So-net無料ブログ作成
検索選択
競馬予想の結果 ブログトップ
前の12件 | -

今日の1点勝負(5/21)の結果 [競馬予想の結果]

東京8R 日吉特別
◎ 4 コロマンデル      2番人気1着

京都9R 御堂特別
◎10 クイーンズベスト    1番人気3着

東京9R 調布特別
◎ 7 サトノキングダム    1番人気5着

新潟10R 高田城特別
◎14 ミスズダンディー    1番人気5着

京都10R 鳳雛ステークス
◎ 6 グランドディアマン   5番人気7着

東京10R フリーウェイステークス
◎ 5 マテンロウハピネス   8番人気9着

新潟11R 韋駄天ステークス
◎14 シンボリディスコ    7番人気2着

京都11R 下鴨ステークス
◎ 6 ノーブルマーズ     4番人気3着

東京11R オークス
◎ 6 ハローユニコーン    12番人気14着

新潟12R 大日岳特別
◎ 2 クラウンアイリス    5番人気7着

東京12R 丹沢ステークス
◎ 5 ウインユニファイド   1番人気7着

1勝で、100円換算にして、1100円投資の280円の回収、トータルはマイナスでした。
またがんばります。。。


第78回 オークスの予想の結果 [競馬予想の結果]

第78回 オークスの予想の結果

◎ 6 ハローユニコーン   14着
○ 3 フローレスマジック   6着
▲ 2 ソウルスターリング   1着
△14 リスグラシュー     5着

6番 単勝、複勝 各1点

(6→3)→2,14  1着2着固定2頭軸3連単2頭流し 2点
(6-3)-,14  2頭軸3連単2頭流し 2点

以上計6点勝負

今日は朝からお出かけ、レースもリアルタイムで見ることも聴くこともできませんでした。
ともかく、結果は我慢して見ないようにして、情報もシャットアウトして家に帰ってきました。
競馬大好きな人はよくやることですね(^^ゞ
先ほどビデオで見ました。
結果は上記のとおり(^_^;)
でも、がっくりとはなりませんでした。
上記の通りで勝負して負けたのですから仕方ないですね。
本命にしていた最終12番人気のハローユニコーン、鞍上が替わっていたのですね。
理由はまだ確認してないですが、ヤネを気にしない私でも、これは厳しいかなとビデオの始めで思ってしまいました。
今日は極端な最後方。
直線一気に賭けたのはいいのですが、道中のペースを見てさすがにこれは厳しいかなと思ってしまいました。
結局、最後方からちょっぴりだけいい脚を使って着順を上げて終わりました。
負けても見せ場は作ってくれるものと信じていましたが、残念無念でした。
要所要所での競馬にちょっと不満を覚えてしまいました。
馬の実力がそんなものと思えばそれまでですが。
愚痴はこの辺にして(^_^;)

勝った1番人気ソウルスターリング、勝つべきして勝ったという競馬でしたね。
最初から3番手、2番手辺りにつけ先行、直線に入ってハナに立って内で粘っていた5番人気フローレスマジックを外からぴったりマーク。
坂を駆け上がったところでその真中を6番人気モズカッチャンが突き抜けて先頭。
それに反応したソウルスターリングが火がついたように猛然と襲いかかりあっという間に差し返して先頭を奪い、すがりつくモズカッチャンを尻目に見事先頭でゴールしました。
ゴール前の脚は素晴らしかったです。
やっぱり強いですね。
モズカッチャンも悔しい2着でしたけど、この競馬も見事でした。
でも、たぶん、ゴール前ではソウルスターリングの強さに脱帽したことでしょうね。
そして、その後、3番手で粘っていたフローレスマジックを内から切れ込んで来た9番人気ディアドラが並びにかかりさらに3番手を奪ってそのまま3着になだれ込むかと思われました。
そこを大外から凄い脚で伸びて来た2番人気アドマイヤミヤビが、ゴール直前捕らえてアタマ差で3着となりました。
アドマイヤミヤビも素晴らしい競馬をいたしました。
ハローユニコーンには、道中最後方ではなく、後方の馬群の中に入れて、直線ではこのような思い切って大外を通って追い上げて欲しかったですね。
17番人気のマナローラも追い上げて最後8着まで来ましたものね。
それはそれとして、馬券は負けましたけど、レースは見応えありました。
データ的には、馬体重468kgの「6番人気」モズカッチャンが2着と連対したことにより、過去エリンコートとメイショウマンボに次いで、馬体重450kg以上の馬で6番人気以下で連対した3頭目の馬となりました。
データで、「まゆつばもののデータかも知れませんが、450kg以上の馬に対しては、「6番人気~9番人気」辺りにも注意が必要かも知れません」と書きましたが、今回注意が足りませんでした^^;
そして、1着から3着までの馬の馬体重は、3頭とも450kg以上の馬で占められました。
これも、06年、10年に続いて3回目の出来事となりました。
血統的には、2着のモズカッチャンと、惜しくも4着となったディアドラの父はハービンジャー産駒。
今年になってこのハービンジャー産駒がG1で活躍するようになってきましたね。
これからますます楽しみになってきました。

ということで、レースは良かったですけど、ああだこうだ考えさせられる今日のオークスでした。
またがんばります。


タグ:オークス

今日の1点勝負(5/20)の結果 [競馬予想の結果]

京都8R メルボルントロフィー
◎ 1 ダノンロマン     3番人気4着

東京9R カーネーションカップ
◎13 イストワールファム  2番人気6着

新潟10R 早苗賞
◎ 4 フィアーノロマーノ  2番人気10着

京都10R シドニートロフィー
◎ 7 ゼンノサーベイヤー  1番人気4着

東京10R 是政特別
◎ 5 ストライクイーグル  2番人気2着

新潟11R 火打山特別
◎ 3 タガノヴィッター   1番人気1着

京都11R 平安ステークス
◎ 6 クリノスターオー   10番人気14着 

東京11R メイステークス
◎ 1 タイセイサミット   3番人気1着

新潟12R 湯沢特別
◎14 ハイレベルバイオ   3番人気6着

京都12R オーストラリアトロフィー
◎ 1 バティスティーニ   2番人気4着

2勝で、100円換算にして、1000円投資の1060円の回収、トータルはプラスでした。
またがんばります。


第24回 平安ステークスの予想の結果 [競馬予想の結果]

第24回 平安ステークスの予想の結果

◎ 6 クリノスターオー   14着
○ 9 グレイトパール     1着
▲ 7 アスカノロマン     9着
△ 2 タガノエスプレッソ   6着

6番 単勝、複勝 各1点

(6→9)→7,2  1着2着固定2頭軸3連単2頭流し 2点
(6-)-7,2  2頭軸3連単2頭流し 2点

以上計6点勝負

本命にしていた最終10番人気のクリノスターオー、やっぱり、懸念していた通り、4年連続の連対は厳しかったです。
スタートはよく、いつものように2番手に付けようとしましたが、前に行く馬も多く、何とか向こう正面までは4番手辺りで追走していたものの、それから1頭、2頭と抜かれて前に行かれてしまうと、あらあら、ずるずる後退、最後方まで行ってしまいました。
この時点で私の馬券は終わってしまいました^^;
素直な気持ちが大切ですね。
その素直な気持ちで、2頭軸の中の相手にしていた1番人気グレイトパール、中団を進んでいましたが、向こう正面から直線の入り口にかけて徐々に前に進出、直線に入るところでは、途中から前で逃げ粘っていた4番人気ケイテイブレイブに並びにかかり、その2頭で後続を引き離しにかかりました。
そして、あっさり先頭に躍り出て、そのまま後続を引き離しての快勝、初重賞出走の舞台であっさり初重賞制覇を果たしてしまいました。
これでダート戦線に変わってから4戦4勝、また強い馬が出現いたしました。
この後が楽しみですね。
そして、直線の入り口ではほぼ最後方にいた6番人気クリソライトが、外から凄い脚で上がってきて、ゴール直前、2番手を争っていた15番人気マイネルバイカと9番人気ピオネロをスッと差し切って2着でゴールしました。
クリソライトは昨年のこのレースの3着馬。
結構このレース、前年3着以内に入った馬が再び3着以内に入ることがあるのですが、今年はそのクリソライトでした。
そして、3着には、ピオネロにハナ差で、人気薄の方のマイネルバイカが粘って3着に残りました。
ということで、今年は「12番人気」の前後からはちょっと遠い15番人気の馬が3着に入りました。
前走「5着」の馬がよく絡むので検討の段階では入っていたのですが、アスカノロマンの方を取ってしまいました。
ちょっとだけ言い訳回顧(^^ゞ
またがんばります。


