So-net無料ブログ作成

第47回 スプリンターズステークスの予想 [競馬予想]

第47回 スプリンターズステークスの予想

◎ 2 フォーエバーマーク
○10 ロードカナロア 
▲13 サクラゴスペル
△ 1 グランプリボス
× 6 ドリームバレンチノ
注 7 ハクサンムーン

2番 単勝 複勝
 各1点

2番1着固定、10番2着固定 13番、1番、6番、7番へ 3着4点流し
3連単 2頭1着2着固定流し 4点
(2→10)→13,1,6,7
2番10番
 2頭軸から13番、1番、6番、7番へ4点流し
3連複 2頭流し 4点
(2-10)-13,1,6,7


以上
計10点


施行が12月から今の9月末頃から10月始め頃に変わった00年以降、02年の新潟開催を除く12年で見ていきます。

まず血統で、ノーザンダンサー系産駒の馬が、12年中03年から06年までの4年間を除く8年で少なくとも1頭は入っていました。
現在07年から昨年まで6年連続入っています。
今回の出走馬でノーザンダンサー系産駒は、00:08現在、7番人気のファルブラウ産駒のフォーエバーマークと15番人気のキングヘイロー産駒のマヤノリュウジンの2頭となっています。

次に、今日のシリウスS同様、3着以内で単勝オッズが二桁だった馬をピックアップしていきます。
該当期間の12年、3着以内計36頭中、二桁オッズだったのは16頭もいました。
そのうち、30倍以上の高いオッズだったのは、00年16番人気で1着となったダイタクヤマト(257.5倍)、06年16番人気で3着となったタガノバスティーユ(168.7倍)、11年9番人気で2着となったパドトロワ(49.4倍)の3頭となっています。
つまり残る13頭の単勝オッズは、10倍台(7頭)か20倍台(6頭)ということになります。
その30倍以上の3頭ですが、いずれも前走は掲示板をはずしていましたが、タガノバスティーユを除く2頭は前々走で連対していました。
そのタガノバスティーユも前々走は8着でしたがそのレースはG1のNHKマイルでした。
今回の出走馬で、現在30倍以上は、6番人気のマジンプロスパー(30.0倍)以下16番人気まで11頭となっています。
その中で、前々走もしくは前走で連対していたのは、マジンプロスパーとフォーエバーマークの2頭となっています。
また、その他の出走馬でどちらかがG1だった馬は今回はいません。
そして、残る3着以内に入った単勝オッズ10倍台と20倍台の馬13頭ですが、そのうち10頭が前走か前々走で3着以上を記録していました。
今回の出走馬で現在10倍台、20倍台の馬は、3番人気のグランプリボス(11.4倍)、4番人気のドリームバレンチノ(16.8倍)、5番人気のサクラゴスペル(17.8倍)の3頭となっていますが、いずれもこの過去のデータをクリアしていました。

それから、春の同じスプリントのG1高松宮記念との関係も見ていきます。
該当期間12年の中で、スプリンターズS3着以内でその年の高松宮記念も走ったのは15頭いました。
その高松宮記念時の着順と人気ですが、まず着順は、1着が6頭、2着が2頭、3着が2頭、4着が2頭、あと、5着、8着、16着が各1頭となっています。
そしてその人気ですが、1番人気が5頭、2番人気が3頭、3番人気が2頭、4番人気が3頭、あと5番人気、12番人気が各1頭となっていました。
今回の出走馬で、今年の高松宮記念を走ったのは、1番人気1着だったロードカナロア、2番人気2着だったドリームバレンチノ、3番人気9着だったサンカルロ、4番人気4着だったサクラゴスペル、10番人気3着だったハクサンムーンとなっています。

あと、いろいろありますが、関係あるところで有名なこととして、このスプリンターズSがG1になってから連覇したのは、93年、94年と続けて1着となったサクラバクシンオー1頭のみとなっています。
歴代の優勝馬で、翌年も挑戦して届かなかった馬が結構いることから、かなり連覇が難しいレースであることがよくわかります。
さて今年、現在圧倒的1番人気となっているロードカナロアが連覇するような勢いを感じるところですが、どうなることでしょうか。

以上、上記のデータを基に検討した結果、ここは本命に思い切ってフォーエバーマークを抜擢して勝負することにしました。
もちろん、ちまたで言われている「フォーエバーマーくん」ということにあやかってではありません^^;
上記の通り今年もノーザンダンサー系産駒が3着以内に入ると仮定しての抜擢です。
まずは、そのフォーエバーマークのいわゆるがんばれ馬券、単勝、複勝を買いたいと思ます。
そして、今回はいつもの2頭軸での3連単、3連複で勝負することにしましたので、やはりここははずせないロードカナロアを軸の中の相手にいたしました。
3連単勝負としては、連覇はないと想定して2着付けで勝負することにいたしました。
あと、その軸から流す相手としては、上記で挙げた単勝オッズ10倍台3頭と、やっぱりはずせない現在2番人気のハクサンムーンの計4頭といたしました。
勝負目は上記の通りです。

単純に何も考えず、ロードカナロア本命で馬連流しで勝負すればいいものを、またかなり複雑に考えてややこしい勝負にしてしまいました。
結局結果はお笑いになるかも知れませんが、それでもいつものようにゴールを迎えるまではこの目で強気で勝負したいと思います。
さてどうなることでしょうか。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0