg」の出走馬の取捨選択という感じで、どんどん絞って結論を出していこうと思います。
ともかく、12年以降昨年までの6年間、3連単の配当が、16年の9万円台、17年の2万円台以外は10万円以上となっていて、特に15年は100万円台でしたから、基本的には荒れることを前提に検討していきたいところです。
しかしながら、過去6年の出走数が12年から16年までの16頭のフルゲートに対して今回の出走数は、3連単の配当が2万円台だった昨年と同じ12頭。
これを見て、荒れることを前提にして検討していいのか悩むところです。

タグ:七夕賞
nice!(5)  コメント(2) 

nice! 5

コメント 2

馬爺

今日のような大雨ですと馬場が心配ですね。
by 馬爺 (2018-07-06 13:37) 

bigonon

馬爺さん、おはようございます。
今日明日開催の所は、思ったよりもまだマシなようですね。
悪くて重馬場までのようです。
それにしても西日本の大雨が酷いですね。
どうか、これ以上の被害がないことを望みます。
by bigonon (2018-07-07 09:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント