So-net無料ブログ作成
競馬データ ブログトップ
前の12件 | -

第10回 カペラステークスのデータ [競馬データ]

08年から始まったレースで、今年で10回目になります。
基本的には、その08年の1月まで施行されてきたガーネットステークスの代わりに位置づけられるレースで、1ヶ月早くなったことになります。
ただし、それまでのガーネットSは1月施行でしたので条件は4歳以上でしたが、カペラSは12月ですので3歳以上となります。
ということで、今年もこのガーネットSの過去のデータを挙げながら、その中に過去9回のカペラSを織り交ぜて展開していきたいと思います。
97年に重賞となった第1回から、02年の東京競馬場での開催を除く、08年の第12回までのガーネットS11年、連対馬22頭、3着馬11頭からです。
ただし、最初は別定戦で行われていましたが、03年の第7回からハンデ戦に変更になっています。(カペラSは別定戦となっています。)


まず、毎年取り上げている「前走の着順」から入りたいと思います。
それは、「まゆつばもの」のデータになるかも知れませんが、前走「1着」「4着」「7着」の馬が結構連対しているというものです。
この11年間連対馬22頭で見てみますと、前走1着馬が8頭、前走4着馬が6頭、前走7着馬が2頭と計16頭もの連対馬を生み出しています。
また、あと残りの6頭の前走ですが、2着が1頭、3着が2頭、5着が1頭、6着が1頭、11着が1頭となっていました。
この6頭の共通点ですが、前走2着で前々走は11着だった05年2着のエンゲルグレーセを除く5頭の前々走はすべて1着でした。
3着馬では、前走1着馬が3頭で、前走4着馬と7着馬はいませんでした。
あと残りは、2着が2頭、5着、8着、10着、11着、12着、15着が各1頭と下位着順が目立っていました。

さて過去9回のカペラSでは、連対馬18頭の前走は、1着が5頭、2着が3頭、5着が3頭、4着が1頭、6着が1頭、9着が1頭、11着が2頭、13着が1頭、17着(芝のレース)が1頭となっています。
3着馬9頭の前走は、1着、3着が各2頭、4着、7着が各1頭、8着が2頭、11着が1頭となっています。
結局連対馬では、08年の1着馬、09年2着馬、10年1着馬、12年2着馬、13年1着馬16年2着馬の6頭がそれぞれの前走が1着と一応当てはまった形となりました。
あと、08年の2着馬の前走17着、12年の1着馬と15年の2着馬の前走11着は、まゆつば的に考えればこれもありかなとも思いましたが、その反面、09年と11年のそれぞれの1着馬の前走2着、14年の1着馬の前走5着、10年2着馬の前走13着、11年2着馬の前走5着、13年2着馬の前走6着、14年2着馬の前走2着と、だんだんこのデータには当てはまらない連対馬が増えてきました。
やっぱり無理やり当てはめようという感があって、あまり前走のこのまゆつば的なデータは意味がないような気がいたします。
あと無理やりついでに、08年から10年までと12年、13年の計5年のカペラSでは、毎年片方の前走は「1着」となっていて、残り11年と14年の片方は前走「2着」となっていたということで、とりあえず、軸という部分では、前走「1着馬」ないし前走「2着馬」に気を留めた方がいいかも知れませんね。
ただし、15年の連対馬の前走はそれぞれ5着と11着、16年の連対馬の前走は9着と4着で、それまでの過去7年連続で続いていた傾向が崩れています。
ただ、15年の3着馬の前走は1着でしたので、とりあえずは気にした方がいいかも知れません。(16年の3着馬の前走は3着でした。)
ちなみにその前走1着馬のそれぞれの当日の人気ですが、4番人気、1番人気、3番人気、3番人気、6番人気、前走2着馬の当日人気はそれぞれ2番人気、7番人気となっていました。
(15年の前走1着馬だった3着馬の当日の人気は6番人気)

それから3着馬ですが、それぞれ前走「7着」、「4着」、「1着」、「8着」、「8着」、「11着」、「3着」、「1着」、「3着」と、最初の3年に、連対馬の「1着」「4着」「7着」というまゆつばもののデータの前走着順が連続で来ていました。
ということで、先ほどは意味がないような気がするとは書きましたが、一応は、心の隅でちょっとだけこのまゆつばもののデータを気に留めた方がいいかも知れませんね。
ちなみに出走馬では、16頭中、前走1着馬が5頭、前走4着馬が1頭、前走7着馬が2頭となっています。
ちなみに、前走2着馬の出走は今回はありません。


次にガーネットSの当日の人気ですが、まず1番人気の馬は11年中6年で連に絡んでいました。
その1番人気をはずした5年のうち、6番人気-7番人気で決まった06年を除く残り4年は、2番人気が2回、3番人気が2回とそれぞれ1番人気の代役を果たしていました。
その06年も、ハナ差の3着に2番人気のコパノフウジンが入っていました。
また、3番人気が代役を果した2回での3着馬はそれぞれ1番人気、2番人気となっていました。
ただし10年間で、1番人気2番人気で決着したのは1回だけとなっています。
ともかくガーベラSの時毎年書いていましたが、基本的には1番人気か2番人気の両方かあるいはどちらかが上位3頭の中の中心馬であったと言えるかと思います。

では過去9年のカペラSの上位人気の馬はどうだったかと言いますと、まず1回目の08年では、1番人気ダイワエンパイアが12着、2番人気カルナバリートが13着とガーネットSから数えれば、初めて両方3着以上をはずしてしまいました。
また、3番人気ナンヨーヒルトップは5着で、続く4番人気ビクトリーテツニーが1着となったことでこの4番人気の馬が上位3頭の中では最上位人気となります。
09年では、1番人気ダイワディライトは2着と、一応ガーベラSの傾向に戻った感がいたします。
ちなみに、2番人気ワイルドワンダーは10着、3番人気エノクは6着となっていました。
10年では、1番人気シルクフォーチュンは4着、2番人気ナムラタイタンは12着と、また08年に続いて1番人気、2番人気共に3着以上をはずしました。
代わりに、3番人気セイクリムズンが1着で、この3番人気の馬が上位3頭の中で最上位人気となりました。
11年では、1番人気セイクリムズンは5着でしたが、2番人気ケイアイガーベラは1着と連対いたしました。
さらに3番人気ティアップワイルドが2着に入っています。
12年では、1番人気ティアップワイルドは5着でしたが、2番人気スリーボストンは13着と、また両方3着以上をはずしました。
代わりに3番人気エーシンウェズンが2着に入っています。
13年では、1番人気スイートジュエリーは9着、2番人気シルクフォーチュンは3着と、両方連対ははずしたものの3着に2番人気馬が入っていました。
14年では、1番人気ダッシャーワンは6着、2番人気サトノプリンシパルは10着、3番人気ノーザンリバーは12着と上位人気3頭とも3着以内をはずしました。
さらにその後の上位人気馬も3着以内をはずし、3着以内としての最高人気馬としては、2着に入った7番人気馬となりました。
ちなみに、この年の3連単の配当は約165万と大きく荒れました。
15年では、1番人気エイシンヴァラーは8着、2番人気サウンドガガは11着と、両方連対ははずしたものの1着に3番人気馬が入っていました。
15年では、1番人気コーリンベリーは3着、2番人気ニシケンモノノフは2着と、2番人気は連対、1番人気は3着と上位に2頭とも入っていました。
ちなみに1着には3番人気馬が入っていました。


こう見ると、当日の人気面では、09年、11年、16年がガーベラSの傾向を引き継いでいて、残る6年はその傾向をはずしていたことになります。
そのはずした6年ですが、08年は4番人気、10年、12年、15年は3番人気、13年は6番人気、14年は7番人気と、それぞれの年の連対馬の最上位人気はこうなっていました。


それから、ガーベラSの連対馬の単勝オッズですが、一桁台同士で決まった04年、07年、08年の3年を除く8年は、一桁オッズと二桁オッズとの組み合わせで決まっていました。
また、3連単3連複ワイド圏内の1着から3着では、一桁台が1頭だったのは11年中6年で、2頭だったのは4年、3頭とも一桁だったのは07年の1年だけとなっています。

カペラSの連対馬の単勝オッズでは、一桁台同士で決まったのは、09年、11年、12年、15年、16年の5年で、あと、10年は一桁オッズと二桁オッズの組み合わせ(4.4倍と85.9倍)、08年、13年、14年は二桁台同士の組み合わせ(08年は10.7倍と18.8倍、13年は11.2倍と11.2倍、14年は46.8倍と15.3倍)となっていました。
3連単3連複ワイド圏内の1着から3着では、一昨年の15年は、カペラSになって初めて3頭とも一桁台となり、昨年16年も同じく3頭とも一桁台となっています。
あと、09年と11年と12年は、一桁台が2頭、10年、13年は、一桁台が1頭、08年は、ガーベラSから通して初めて一桁台なしの上位3頭とも二桁オッズとなり、14年も上位3頭とも二桁台となりました。


次にガーベラSの臨戦過程での人気ですが、前走か前々走で1番人気になっていた馬は連対馬22頭中13頭で、06年、08年の2年を除き、毎年連の片方で絡んでいました。

カペラSでは、08年では1着馬のビクトリーテツニーが前々走で1番人気、09年では2着馬のダイワディライトが前走前々走とも1番人気、10年では1着馬セイクリムズンが前々走で1番人気、11年では1着馬ケイアイガーベラが前走前々走とも1番人気と、2着馬ティアップワイルドが前々走で1番人気と、このデータに関しては引き継いでいるように見えましたが、翌年12年、13年と、同じく連対馬2頭ともこのデータには該当しませんでした。
そのうち12年は、該当していたのはセイクリムゾン1頭のみだったので、もちろんこのデータを信じて軸の本命に指名したのですが、結果は9着と裏目に出てしまいました。
その後の14年は、12番人気1着馬のダノンレジェンドの前々走は準オープンで1番人気1着と、11年以前に戻った感がしましたが、一昨年15年、昨年16年の連対馬は、またこのデータに該当しませんでした。

あとガーベラSの残りの前走か前々走で1番人気になっていない10頭ですが、前走の着順がまたもやそのうち8頭が1着(4頭)、4着(3頭)、7着(1頭)となっていました。(もう1頭は11着)

カペラSで前走前々走で1番人気になっていない連対馬残り10頭の前走は、08年の2着馬スリーアベニューが17着(ただし芝)、09年の1着馬ミリオンディスクが2着、10年の2着馬ティアップワイルドが13着、12年1着馬シルクフォーチュンが11着、2着馬エーシンウェズンが1着、13年1着馬ノーザンリバーが1着、2着馬スノードラゴンが6着、14年2着馬サトノタイガーが2着、15年1着馬キクノストームが5着、2着馬カジキが11着、16年1着馬ノボバカラが9着、2着馬ニシケンモノノフが4着となっていました。
特にガーベラSとは関連がないように思います。


それから父の血統ですが、ガーベラSの連対馬では、22頭中10頭がミスタープロスペクター系で一番多く、次にサンデーサイレンス2頭を含むヘイルトゥリーズン系とナスルーラ系が各4頭、ノーザンダンサー系が3頭となっています。
3着馬では、11頭中7頭がミスタープロスペクター系で最も多く、ストームバード系2頭を含むノーザンダンサー系が3頭、ブライアンズタイム(ヘイルトゥリーズン系)が1頭となっていました。

そしてカペラSですが、08年09年とも、1着から3着までの3頭とも父はすべてミスタープロスペクター系となっていました。
しかし10年では、1着馬はサンデーサイレンス系、2着馬はワイルドラッシュ、3着馬はノーザンダンサー系とそれまでの2年間とは一変してしまいました。
しかしながら11年では、1着馬と3着馬はミスタープロスペクター系、2着馬はワイルドラッシュ。

12年では、1着馬はサンデーサイレンス系でしたが、2着馬と3着馬はミスタープロスペクター系となっていて、ミスタープロスペクター系産駒強しがまた戻ってきた感がいたします。
13年では、1着馬と3着馬はサンデーサイレンス系でしたが、2着馬はナスルーラ系のグレイソブリン系となっています。
14年では、1着馬がヒムヤー系とあまり見られない血統でしたが、2着馬はミスタープロスペクター系、3着馬はサンデーサイレンス系となっていました。
15年では、1着馬がナスルーラ系のプリンスリーギフト系、2着馬はノーザンダンサー系、3着馬はミスタープロスペクター系となっていました。
16年では、1着馬がサンデーサイレンス系、2着馬はヘイロー系のタイキシャトル、3着馬はミスタープロスペクター系となっていました。



次にガーベラSの毛色ですが、連対馬では、黒鹿毛と栗毛がと共に7頭と最も多く、鹿毛が6頭、芦毛が2頭と続いています。3着馬では、10頭中8頭が栗毛、3頭が鹿毛となっています。

カペラSでは、まず
08年の連対馬は2頭とも栗毛で、3着馬は芦毛となっていました。

09年は、同じく連対馬2頭とも栗毛、3着馬は鹿毛となっていました。
10年は、1着馬が黒鹿毛馬、2着馬と3着馬は共に栗毛となっていました。
11年は、1着馬から3着馬まで3頭とも栗毛となっていました。
12年は、1着馬と2着馬は鹿毛ですが、3着馬が栗毛となっていました。
13年は、1着馬と3着馬は鹿毛ですが、2着馬は芦毛となっていました。
14年は、1着馬と2着馬は黒鹿毛ですが、3着馬は栗毛となっていました。
15年は、1着馬から3着馬まで3頭とも鹿毛となっていました。
16年は、1着馬から3着馬まで3頭とも栗毛となっていました。


こう見てみますと、最初の4年連続は栗毛馬が少なくとも2頭ずつ上位3頭の中に入ったことになります。
しかし、12年は3着馬のみ栗毛馬で(1着馬と2着馬は鹿毛馬)、5年連続2頭にはなりませんでした。
ただこの年の栗毛馬の出走数は16頭中4頭と幾分少なくなっていました。

さらに13年は、初めて栗毛馬が3着以内を逃しています。
この年の栗毛馬の出走数は16頭中3頭とさらに少なくなっています。
14年は栗毛馬の出走数は13年と同じ15頭中3頭でしたが、1頭3着に入りました。
15年は栗毛馬の出走は1頭もなしでした。
16年は栗毛馬の出走は一転、7頭も出走し、上位3頭とも栗毛が占めてしまいました。

いずれにしても過去9年、毎年、同じ毛色の馬が上位3頭中2頭(11年以外)ないし3頭(11年栗毛、15年鹿毛、16年栗毛)入っていました。
ちなみに、今回の出走馬では、栗毛馬は6頭出走しています。


以上ですが、今年も昨年までと同様、上記のデータを参考にしながら1つ1つ丁寧に検討して結論を出していこうと思います。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第53回 中日新聞杯のデータ [競馬データ]

かつては、この中日新聞杯は12月に行われたレースでしたが、中京競馬場リニューアル後の12年から時期も条件も変わって、3月に4歳以上の古馬のレースとして生まれ変わっておりました。
その代わり、この12月では、それまで5月に行われていた金鯱賞がこちらに移り、昨年16年まで行われていました。
今年はその金鯱賞が、いわゆる4月の大阪杯の前哨戦に位置づけられ、3月に行われています。
ということでしょうか、この中日新聞杯も、3月からこの12月に戻ってきました。
でも、かつて12月に行われていた中日新聞杯は、リニューアル前の旧中京競馬場での施行でしたので、もう参考にはならないかと思います。
そういうことで、データとしては、12年から昨年16年まで行わていた金鯱賞の5年間のものを挙げていきたいと思います。
金鯱賞はG2、中日新聞杯はG3と違いはありますが、距離は同じ、施行もほぼ同じですので、その金鯱賞の過去5年のデータで見ていきたいと思いますj。


まず過去5年の金鯱賞の上位3着までの人気の組み合わせですが

12年 「6番人気-8番人気-4番人気」
13年 「3番人気-6番人気-8番人気」
14年 「1番人気-4番人気-2番人気」
15年 「5番人気-1番人気-4番人気」
16年 「4番人気-9番人気-(6番人気、2番人気)」

の順で決まりました。
しかし、この5年間を見る限りではまだ人気面では傾向はつかめないようですね。


次に1番人気の馬ですが、
12年の1番人気はサトノギャラントで、単勝オッズは4.0倍、着順は6着でした。
13年ではメイショウナルトが1番人気で、単勝オッズは3.4倍、着順は14着でした。
14年の1番人気はラストインパクトで、単勝オッズは3.8倍、着順は1着でした。
15年ではディサイファが1番人気で、単勝オッズは3.7倍、着順は2着でした。
16年ではヴォルシェーブが1番人気で、単勝オッズ2.4倍、着順は9着でした。
結局、5年中、1着が1頭、2着が1頭、6着が1頭、9着が2頭、14着が1頭 と、あまり1番人気馬の成績は良くありません。
さて今年はどうでしょうか。
この辺りの判断は難しそうですね。


それから配当ですが、
12年の3連単は91410円と高配当でした。
13年は58490円円でした。
14年は8560円と比較的低い配当となりました。
15年は22160円とそれほどの高配当とはなりませんでした。
16年は、3着同着で、3連単の配当は、90340円と49120円の2通りとなりました。
この配当に関しても、今年は荒れるのか荒れないのかの判断が難しいところですね。


次に臨戦過程ですが、連対馬のその前走と臨戦過程を見てみますと、

12年の連対馬の前走は、それぞれアルゼンチン共和国杯で5番人気5着、準オープン12番人気1着となっていました。
その前までの5走ですが、それぞれ5走中すべて掲示板に載っていて3連対、5走中4回掲示板に載っていて3連対でした。
13年の連対馬の前走は、それぞれオープン特別1番人気8着、小倉記念5番人気2着となっていました。
また、その前までの5走を見てみますと、それぞれ5走中すべて掲示板に載っていて4連対、5走中(すべて重賞)掲示板は1回連対はなしとなっていました。
14年の連対馬の前走は、それぞれ京都大賞典3番人気1着、天皇賞(秋)11番人気8着となっていました。
また、その前の5走を見てみますと、それぞれ5走中3回掲示板に載り1連対、5走中3回掲示板に載り2連対となっていました。
15年の連対馬の前走は、それぞれ福島記念1番人気2着、天皇賞(秋)3番人気8着となっていました。
その前の5走は、それぞれ、4回掲示板に載り2連対、すべて掲示板に載り3連対となっていました。
16年の連対馬の前走は、それぞれ天皇賞(秋)13番人気15着、準オープン特別4番人気4着で、その前の5走はそれぞれ3回掲示板に載り1連対、4回掲示板に載り2連対となっていました。
この過去5年連対馬10頭の前走の着順をまとめてみますと、1着2頭、2着2頭、4着1頭、5着1頭、8着3頭、15着(G1の天皇賞(秋))1頭となっていました。
今回の登録馬で前走掲示板に載っていたのは、22頭中9頭となっています。
また前走G1を走った登録馬は、マキシマムドパリ(前走エリザベス女王杯12番人気4着)、ミッキーロケット(前走天皇賞(秋)14番人気12着)、ロードヴァンドール(前走天皇賞(秋)18番人気14着)の3頭となっています。


3着馬の前走と臨戦過程も見てみますと、
12年の3着馬の前走は、オープン特別2番人気3着となっていました。
その前の5走は、条件戦でしたが、すべて連対していました。
13年の3着馬の前走は、宝塚記念3番人気4着となっていました。
その前の5走は、4回掲示板に載り2連対でした。
14年の3着馬の前走は、毎日王冠8番人気1着となっていました。
その前の5走は、5走中4回掲示板に載り3連対でした。
15年の3着馬の前走は、アルゼンチン共和国杯7番人気4着となっていました。
その前の5走は、5走中1回掲示板に載り1連対でした。
16年の3着馬(同着)の前走は、エリザベス女王杯6番人気6着と天皇賞(秋)10番人気10着なっていました。
その前の5走は、それぞれ5走中3回掲示板に載り1連対、5走中3回掲示板に載り3連対でした。


次に毛色ですが、

12年の上位3頭は、「鹿毛-鹿毛-鹿毛」となっていました。
13年の上位3頭は、「栗毛-黒鹿毛-鹿毛」となっていました。
14年の上位3頭は、「青鹿毛-黒鹿毛-黒鹿毛」となっていました。
15年の上位3頭は、「黒鹿毛-鹿毛-黒鹿毛」となっていました。
16年の上位3頭は、「栗毛-芦毛-(青鹿毛、黒鹿毛)」となっていました
黒鹿毛馬が強いようにみえますが、さて今年はどうでしょうか。


次に年齢ですが、

12年は、「4歳-3歳-4歳」で決まっています。
13年は、「5歳-3歳-5歳」となっていました。
14年は、「4歳-4歳-5歳」となっています。
15年は、「7歳-6歳-5歳」となっています。
16年は、「4歳-5歳-(5歳、6歳)」となっています。

年齢は、まだ捉えどころがなさそうですね。


それから血統を見てみますと、
12年では、上位3頭とも父はサンデーサイレンス系(ステイゴールド、ダイワメジャー、ハーツクライ)で、BMS(母の父)はそれぞれナスルーラ系、リボ-系、ノーザンダンサー系となっていました。
13年では、父は1着馬はサンデーサイレンス系のハーツクライ、2着馬はミスタープロスペクターのキングカメハメハ、3着馬はサンデーサイレンス系のハーツクライで、BMSはそれぞれナスルーラ系、サンデーサイレンス系のダンスインザダーク、ノーザンダンサー系となっていました。
14年は、父は1着馬、2着馬とも、サンデーサイレンス系のディープインパクト、3着の馬の父はナスルーラ系のジャングルポケットとなっていて、BMSは1着はミスタープロスペクター系、2着はナスルーラ系、3着馬はサンデーサイレンスとなっていました。

15年は、父は1着馬がシンボリクリスエス、2着馬がサンデーサイレンス系のディープインパクト、3着馬がサンデーサイレンス系のディープインパクトで、BMSは、1着馬がサンデーサイレンス、2着馬がミスタープロスペクター系、3着馬がナスルーラ系となっています。
16年は、父は1着馬がミスタープロスペクター系のキングカメハメハ、2着馬がノーザンダンサー系のクロフネ、3着馬(同着)がサンデーサイレンス系のハーツクライとディープインパクトで、BMSは、1着馬がグラスワンダー、2着馬がサンデーサイレンス、3着馬(同着)がミスタープロスペクター系とナスルーラ系なっています。


以上ですが、リニューアル後6年目となりましたが、今年も手探り状態になりそうですね。
とりあえず今年も1番人気の取捨選択から始めていこうと思います。


タグ:中日新聞杯
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第69回 阪神ジュベナイルフィリーズのデータ [競馬データ]

90年からは阪神3歳牝馬ステークスとして、そして01年からは阪神ジュベナイルフィリーズと名称変更となって今日に至っています。
2歳(00年以前は3歳)の牝馬No.1を決めるG1レースとしては結構歴史があります。
ただし、06年に阪神競馬場がリニューアルされてから以降は、その施行されている阪神1600m芝そのものが、そのリニューアル前後ではまったく形態が変わってしまいました。
傾向もかなり変わっています。
よって、05年以前のものはあまり参考にならないかと思いますので今年も省略します。
ということで、06年から昨年16年までの11年間を羅列して載せていきたいと思います。


まず当日の人気ですが、(  )内単勝オッズ

06年 4番人気(11.1倍)-1番人気(1.6倍)-2番人気(8.9倍)
07年 3番人気(6.6倍)-8番人気(16.0倍)-2番人気(5.5倍) (1番人気(3.9倍)は4着)
08年 1番人気(2.2倍)-3番人気(8.4倍)-4番人気(11.9倍)
09年 2番人気(4.6倍)-5番人気(8.7倍)-6番人気(12.2倍) (1番人気(3.9倍)は5着)
10年 1番人気(1.6倍)-4番人気(19.1倍)-8番人気(47.9倍)
11年 4番人気(6.8倍)-8番人気(12.3倍)-1番人気(4.6倍)
12年 5番人気(8.1倍)-15番人気(89.9倍)-10番人気(44.5倍) (1番人気(2.9倍)は4着)
13年 5番人気(14.6倍)-1番人気(1.7倍)-8番人気(31.3倍)
14年 5番人気(9.8倍)-2番人気(5.6倍)-4番人気(6.3倍)(1番人気(2.9倍)は8着)
15年 1番人気(2.5倍)-10番人気(33.3倍)-3番人気(7.8倍)
16年 1番人気(2.8倍)-2番人気(3.0倍)-3番人気(6.9倍)


11年のうち10年、12年、13年、14年、16年を除く6年の上位3頭は、一桁オッズが2頭、10倍台以上が1頭という組み合わせとなっていました。
その除いた5年のうち、10年、12年、13年は、一桁オッズが1頭、二桁オッズが2頭という組み合わせ、14年と16年は3頭とも一桁オッズとなっていました。

1番人気は、順に、2着、4着、1着、5着、1着、3着、4着、2着、8着、1着、1着と、14年の1頭(8着)を除いて掲示板に載っていました。(11年中6年で連対、3着1頭)
また、3連単の配当が300万を超えた12年を除き、上位3頭に1番人気から5番人気までの上位人気の中から少なくとも2頭入っていました。(06年、08年、14年、16年は3頭とも、その他は2頭、荒れた12年も4着まで広げると2頭入っていました)
そして、その上位人気の中には、12年を除き1番人気か2番人気のどちらかが3着以内に入っていました。(両方は06年と16年、12年は4着に1番人気が入っていました。)


血統ですが、まず父は、

06年は、ヘイルトゥリーズン系(ブライアンズタイム系)-ナスルーラ系(グレイソブリン系)-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)
07年は、ナスルーラ系(グレイソブリン系)-ノーザンダンサー系(フェアリーキング系)-ミスタープロスペクター系
08年は、ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)
09年は、ミスタープロスペクター系-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)-ノーザンダンサー系
10年は、ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)-ノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント系)-ミスタープロスペクター系
11年は、ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)-ノーザンダンサー系(フェアリーキング系)-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)
12年は、ミスタープロスペクター系-ノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント系)-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)
13年はヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)
14年はヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)-ミスタープロスペクター系-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)
15年はヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)
16年はノーザンダンサー系(サドラーズウェルズ系)-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)-ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)


となっていました。

全体的(1着から3着まで合計33頭)に見ていきますと、ヘイルトゥリーズン系が20頭、ノーザンダンサー系が6頭、ミスタープロスペクター系が5頭、ナスルーラ系が2頭となっています。

またBMS(母の父)は、
06年は、ナスルーラ系(ネヴァーベンド系)-ミスタープロスペクター系-アリダー
07年は、サンデーサイレンス-ナスルーラ系(グレイソブリン系)-ナスルーラ系(グレイソブリン系)
08年は、ノーザンダンサー系(ニジンスキー系)-ネイティヴダンサー系-ミスタープロスペクター系
09年は、ノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント系)-ノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント系)-サンデーサイレンス
10年は、ナスルーラ系(グレイソブリン系)-サンデーサイレンス-ミスタープロスペクター系
11年は、ノーザンダンサー系(ニジンスキー系)-ミスタープロスペクター系-ノーザンダンサー系(ニジンスキー系)
12年は、ノーザンダンサー系(サドラーズウェルズ系)-ナスルーラ系(グレイソブリン系)-エタン系
13年は、ノーザンダンサー系(ディキシーランドバンド系)-ノーザンダンサー系(フェアリーキング系)-ミスタープロスペクター系
14年は、ミスタープロスペクター系-サンデーサイレンス系-ノーザンダンサー系(ダンチヒ系)
15年は、ノーザンダンサー系(サドラーズウェルズ系)-ナスルーラ系(グレイソブリン系)-ナスルーラ系(プリンスリーギフト系)
16年は、ブランドフォード系-ネイティブダンサー系-ヘイルトゥリーズン系(タイキシャトル)


となっていました。
全体的(1着から3着まで合計33頭)に見ていきますと、ノーザンダンサー系が10頭、ネイティヴダンサー系(ミスタープロスペクター系、アリダー、エタン系含む)も10頭、ナスルーラ系が7頭、ヘイルトゥリーズン系のサンデーサイレンス系が4頭、ヘイルトゥリーズン系のタイキシトルが1頭、ブランドフォード系も1頭となっています。


それから、1番人気から5番人気までの上位人気は、過去11年3着内33頭中、全部で25頭3着以内に入っていましたが、そのうち10頭のBMS(母の父)がノーザンダンサー系でした。
また、BMSがノーザンダンサー系だった馬で、5番人気以上の上位人気だった馬が3着以内をはずしたのは11年で5頭、つまり、過去11年間で5番人気以上の上位人気だったBMSがノーザンダンサー系だった馬は計15頭で、そのうち10頭が3着以上に入っていたことになります。
さらに、6番人気以下の下位人気で、3着以内に入ったのは8頭ということになりますが
、その8頭すべてのBMSはノーザンダンサー系ではありませんでした。

その8頭の前走ですが、1着が4頭、2着が2頭、4着が1頭(京王杯2歳S)、5着が1頭(アルテミスS)となっていました。


次に枠番の出目ですが、
06年は、1枠-5枠-2枠
07年は、7枠-5枠-5枠
08年は、7枠-1枠-5枠
09年は、8枠-3枠-8枠
10年は、6枠-2枠-8枠
11年は、7枠-6枠-8枠
12年は、1枠-4枠-5枠
13年は、4枠-5枠-3枠
14年は、8枠-6枠-2枠
15年は、1枠-7枠-6枠
16年は、1枠-8枠-2枠

となっていました。
06年、12年、13年以外の8年は、外枠の7枠か8枠のどちらかか両方が3着以内に絡んでいました。


毛色ですが、

06年は、鹿毛-鹿毛-鹿毛
07年は、鹿毛-栗毛-鹿毛
08年は、黒鹿毛-栗毛-鹿毛
09年は、鹿毛-栗毛-芦毛
10年は、芦毛-芦毛-芦毛
11年は、鹿毛-栗毛-栗毛
12年は、青毛-芦毛-鹿毛
13年は、黒鹿毛-鹿毛-栗毛
14年は、鹿毛-栗毛-鹿毛
15年は、栗毛-芦毛-芦毛
16年は、青鹿毛-黒鹿毛-栗毛


となっていました。
10年に、84年以降初めてG1で芦毛が上位3頭独占するなど、全体的に一貫性がないので、毛色のデータは参考にならない気もします。


臨戦過程では、全体的(1着から3着馬計33頭)で見ていきますと、前走ですが、10年の2着馬(前走ファンタジーS3着)、同じく10年の3着馬(前走京王杯2歳S4着)、15年の2着馬(前走アルテミスS5着、同じく15年の3着馬(前走ファンタジーS3着)の計4頭を除く29頭はすべて連対(1着が20頭、2着が9頭)していました。
前々走は、07年2着のレーヴダムール、08年3着のミクロコスモス、11年1着のジョワドヴィーヴル、12年3着のレッドセシリアの4頭(いずれも前走が初出走の新馬戦で前々走はなし)と、12年2着のクロフネサプライズ(前々走は小倉2歳S8番人気9着)の計5頭を除く28頭は、1着が23頭、2着が3頭、3着が2頭となっていました。

また、それぞれのデビュー戦ですが、1着17頭、2着9頭、3着5頭、4着1頭、5着1頭となっていました。


前走のレースの内訳ですが、連対馬では、まず前走重賞だったのは12頭いました。(ファンタジーSが4頭(1番人気1着、5番人気3着、8番人気1着、4番人気2着)、デイリー杯2歳Sが1頭(1番人気1着)、京王杯2歳Sが1頭(4番人気2着)、札幌2歳Sが1頭(2番人気1着)、新潟2歳Sが1頭(1番人気1着))、アルテミスSが4頭(1番人気2着、1番人気2着、5番人気5着、1番人気1着)
5着の1頭を除けば前走重賞の11頭は3着以上となっています。
今回の登録馬23頭では、前走重賞3着以内だったのは7頭います。
前走オープン特別だったのは1頭(2番人気1着)いました。
しかしながら、今回前走オープン特別だった登録馬はいません。
そして前走500万下戦だったのは6頭いました。(1着4頭、2着2頭)
今回の登録馬で、前走500万下で連対していたのは6頭います。
それから前走新馬戦だったのは2頭(すべて1番人気1着)いました。

しかし今回の登録馬で、前走新馬戦1番人気1着だった馬の登録はありません。
他に、前走1番人気以外で新馬戦1着だった登録馬ですが、2頭が登録しています。
それから前走未勝利馬だったのは1頭(1番人気1着)いました。