今日の1点勝負(5/14)の結果 [競馬予想の結果]

京都9R 白川特別
◎ 2 ロゼリーナ      1番人気9着

東京9R テレ玉杯
◎ 3 ベアインマインド   3番人気1着

新潟10R 胎内川特別
◎ 6 ヒメタチバナ     2番人気6着

京都10R 錦ステークス
◎ 3 エーティーサンダー  4番人気7着

東京10R 青竜ステークス
◎ 5 スマートレイチェル  1番人気11着

新潟11R 赤倉特別
◎ 5 エーデルメイシュ   2番人気1着

京都11R 栗東ステークス
◎ 6 コウエイエンブレム  1番人気2着

東京11R ヴィクトリアマイル
◎ 7 ルージュバック    2番人気10着

新潟12R 飛竜特別
◎15 アリエスムーン    2番人気6着

東京12R BSイレブン賞
◎13 ベック        2番人気12着 


2勝で、100円換算にして1000円投資の1010円の回収、トータルはちょっぴり^^; プラスでした。
またがんばります。


第12回 ヴィクトリアマイルの予想の結果 [競馬予想の結果]

第12回 ヴィクトリアマイルの予想の結果

◎ 7 ルージュバック   10着
○11 ミッキークイーン   7着
▲ 4 ソルヴェイグ     5着
△12 ウキヨノカゼ     9着

7番 単勝、複勝 各1点

(7→11)→4,12  1着2着固定2頭軸3連単2頭流し 2点
(7-11)-4,12  2頭軸3連単2頭流し 2点

以上計6点勝負


今日も朝からお出かけでしたが、レースは車の中で、途中で停めてテレビ実況を見ることができました。
予想の中では、執拗に「二桁人気」の馬を検討しながら、勝手に今年は4着以内に来ないと結論付けていました。
けれども、流す相手として選んだ当時9番人気ソルヴェイグが、何となく「10番人気」と二桁人気に落ちそうでしたので、「もしかして」と思い、単勝、複勝のがんばれ馬券を買い足してしまいました。
言ってることとやっていることが違いますね。
でも、結果的に「二桁人気」の馬が今年も結局重要なこととなってしまいました。
それはそれとして、そのソルヴェイグ、最終的にわずかの差で9番人気に留まって^^;しまいましたけど、「がんばれ馬券」に応えてがんばりました。
最初から行くつもりだったのでしょう、果敢にハナに立ちました。
しかし、外から15番人気のリーサルウェポンに絡まれて先頭を奪われそうになりましたが、譲りませんでした。
そして直線の入り口、内をうまくすくって来た4番人気スマートレイヤーに先に先頭を行かれてしまいましたが、また根性で並びにかかりました。
そして、内から伸びて来た5番人気クイーンズリングも伴って、その3頭の中でソルヴェイグは粘ってがんばり続けました。
そうなると気になるのは、結局2番人気になった本命馬ルージュバックと圧倒的1番人気ミッキークイーンの軸にしていた2頭でした。
ところが両馬とも伸びてこない・・・
後は、私の馬券にとってはソルヴェイグが勝つか3着以内に残るかになってしまいました。
と思った時はゴール前、その3頭の間を一気に6番人気のアドマイヤリードが抜けて先頭、そのまま見事このレースを制してしまいました。
アドマイヤリードにとってこれが初重賞制覇。
前々走まで条件戦を戦っていて、その前々走準オープン特別勝ちの後、前走重賞の阪神牝馬S2着からのこのレース制覇となりました。
ふと、08年このレースを制したエイジアンウインズ(前走の阪神牝馬Sでは1着)を思い出しました。
最後の突っ込みが見事でしたね。
そして続く2着、3着争いですが、ゴール前二転三転いたしました。
前を戦っていた3頭の中で、2番手でがんばっていたスマートレイヤーが残りそうな中、3番手で粘っていたクイーンズリングを再びソルヴェイグが差し返し3番手に上がった時は、これは!と思いました。
しかし、と思ったのはほんの一瞬でした。
外から7番人気ジュールポレールがその2頭を飲み込み、さらに外から11番人気のデンコウアンジュが急襲。
ゴール寸前、2番手以下の着順はあっと言う間に入れ替わり、アドマイヤリード完勝の後、デンコウアンジュが2着、クビ差でジュールポレールが3着、アタマ差でスマートレイヤーが4着、クビ差でソルヴェイグが5着となりました。
がんばりました・・・けど・・・残念。。。
馬券の買い足しはしましたけど後悔はありません。
十分楽しませてくれました。でも・・・残念無念。。。

ということで、勝手に二桁人気は来ないと結論付けてしまいましたけど、2着に「11番人気」のデンコウアンジュが来てしまいました^^;
検討の中で気になったのは、「毛色」でした。
一昨年の10回まで4着以内に来た二桁人気馬11頭の毛色の内訳ですが、栗毛が3頭、芦毛、栃栗毛が各2頭、黒鹿毛、青毛が各1頭に対し、通常割合的に多いはずの鹿毛が同じような2頭。
このデータから浮き出て来ていたのは、鹿毛馬以外の二桁人気のデンコウアンジュ(黒鹿毛)、オートクレール(栗毛)、クリノラホール(芦毛)、ヒルノマテーラ(黒鹿毛)の4頭でした。
もちろん、もしかしたら二桁人気になるかも知れなかったソルヴェイグ(栗毛)も入っていました。
一瞬よぎったのですが、単勝、複勝のがんばれ馬券を買い足しておけばよかったかも知れませんね。

ということで、後から何とでも言える言い訳回顧を久々に書いてしまいました。

3連単の配当は100万円以上にはなりませんでしたけど、でも90万円台と大荒れになりました。
何となく荒れるとわかっていてもこれは取れませんね。。。
めげずにまたがんばります。


今日の1点勝負(5/13)の結果 [競馬予想の結果]

京都9R 蹴上特別
◎10 ガンコ        2番人気5着

東京9R 夏木立賞
◎ 4 ネームユアポイズン  2番人気4着

新潟10R はやぶさ賞
◎11 キットダイジョウブ  10番人気5着

京都10R 葵ステークス
◎ 1 アリンナ       2番人気1着

東京10R 緑風ステークス
◎11 リッチーリッチー   1番人気1着

新潟11R 八海山特別
◎ 3 ダブルフェイス    4番人気6着

京都11R 都大路ステークス
◎ 4 ベルーフ       4番人気10着

東京11R 京王杯スプリングカップ
◎ 7 ブラヴィッシモ    7番人気12着

新潟12R 石打特別
◎ 6 エクストラファイン  1番人気3着

2勝で、100円換算にして、900円投資の890円の回収、トータルはマイナスでした。
またがんばります。


第62回 京王杯スプリングカップの予想の結果 [競馬予想の結果]

第62回 京王杯スプリングカップの予想の結果

◎ 7 ブラヴィッシモ    12着
○10 レッドファルクス    1着
▲ 3 キャンベルジュニア  11着
△ 2 ロサギガンティア   10着

7番 単勝、複勝 各1点

(7→10)→3,2 1着2着固定2頭軸3連単2頭流し 2点
(7-10)-3,2 2頭軸3連単2頭流し 2点

以上計6点勝負


今日は、昼前からお出かけでしたが、途中で車の中でラジオの実況を聴くことができました。
がっくりでした^^;
実況で聴けた中で印象に残った
のは、逃げた(13番人気)ヒルノディバローが最後まで上位で粘ったこと、途中団子状態の展開になったこと、最後の最後、いい脚で上がって勝った馬のこと、いつのまにか8歳馬の(11番人気)クラレントが出て来て2着に入ったことでした。
まったく印象に残らなかったのは、私の本命馬、(7番人気)ブラヴィッシモがどうなったかでしたね。
向こう正面では、ちょこちょこ名前は出てましたが、直線ではまったくその名前を聴くことはありませんでした。
先ほど、結果とビデオを見ました。
最後の直線、坂を駆け上がる所までは、ほぼ馬群の一団の形での争いでしたが、200m手前辺りで、後方から徐々に上がって来ていた2番人気レッドファルクスがグッと出て先頭、それを追いかける形で馬群から出て来たクラレントが2番手、そのままその2頭での決着となりました。
その後、3番手に、坂を駆け上がる所までは先頭で粘っていたヒルノディバローが、4番手に落ちたところをまた盛り返してゴール手前で上がり、そのまま押し切ろうとしたところ、後方からいい脚で上がってきた4番人気グランシルクがゴール手前で一気に差して3着に上がってゴールしました。
ヒルノディバローは4着。
その4着のヒルノディバローから12着の本命馬ブラヴィッシモまで0.3秒差。
それがどうしたとなりそうですが、それなりにブラヴィッシモもがんばっていたのですね。
そして、1番人気の昨年の覇者サトノアラジンですが、坂を駆け上がったところからそれなりに伸びましたが9着止まりでした。
それでも、1着馬から0.4秒差。
この着差から、サトノアラジンに限らず、結構この馬場(雨で重)の影響を受けた馬が多かったことを物語ります。
でも、これで1番人気馬は、00年以降今回までの18年中1回の連対のみ(3着は2回)と、厳しいデータはさらに続くことになりました。
また、今回の1着2着3着の枠番の組み合わせですが、「7枠-8枠-6枠」と、今年も外枠強しの傾向はまた繰り返されたこととなりました。

ということで、ああだこうだと書きましたが、予想の結果は惨敗です。
でもまたがんばります。


今日の1点勝負(5/7)の結果 [競馬予想の結果]

京都9R 矢車賞
◎ 6 ディアドラ     1番人気1着

東京9R 湘南ステークス
◎ 9 ハナズレジェンド  1番人気6着

新潟10R 荒川峡特別
◎ 9 フォイヤーヴォルク 1番人気1着

京都10R 上賀茂ステークス
◎12 マインシャッツ   2番人気4着   

東京10R ブリリアントステークス
◎ 3 カフェブリッツ   3番人気10着

新潟11R 新潟大賞典
◎ 2 サンデーウイザード 3番人気1着

京都11R 鞍馬ステークス
◎13 オールインワン   2番人気13着

東京11R NHKマイルカップ
◎ 4 カラクレナイ    1番人気17着

新潟12R 中ノ岳特別
◎12 リアリスト     1番人気3着

東京12R 立川特別
◎ 7 カネータ      2番人気4着

3勝で、100円換算にして、1000円投資の990円の回収、トータルはマイナスでした。
またがんばります。


第22回 NHKマイルカップの予想の結果 [競馬予想の結果]

第22回 NHKマイルカップの予想の結果

◎ 4 カラクレナイ    17着
○15 レッドアンシェル   4着
▲11 オールザゴー     5着
△ 6 ボンセルヴィーソ   3着

4番 単勝、複勝 各1点

4-15、11、  馬連、ワイド、各1点 計6点

以上
計8点勝負


前走桜花賞組で、今まで2頭入ったことがなかったので、桜花賞馬組の中の(最終1番人気)カラクレナイと(最終2番人気)アエロリットの2頭のどちらを本命にするかで悩んだ結果、カラクレナイ本命で勝負いたしました。
結果は、直線後退とまったく競馬にならなかったほどの惨敗。
これが今日の私の敗因のすべてですね。
アエロリットにしていれば、少なくとも単勝、複勝、ワイド馬券の一つは取れていあっということになりますね。
あとに続く3頭はほぼ完璧であったのでちょっとだけ悔いが残っています。
いや、かなり悔いが残っています(-_-;)
ということで、とりあえずの負け惜しみを言っておきました^^;

それにしても、勝った2番人気アエロリット、強かったですね。
スタート良く道中しっかり先行馬の中での競馬。
直線、3番手から追い出して、坂を駆け上がったところで6番人気ボンセルヴィーソを捕らえて先頭。
その後方から外を一気に上がって来た13番人気リエノテソーロの猛追に遭うものの、危なげなく押し切って見事勝ち切りました。
2着には、そのリエノテソーロが入り、3着にはボンセルヴィーソが逃げ粘って入りました。
私の勝負は面白くありませんでしたけど、レースそのものは見応えありました。

データ的に、2着に入ったリエノテソーロのBMS(母の父)はノーザンダンサー系。
今年も、人気薄(6番人気以下)で連対した馬はノーザンダンサー系絡みの馬となり、逃げ粘っていた「6番人気」のノーザンダンサー系絡みではなかったボンセルヴィーソは3着にとどまってしまいました。
ということで、データのところでも、予想のところでも触れたノーザンダンサー系絡みに関するデータは、今年も続いたこととなりました。
もちろん、リエノテソーロも検討の中に入っていましたが、このレースで強いヴァイスリージェント系絡みの16番人気オールザゴーの方を取った次第です。
この選択は仕方ないですね。
入れていても、本命馬が違っていたので、もっと落ち込むことになっていたことでしょう。

とにかく、今回、検討、予想は楽しかったです。
思いっきり負け惜しみですが(^^ゞ
またがんばります。


第39回 新潟大賞典の予想の結果 [競馬予想の結果]

第39回 新潟大賞典の予想の結果

◎ 2 サンデーウイザード  1着
○13 レッドソロモン   13着
▲ 7 ジュンヴァルカン  15着
△ 4 シャイニープリンス 14着

2番 単勝複勝 各1点

→13)-7,4 3連単2頭軸流し 2点

-13)-7,4 3連複2頭軸流し 2点

以上計6点勝負


ハナに立つかと思われた11番人気マイネルフロストを制して15番人気トーセンレーヴが先頭に出ました。
マイネルフロストは争うことなく、離れた位置での2番手。
これが結果的に功を奏したのかも知れません。
一方、本命にしていた3番人気サンデーウイザードは、今日は後方待機を選ばず、前の馬を見る形で中団より前での競馬となりました。
今日は、普通に乗れば勝てると見ていたのでこの時点で今日は勝てると確信してしまいました。
ただ、確信を持つと裏目に出ることが多いので、ここはじっと確信は引っ込めてレースを見守りました。
案の定、思わぬ展開となりました。
というか、走り出して、もしかしたらそうなるのではないかということが起こりました。
かつて中山金杯のように、逃げると最後粘りこむとやばいと思っていたのですが、今日はほぼ逃げに等しい展開、その通り、直線に入ってトーセンレーヴのハナを奪うと、そのまま先頭で粘りこむ展開となりそうになりました。
そこをサンデーウイザードが並びにかかり差して先頭に立ったのですが、マイネルフロストが差し返しにかかり、ゴールまでこの2頭のマッチレースとなってしまいました。
単勝がかかっていたので、拳に力が入ったのは言うまでもありません。
結局ほぼ同時での入線となりました。
けれども、それが通じたのか、ハナ差でサンデーウイザードが見事勝ちました。
とりあえず、単勝、複勝が取れてこのレースプラスになってよかったです。
しかし馬券勝負はここまででした^^;
他の勝負で続く馬たちは、先頭ばかり見ていたのでわからなかったのですが、結局上記の結果通り惨敗でした。
2着には、ハナ差で負けたマイネルフロスト、3着にはきっちり(私があえて外した)1番人気のメートルダームが入りました。
3連単の配当は、判断と通り10万円を超えませんでしたけど、それでもこの組み合わせで9万円弱の配当は、結構な配当となりました。
マイネルフロストは、予想で書きましたけど、毎年ハンデ重量で絡んでいる56kg以上の中の馬の1頭でしたので、それなりには気にはなっていたのですけど、選ばなければ何をか況やですね。
結果的にレッドソロモンは選択ミスでした。
またがんばります。


タグ:新潟大賞典

今日の1点勝負(5/6)の結果 [競馬予想の結果]

京都9R 鴨川特別
◎ 5 ラディウス      2番人気4着

東京9R 立夏ステークス
◎ 5 ゴールデンバローズ  2番人気1着

新潟10R わらび賞
◎ 4 ロッキーバローズ   1番人気8着

京都10R パールステークス
◎ 4 ミエノサクシード   1番人気1着

東京10R メトロポリタンステークス
◎ 4 カフジプリンス    2番人気4着

新潟11R 駿風ステークス
◎14 イオラニ       2番人気2着

京都11R 京都新聞杯
◎11 プラチナムバレット  2番人気1着

東京11R プリンシパルステークス
◎ 1 レッドローゼス    2番人気2着

新潟12R 三条特別
◎ 7 アドマイヤロマン   1番人気10着

3勝で、100円換算にして、900円投資の1070円の回収、トータルはプラスでした。
またがんばります。


前の12件 | - 競馬予想の結果 ブログトップ