So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

第14回 キーンランドカップのデータ [競馬データ]

01年から05年までオープン特別として行われた「札幌日刊スポーツ杯」の5年間と、06年に創設されたこの「キーンランドC」の函館競馬場代替の13年を除く過去12年間と、その計17年、連対馬34頭、3着馬17頭から見ていきます。


まず人気ですが、連対馬計34頭中、
08年1着のタニノマティーニ(16番人気、単勝オッズ161.4倍)
09年2着のドラゴンウエルズ(13番人気、単勝オッズ36.8倍)
10年2着のジェイケイセラヴィ(6番人気、単勝オッズ15.3倍)
11年2着のビービーガルダン(6番人気、単勝20.7倍)
15年1着のウキヨノカゼ(8番人気、29.1倍)
15年2着のトーホウアマポーラ(9番人気、30.4倍)

17年1着のエポワス(12番人気、21.2倍)
の7頭を除く27頭は、1番人気から4番人気の中の上位人気で、その27頭の単勝オッズは、06年のキーンランド
Cの勝ち馬チアフルスマイル(4番人気単勝オッズ12.5倍)を除く26頭が全部一桁台でした。

続いて3着馬の人気ですが、
単純に順番に挙げていきますと、5、5、4、6、9、2、3、1、1、8、4、4、5、1、3、5、9(番人気)と半分近くが5番人気以下となっていて、連対馬のような上位人気馬ばかりではありませんでした。


次に毛色ですが、連対馬34頭中18頭が鹿毛で、あと黒鹿毛が5頭、栗毛、青鹿毛が各4頭、芦毛が2頭、青毛が1頭でした。
3着馬では、17頭中7頭が鹿毛で、栗毛が5頭、青鹿毛が2頭、栃栗毛、芦毛、黒鹿毛が各1頭となっていました。


年齢は、連対馬では5歳が10頭と最も多く、続いて3歳と4歳と6歳が各7頭、7歳と8歳と9歳が各1頭となっていました。
3着馬でも、5歳が7頭と最も多く、差がなく4歳が6頭、3歳が2頭、6歳と7歳が各1頭と続いています。


次に前走ですが、

03年1着のハッピーパス(前走関屋記念5番人気12着)
05年の1着ベニーホイッスル(前走桜花賞8番人気11着)
06年1着のチアフルスマイル(前走クイーンS5番人気5着)
07年1着のクーヴェルチュール(前走アイビスサマーダッシュ5番人気3着)
08年1着のタニノマティーニ(前走UHB杯6番人気5着)
09年1着のビービーガルダン(前走マイラーズカップ9番人気8着
09年2着のドラゴンウエルズ(前走UHB賞9番人気5着)
11年2着のビービーガルダン(前走安田記念17番人気15着)
12年1着のパドトロワ(前走アイビスサマーD7番人気1着)
14年1着のローブティサージュ(前走函館SS6番人気2着)
15年1着のウキヨノカゼ(前走準オープン特別10番人気1着)
15年2着のトーホウアマポーラ(前走CBC賞9番人気7着)
16年1着のブランボヌール(前走NHKマイル15番人気6着)
17年2着のソルヴェイグ(前走ヴィクトリアマイル9番人気5着)
の14頭を除く20頭が前走3番人気以上の上位人気でした。


重賞になってからのキーンランドCの1着馬のみで見てみますと、10年(2番人気のワンカラット、前走も2番人気)、11年(1番人気のカレンチャン、前走も1番人気)、17年(12番人気のエポワス、前走は1番人気)、18年(1番人気のナックビーナス、前走も1番人気)を除く8頭はすべて前走5番人気以下の下位人気となっていました。

続いて3着馬の前走ですが、前半札幌日刊スポーツ杯5レースでは、2頭が3番人気以上の上位人気で、あと3頭は4番人気、7番人気、13番人気となっていました。
あとのキーンランドCの12頭の3着馬の前走ですが、
10年(前走CBC賞2番人気14着)
11年(前走オープン特別1番人気1着)
12年(前走準オープン特別1番人気1着)
14年(前走高松宮記念10番人気18着)
17年(前走高松宮記念12番人気8着)
18年(前走アイビスサマーダッシュ3番人気11着)

を除く6頭は前走函館スプリントSで、その人気は順に13番人気(1着)、7番人気(4着)、1番人気(1着)、1番人気(1着)、4番人気(1着)、7番人気(3着)となっていました。


父の血統ですが、連対馬では、ノーザンダンサー系がのべ11頭、サンデーサイレンス系が10頭(サンデーサイレンス4頭、ディープインパクトが2頭、オンファイヤ、フジキセキ、キンシャサノキセキ、ダイワメジャーが各1頭)、ミスタープロスペクター系が6頭、プリンスリーギフト系が5頭(サクラバクシンオー4頭含む)、マンノウオー系、ロベルト系が各1頭となっていました。
3着馬では、ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系5頭含む)が6頭、ナスルーラ系(サクラバクシンオー2頭含む)が4頭、ミスタープロスペクター系も4頭(アグネスデジタル、フォティナイナー系、マキャベリアン系、キングカメハメハ)、ノーザンダンサー系が3頭(ダンツィヒ系、ヴァイスリージェント系、リファール系)となっていました。


以上ですが、まずは、過去連対馬34頭中27頭が4番人気以上の上位人気馬でしたので、その4番人気以上の馬の検討からですね。
その上で、過去7頭入っている人気薄の馬にも目を移していこうと思います。
いずれにしても、G1のスプリンターズSの前哨戦としてのこのレースからは、その着順に関係なく、1頭ないし2頭本番で3着以内に入る年もあるので、しっかり見ていきたいと思います。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

今日の1点勝負(8/18)の結果 [競馬予想の結果]

小倉9R 天草特別
◎ 5 スズカスマート    2番人気9着

○ 8 タガノファジョーロ  3番人気1着
5-8

新潟9R 出雲崎特別
◎ 8 サトノエルドール   1番人気1着
○ 5 モンブランテソーロ  3番人気3着
5-8            170円

札幌9R クローバー賞
◎ 4 ヨハネスボーイ    3番人気2着
○ 5 マブプリンセス    6番人気8着
4-5

小倉10R 西部スポニチ賞
◎10 アンドラステ     1番人気2着
○ 5 インターセクション  4番人気6着
5-10

新潟10R 阿賀野川特別
◎ 5 ホウオウサーベル   1番人気1着
○13 ダノンクライム    4番人気3着
5-13           460円  

札幌10R 大通公園特別
◎11 スマートセラヴィー  3番人気1着
○ 6 ディーズフェイク   4番人気6着
6-11

小倉11R 北九州記念
◎ 5 ディアンドル     3番人気 2着
○15 シャドウノエル   10番人気11着
5-15 

新潟11R NST賞
◎15 ストロベリームーン  1番人気 1着
○ 4 プルミラコロ     9番人気11着
4-15

札幌11R 札幌記念
◎ 9 フィエールマン    1番人気3着
○10 サングレーザー    4番人気2着
9-10           290円

札幌12R 小樽特別
◎ 6 ヴィーナスフローラ  1番人気 2着
○11 コルデトゥリーニ   2番人気12着
6-11

3勝で、100円換算にして、1000円投資の920円の回収、トータルはマイナスでした。
またがんばります。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第55回 札幌記念の予想の結果 [競馬予想の結果]

第55回 札幌記念の予想の結果

◎ 9 フィエールマン    1番人気3着
○10 サングレーザー    4番人気2着
▲ 3 ステイフーリッシュ  8番人気9着
△ 1 ブラストワンピース  3番人気1着

10        馬連、ワイド 各1点

(9→10)→3,  1着2着固定2頭軸3連単2頭流し 2点
10)-3,  2頭軸3連複2頭流し 2点

以上計6点勝負

結果的に、上位人気5頭が掲示板を占めました。
ただ、展開のあやで3連単は1万円台ですが万馬券になりましたね。
ハナに立ったのは予想通り11番人気エイシンティンクルでしたが、そこに6番人気クロコスミアが絡んで流れが速くなるかと思いましたがそうなりませんでした。
また、もしくはエイシンティンクルが大逃げを打つと思いましたが、そうにもなりませんでした。
展開予想は外れてしまいました。
本命馬にしていた1番人気フィエールマンは、思っていたより後方の位置。
この流れだともう少し前に付けたいところでしたが、今日は道中反応が鈍かったですね。
なかなか前には行けませんでした。
直線に入る所でも中団の位置でそれも外を通っていたので、この時点で敗戦を覚悟いたしました。
対して、2頭軸の中の相手にしていた昨年のこのレースの覇者、4番人気サングレーザーは、昨年のこのレースや、普段と違って3番手での先行を選択。
これが功を奏したのか、直線に入って楽な形で先頭に立ち、そのまま押し切り体制に入りました。
また同じく、4番手とこちらも積極的に前に行っていた2番人気ワグネリアンも、直線に入ってサングレーザーの2番手に付け、この2頭での争いかと思われました。
そこを、道中後方から直線、いつもと違って内を突いて伸びて来た3番人気ブラストワンピースが、前の馬と馬との間をうまく抜けてこの2頭の後ろに付け、さらにゴール前、ワグネリアンを、そしてゴール寸前サングレーザーを差し切って、見事有馬記念以来の勝利を手に入れました。
このメンバーの中で強い競馬を見せてくれましたね。
結果的にこの1枠が、今までと違って内を突くという選択となり、これが功を奏したのかも知れません。
続いてサングレーザーは惜しくも連覇ならずの2着。
そして、3番手でワグネリアンがゴールするところを、ゴール寸前、忘れていたように突然外から伸びて来たフィエールマンがワグネリアンをクビ差捕らえて3着を確保いたしました。
ワグネリアンは4着。
さらにこちらも直線では積極的に前に来ていた5番人気ペルシアンナイトが5着と続きました。
人気薄として狙った2頭軸の中の相手にしていた8番人気ステイフーリッシュは、直線では意外と伸びず9着で終わりました。
結果、後ろ髪を引かれたワグネリアンをゴール寸前フィエールマンが差し切って3着になったことにより、かろうじて安い3連複とワイド馬券を取ることができました。
まあ、良しといたしましょう。
またがんばります。


タグ:札幌記念
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第54回 北九州記念の予想の結果 [競馬予想の結果]

第54回 北九州記念の予想の結果

◎ 5 ディアンドル     3番人気 2着
○15 シャドゥノエル   10番人気11着
▲11 アンヴァル      5番人気 3着
△10 エントリーチケット 14番人気 9着

-15          馬連、ワイド 各1点

(5→15)→11,10  1着2着固定2頭軸3連単2頭流し 2点
-15)-11,10  2頭軸3連複2頭流し 2点

以上計6点勝負

思っていたようにスタート直後から、2番人気モズスーパーフレアと13番人気ラブカンプーが前でやりあって、さらに12番人気イエローマリンバも加わって流れが速くなってくれました。
これはイケると確信に満ちた思いがレース途中駆け巡りました。
まず、案の定、先行馬を見る形で進んでいた本命馬の3番人気ディアンドルは直線、いい感じで先行馬の間を抜けて先頭に躍り出てそのまま押し切るかと思われました。
しかし、大外から追い込んで来た来た9番人気ダイメイプリンセスが内の馬群を一気に飲み込んで、ゴール寸前先頭に立ち、見事激戦となった今年の北九州記念を制しました。
展開のあやと言えばそれまでですが、しかし強かったですね。
ディアンドルは惜しくも2着。
激しい先行争いにも関わらず、馬体重プラス26kgにも関わらず、ゴール前まで2番手で粘っていたモズスーパーフレアは、ゴール直前3番手に落ち、さらに後方から馬群を鋭い脚で抜けて来た5番人気アンヴァルにも差されて4着でこのレースを終えました。
しかし、それでも4着、改めて力ある馬だと思いました。
2頭軸の中の相手にしていた10番人気シャドウノエルですが、道中馬群の後方辺りでの競馬。
直線に入ってここから伸びようとしたところ、前に壁が出来てしまいましたね。
今回はもう少し前に付けなかった所に重賞への壁があったように思います。
これで、狙った血統でのナスルーラ系絡みの馬ですが、6着の6番人気アレスバローズが最高位で、過去14年で07年、08年、11年、14年に次いで5年目の3着以内に入らなかった年となりました。
でも、勝負目ですべて牝馬で勝負したのには、結果的に1着から4着まで牝馬で占められ狙いはよかったかなと思います。
でも、勝てなければ何をか況やですね。
勝ったダイメイプリンセスは、前走、前々走の上がり時計から買える馬でしたが、ナスルーラ系絡みの14番人気エントリーチケットの方に目が行ってしまいました。
終わってからは何でも言えますね。
とにかく残念無念。。。
またがんばります。


タグ:北九州記念
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

今日の1点勝負(8/18) [競馬予想]

小倉9R 天草特別
◎ 5 スズカスマート

○ 8 タガノファジョーロ
5-8

新潟9R 出雲崎特別
◎ 8 サトノエルドール
○ 5 モンブランテソーロ
5-8

札幌9R クローバー賞
◎ 4 ヨハネスボーイ
○ 5 マブプリンセス
4-5

小倉10R 西部スポニチ賞
◎10 アンドラステ
○ 5 インターセクション
5-10

新潟10R 阿賀野川特別
◎ 5 ホウオウサーベル
○13 ダノンクライム
5-13

札幌10R 大通公園特別
◎11 スマートセラヴィー
○ 6 ディーズフェイク
6-11

小倉11R 北九州記念
◎ 5 ディアンドル
○15 シャドウノエル
5-15

新潟11R NST賞
◎15 ストロベリームーン
○ 4 プルミラコロ
4-15

札幌11R 札幌記念
◎ 9 フィエールマン
○10 サングレーザー
9-10

札幌12R 小樽特別
◎ 6 ヴィーナスフローラ
○11 コルデトゥリーニ
6-11

ワイド1点勝負です。
トータル10倍以上取れれば勝ちです。
さてどうでしょうか。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第55回 札幌記念の予想 [競馬予想]

第55回 札幌記念の予想

◎ 9 フィエールマン
○10 サングレーザー
▲ 3 ステイフーリッシュ
△ 1 ブラストワンピース

9-10        馬連、ワイド 各1点

(9→10)→3,1  1着2着固定2頭軸3連単2頭流し 2点
(9-10)-3,1  2頭軸3連複2頭流し 2点

以上計6点勝負

こちらも先日挙げたデータを基に検討いたしました。
ここはとりあえず、過去21年中16年で3着以内(1着7頭、2着6頭、3着3頭)に入っていた1番人気馬を本命にして勝負することにしました。
現在(9:55)1番人気は、単勝オッズ2.7倍のフィエールマン。
有力馬が何頭か出ていますが、このまま最後まで1番人気をキープしそうなので、このフィエールマン本命にして勝負いたします。
そしてこのレース、5番人気以上の上位人気の5歳馬が、「ほぼ」3着以内に少なくとも1頭入っていたので、5歳馬の出走馬2頭のうち、現在4番人気のサングレーザーを相手にして、いつものこの2頭の馬連、ワイド1点勝負、またこの2頭を軸にして、3連単、3連複、2頭流し勝負をいたします。
その流す相手としましては、このレース、内枠有利な傾向がありますので、3枠の8番人気ステイフーリッシュ、1枠の3番人気ブラストワンピースの2頭で勝負です。
2番人気のワグネリアンに後ろ髪を引かれますが^^;
さて、どうでしょうか。


タグ:札幌記念
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第54回 北九州記念の予想 [競馬予想]

第54回 北九州記念の予想

◎ 5 ディアンドル
○15 シャドゥノエル
▲11 アンヴァル
△10 エントリーチケット

5-15          馬連、ワイド 各1点

(5→15)→11,10  1着2着固定2頭軸3連単2頭流し 2点
(5-15)-11,10  2頭軸3連複2頭流し 2点

以上計6点勝負

むちゃむちゃ難解ですね^^;
とにもかくにも先日挙げたデータを基に検討いたしました。
特に牝馬を中心に検討いたしました。
1200m芝に変わって過去13年、毎年少なくとも1頭牝馬が絡んでいて、全部で21頭が3着以内に入っていました。
その内訳は、5番人気以上が14頭(1番人気5頭、2番人気4頭、3番人気2頭、4番人気2頭、5番人気1頭)、6番人気以下が7頭(6番人気2頭、8番人気2頭、10番人気1頭、11番人気1頭、13番人気1頭)となっていました。
今回の出走馬18頭中牝馬は10頭が出走。
そのうち5番人気以上の上位人気だったのは、現在(9:30)1番人気モズスーパーフレアー、3番人気ディアンドル、5番人気アンヴァルの3頭となっています。
その中から、このレース、前走または前々走の上がり時計が優秀な馬が上位に来る傾向がありましたので、それに該当するディアンドルを本命にいたしました。
そしてまた、このレース、過去13年中、07年、08年、11年、14年を除く9年で少なくとも1頭、血統でナスルーラ系絡みの馬が3着以内に入っていましたので、出走馬の中で該当する5頭の中から10番人気シャドウノエルを抜擢して、この2頭でまず馬連、ワイドの1点勝負をいたします。
そして、この2頭を軸にして、上記の通り、5番人気の牝馬アンヴァルと、BMS(母の父)がナスルーラ系の13番人気エントリーチケットの2頭に流して3連単、3連複勝負いたします。
お笑いになりませんように^^;
さてどうでしょうか。


タグ:北九州記念
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

今日の1点勝負(8/17)の結果 [競馬予想の結果]

小倉9R 英彦山特別
◎ 7 ファナティック    1番人気5着

○11 アールスター     2番人気1着
7-11

新潟9R 新発田特別
◎ 4 アゴベイ       2番人気3着
○15 イチゴミルフィーユ  3番人気8着
4-15

札幌10R 富良野特別
◎ 4 エデリー       1番人気4着
○11 レーガノミクス    2番人気3着
4-11

小倉10R 戸畑特別
◎12 ラミエル       2番人気2着       
○ 3 コウエイダリア    3番人気3着
3-12           380円

新潟10R 麒麟山特別
◎ 6 リープリングスター  2番人気10着
○12 トゥーフラッシー   6番人気 6着
6-12

札幌11R 札幌日刊スポーツ杯
◎ 9 トロピカルストーム  6番人気3着
○ 1 ドリームスピリット  3番人気8着
1-9

小倉11R テレQ杯
◎ 9 ヘルディン      2番人気2着
○ 3 メイショウサチシオ  3番人気3着
3-9            570円

新潟11R 日本海ステークス
◎ 2 ゴージャスランチ   2番人気1着
○ 5 スティルウォーター  7番人気7着
2-5

札幌12R 石狩特別
◎13 フォルコメン     1番人気 2着
○ 7 メイクアンシー    6番人気13着
7-13

2勝で、100円換算にして、900円投資の950円の回収、トータルはプラスでした。
またがんばります。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

今日の1点勝負(8/17) [競馬予想]

小倉9R 英彦山特別
◎ 7 ファナティック

○11 アールスター
7-11

新潟9R 新発田特別
◎ 4 アゴベイ
○15 イチゴミルフィーユ
4-15

札幌10R 富良野特別
◎ 4 エデリー
○11 レーガノミクス
4-11

小倉10R 戸畑特別
◎12 ラミエル
○ 3 コウエイダリア
3-12

新潟10R 麒麟山特別
◎ 6 リープリングスター
○12 トゥーフラッシー
6-12

札幌11R 札幌日刊スポーツ杯
◎ 9 トロピカルストーム
○ 1 ドリームスピリット
1-9

小倉11R テレQ杯
◎ 9 ヘルディン
○ 3 メイショウサチシオ
3-9

新潟11R 日本海ステークス
◎ 2 ゴージャスランチ
○ 5 スティルウォーター
2-5

札幌12R 石狩特別
◎13 フォルコメン
○ 7 メイクアンシー
7-13

ワイド1点勝負です。
トータル9倍以上取れれば勝ちです。
さてどうでしょうか。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第55回 札幌記念のデータ [競馬データ]

97年以降、函館競馬場代替競馬となった13年を除く21年、連対馬42頭、3着馬21頭からです。


まず、毎年取り上げていますが、前の年かあるいはその年に「G1」で勝って札幌記念に出走した馬の成績を今年も先に挙げていこうと思います。
97年以降42頭中、該当する馬は25頭いまして、1着が6頭、2着が6頭、3着が3頭、4着、5着が各2頭、6着、7着が各1頭、8着が2頭、12着、14着が各1頭となっていました。
結局、25頭中19頭が掲示板に載り、そのうち12頭が連対していました。
今回の出走馬では、昨年の菊花賞と今年の天皇賞(春)を制したフィエールマン、昨年の有馬記念を制したブラストワンピース、昨年の日本ダービーを制したワグネリアンの3頭が該当します。


次に毛色ですが、1着馬は、21頭中14頭が鹿毛で、他の毛色の1着馬7頭は、99年1番人気1着のセイウンスカイ(芦毛)、07年5番人気1着のフサイチパンドラ(栗毛)、08年5番人気1着のタスカータソルテ(黒鹿毛)、09年7番人気1着のヤマニンキングリー(栗毛)、16年5番人気1着のネオリアリズム(栗毛)、17年6番人気1着のサクラアンプルール、18年2番人気1着のサングレーザー(青鹿毛)となっていました。
2着馬は、21頭中13頭が鹿毛で、他の毛色の2着馬は、97年4番人気2着のエリモシック(青鹿毛)、99年2番人気2着のファレノプシス(黒鹿毛)、02年10番人気2着のトウカイポイント(栗毛)、06年9番人気2着のレクレドール(黒鹿毛)、09年2着のブエナビスタ(黒鹿毛)、12年1番人気2着のダークシャドウ(栗毛)、13年1番人気2着のゴールドシップ(芦毛)、15年8番人気2着のヒットザターゲット(栗毛)となっています。

昨年までいつも取り上げていますが、1着馬のみ、あるいは2着馬のみで見ていきますと、鹿毛馬以外の連続1着、あるいは連続2着は、07年までの11年間ありませんでした。
しかし、初めて07年栗毛、08年黒鹿毛と連続で鹿毛馬以外の馬が1着となってそれまでの傾向が崩れ、さらに09年も鹿毛馬以外の栗毛の馬が1着となり3年連続となりました。
ちなみにその後の10年、11年、12年、14年、15年は鹿毛馬が連続で来ていました。(除外した函館開催の13年の1着馬もちなみに鹿毛馬でした)
しかし翌16年の1着馬は栗毛馬が1着でしたので、17年の1着馬の予想ではここは連続で栗毛馬は来ないと見るところですが、前例もありましたのであえて栗毛馬のエアスピネル本命で勝負しました。

結果エアスピネルは5着、勝ったのはサクラアンプルールで「栗毛馬」でした^^;
さらに昨年は青鹿毛のサングレーザーが勝ちましたので、
07年、08年、09年に続いて16年、17年、18年と共に3年連続して鹿毛馬以外の毛色の馬が来たことになりました。
さて今年、4年連続となるのでしょうか、それとも鹿毛馬が勝つのでしょうか。

今年も毛色に関してはかなり悩むところです。

対して2着馬に関しては、この傾向は12年まで続いていました。(13年の函館開催でも続きました。)
しかしながら14年の2着馬は芦毛馬、15年の2着馬は栗毛馬と、2着馬で初めて鹿毛馬以外の馬が2年連続来てしまいました。
翌16年はまた鹿毛馬が2着となり、翌17年も鹿毛馬、そして昨年18年も鹿毛馬が2着となりましたので、今年は2着馬の毛色の選択でも悩むところです。
ちなみに、今回の出走馬14頭で鹿毛馬は、ステイフーリッシュ、フィエールマン、ブラストワンピース、ランフォーザローゼス、ワグネリアンの5頭となっています。

続いて3着馬ですが、鹿毛が9頭、栗毛が6頭、黒鹿毛が5頭、芦毛が1頭となっていました。
こちらは、02年から05年まで連続4年、鹿毛馬以外の毛色の馬が3着に入りました。
それ以外は、鹿毛馬以外の連続3着は12年までありませんでしたが、14年芦毛、15年栗毛と、05年以来の連続鹿毛馬以外の馬が来ています。

また、連対馬の毛色の組み合わせですが、99年と09年の2回、鹿毛以外の毛色同士の組み合わせで決まった以外はすべて鹿毛が絡んでおり、特に98年、00年、01年、03年~05年、10年、11年の計8年は鹿毛馬同士の組み合わせで決着しています。
その鹿毛馬以外の毛色同士の組み合わせで決まった99年と09年ですが3着も鹿毛馬以外の毛色でしたので、この2年は3頭共鹿毛馬以外の毛色だったことになります。
また、連対馬が鹿毛馬同士の組み合わせだった8年のうち、98年、00年、01年、10年、11年の5年は、3着馬も鹿毛馬でしたので、この5年は3頭共鹿毛馬の毛色だったことになります。


次に、当日の人気ですが、05年は「9番人気-12番人気-13番人気」の組み合わせ、07年は「5番人気-12番人気-3番人気」の組み合わせ、15年は「5番人気-8番人気-4番人気」、17年は「6番人気-12番人気-1番人気」と、この4年は大荒れで決着しましたが、その4年を除くと、残り17年は1番人気か2番人気のどちらかあるいは両方が連に絡んでいました。
そのうち1番人気は14回、2番人気は9回絡んでいました。(1番人気-2番人気の組み合わせは6回ありました)


年齢ですが、連対馬では5歳が18頭と最も多く、次に4歳が10頭、3歳と6歳が各5頭、7歳と8歳が各2頭となっていました。
3着馬では、同じく5歳が9頭と最も多く、続いて4歳が5頭、7歳が4頭、3歳が2頭、6歳が1頭となっています。


血統ですが、まず連対馬の父では、一番多かったのはヘイルトゥリーズン系の23頭で、その内訳は、サンデーサイレンスが8頭、その仔(ディープインパクトが4頭、ダンスインザダーク、ネオユニヴァースが各2頭、アグネスタキオン、スペシャルウイーク、マンハッタンカフェ、ステイゴールド)の産駒が12頭、ブライアンズタイム、グラスワンダー、スクリーンヒーロー(グラスワンダーの仔)が各1頭となっていました。
次に多かったのはノーザンダンサー系の8頭で、その内訳は、デインヒル(ダンツィヒ系)が3頭、ダンシングブレーヴ系統(リファール系)も3頭、カーリアン系統(ニジンスキー系)が2頭となっていました。
続いて、ミスタープロスペクター系(キングカメハメハが3頭、エンドスイープ、アグネスデジタル)が5頭、グレイソブリン系が4頭、ハイペリオン系、トウルビョン系(トウカイテイオー)が各1頭となっていました。
それから母の父(BMS)の主なところでは、ノーザンダンサー系が17頭、セントサイモン系、サンデーサイレンス系が各4頭、ネヴァーベンド系、アリダー系が各2頭となっています。

3着馬では、父では、ヘイルトゥリーズン系が10頭(サンデーサイレンスが5頭、マンハッタンカフェが2頭、グラスワンダー、フジキセキ、ステイゴールドが各1頭)、ノーザンダンサー系が6頭(ダンチヒ系が2頭、エルグランセニョール、ヌレイエフ、サドラーズウエルズ系、ヴァイスリージェント系が各1頭)、ナスルーラ系が3頭(ネヴァーベンド系、ボールドルーラー系、グレイソブリン計)、ミスタープロスペクター系(エルコンドルパサー、キングカメハメハ)が2頭となっていました。
ちなみに、一昨年の17年は1着から3着までの3頭はキングカメハメハ産駒、昨年18年の連対馬は共にディープインパクト産駒(3着はダンチヒ系のハービンジャー産駒)で占めました。


性別ですが、連対馬では、牡馬が29頭、牝馬が12頭、セン馬が1頭と、牝馬が健闘しています。
3着馬では、牡馬が17頭、牝馬が4頭と牡馬が圧倒的にがんばっていました。
今回は、エイシンティンクルとクロコスミアの2頭の牝馬が出走しています。

通して見てみますと、牝馬の出走がなかった08年、10年、17年以外の18年中11年で牝馬が連対、3着のみに入った3年を足せば、3着以内では18年中14年牝馬が少なくとも1頭入ったことになります。



前走ですが、特に00年以降の18年間、連対馬36頭中14頭が前走函館競馬場で走っており、そのうち11頭が函館記念でした。
その函館記念での着順ですが、掲示板を大きくはずした馬もいますので、着順に関しては不問となっています。
3着馬では、00年以降18頭中7頭が前走函館競馬場を走っていて、そのうち5頭が前走函館記念(7着、3着、2着、1着、1着)となっています。(残りの2頭は、準オープン戦、オープン戦共に1着)
ちなみに今回の出走馬14頭中、前走函館記念に出走していたのは、ステイフーリッシュ(3着)、ナイトオブナイツ(8着)の2頭となっています。
あと、函館記念以外で前走函館競馬場を走っていた出走馬ですが、今年はいません。

また、前走函館競馬場以外だった連対馬22頭も一応見てみますと、そのうち15頭が前走G1レース(海外G1も含む)となっていました。
今回の出走馬で、前走G1レースを走ったのは、フィエールマン(天皇賞(春)1着)、クルーガー(海外のクイーンエリザベスS2着)、クロコスミア(ヴィクトリアマイル3着)、ワグネリアン(大阪杯3着)、サングレーザー(安田記念5着)、ランフォーザローゼス(日本ダービー7着)、ペルシアンナイト(安田記念10着)、サクラアンプルール(安田記念11着)の8頭となっています。
あと残りの7頭は、05年のヘヴンリーロマンス、06年のレクレドール、07年のフサイチパンドラ、09年のヤマニンキングリー、12年のフミノイマージン、15年のダービーフィズ、同じくヒットザターゲットで、前走は前者の3頭とフミノイマージンの計4頭が札幌競馬場のクイーンS(それぞれ10番人気2着、7番人気3着、3番人気5着、5番人気8着)で、あとヤマニンキングリーが前走中京記念1番人気2着、ダービーフィズが前走エプソムC4番人気3着、ヒットザターゲットが前走目黒記念4番人気3着となっていました。
今回の出走馬で前走クイーンSを走った馬は、エイシンティンクル(8番人気5着)で、あと、他の前走が重賞で掲示板に載っていた出走馬ですが、今回はいません。

また3着馬では、残り11頭中8頭が前走G1で、そのうち2頭(共に前走日本ダービーで、各1着、8着)を除いてあとの6頭の着順は、ヤマカツエース(前走大阪杯3着)、モズカッチャン(前走海外のドバイシーマクラシック6着)以外の4頭はいずれも二桁着順でした。
あとの3頭の前走は、クイーンS5番人気5着、ダイヤモンドS3番人気11着、エプソムC1番人気3着となっていました。


以上ですが、今年もまずは前走G1を走った馬の取捨選択からといったところでしょうか。
でも、今年はその出走馬の中には有力馬が数頭いますので、その選択もなかなか難解ですね。

ともかくも、今年も上記で書いたデータを丁寧に踏まえながら、勘も働かせて結論を出していこうと思います。

タグ:札幌記念
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬
前の10件 | -