しかし、今回、前走未勝利戦1番人気1着だった馬の登録馬はありません。
他に前走未勝利戦1番人気以外の馬の登録は1頭います。
3着馬では、前走重賞だったのは6頭(ファンタジーSが3頭(1番人気2着、5番人気2着、1番人気3着)、京王杯2歳Sが2頭(4番人気4着、1番人気2着)、アルテミスSが1頭(9番人気1着))、前走新馬戦、または前走500万下戦だったのは各2頭(いずれも1番人気1着)、あと、オープン特別だったのが1頭(1番人気1着)となっていました。


それから、06年、07年以外の9年では、1頭ないし2頭が3着以内に関東馬が入っていました。
その中で関東馬が勝ったのは、09年2番人気で勝ったアパパネと14年5番人気で勝ったショウナンアデラ、15年1番人気で勝ったメジャーエンブレム、16年1番人気で勝ったソウルスターリングの4頭となっています。


以上ですが、改装前も荒れるイメージが強いレースでしたけれども、改装後も、12年に「5番人気-15番人気-10番人気」の順番で決まりその3連単の配当で300万円台が出たこともあって、依然荒れるイメージはつきまとっています。
ただ、06年以降、その12年以外の10年の3連単の配当は、4千円台が1年、1万円台が2年、2万円台が3年、3万円台が1年、4万円台が1年、6万円台が2年と、それなりには荒れた年もありましたけれども、大荒れとまでは行っていませんでした。
この辺り、荒れるかどうかの判断に悩みそうですね。

ともかくも、今年も上記のデータを丁寧にひも解きながら検討し、結論を出していこうと思います。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第68回 チャレンジカップのデータ [競馬データ]

14年から名称を朝日チャレンジカップからチャレンジカップと変更になっています
その前の朝日チャレンジカップとしては、11年までは、9月に阪神での2000m芝として施行されていました。
元々は、秋の天皇賞へのステップレースとしての色彩が強いレースでした。
しかし、翌12年からは、この12月の第2週に移して、同じ阪神で、1800m芝に距離が変わって行われることになりました。
さらに、別定からハンデ戦に条件も変わりました。
今回で6回目になります。
参考になるレースと言えば、11年までこの同じ時期に阪神1800m芝で行われていた「鳴尾記念」が該当するかと思います。
ただ、このレースは別定戦でしたので、その辺りは微妙なところではありますけれども。
今回から別定戦に戻り、また2000m芝にも戻りましたが、そのまま見ていきます。

とりあえず、この鳴尾記念のデータを参考までに挙げていきたいと思います。
阪神競馬場の大改装後の06年以降、11年までの6年間、連対馬12頭、3着馬7頭(同着含む)からです。
そして、その項目ごとに、この5年間行われた朝日チャレンジカップ(12年、13年)及びチャレンジカップ(14年、15年、16年)のデータを載せていきたいと思います。


まず鳴尾記念の人気の組み合わせですが、1着-2着-3着の順で見ていきますと、
06年 「1番人気-2番人気-3番人気」 3連単12490円
07年 「8番人気-3番人気-(5番人気、4番人気)」(3着馬は同着)3連単124220円と102930円
08年 「1番人気-3番人気-13番人気」 3連単は48770円
09年 「7番人気-4番人気-2番人気」 3連単は60260円
10年 「2番人気-1番人気-4番人気」 3連単は5660円
11年 「4番人気-6番人気-1番人気」 3連単は27480円

このように、過去6年間の人気の傾向はとらえどころのないものとなっていました。
その中で1番人気は6年中3年で連対(3着以内は4年)しています。

さてこの5年間の朝日チャレンジカップ(チャレンジカップ)では、
12年 「6番人気-4番人気-13番人気」 3連単は901440円
13年 「1番人気-9番人気-6番人気」 3連単は119330円
14年 「5番人気-(9番人気-2番人気)」(2着馬は同着) 3連単は167840円と118990円
15年 「1番人気-2番人気-11番人気」 3連単は27650円
16年 「9番人気-5番人気-11番人気」 3連単は470230円

と、15年以外は10万以上の配当と荒れた結果となりました。
特に12年は、100万円に近い配当と大荒れとなっています。


枠順は、06年から順に、
06年 「2枠-5枠-2枠」
07年 「2枠-2枠-(7枠、8枠)」
08年 「8枠-7枠-7枠」
09年 「8枠-4枠-7枠」
10年 「8枠-7枠-5枠」
11年 「8枠-2枠-7枠」

となっていて、こちらも内枠、外枠と二分されていてとらえどころのない傾向となっています。
ただ、最初の06年を除けば、あとの5年は、同着も含めて「7枠」と「8枠」が仲良く同時に3着以上入っていて、特に08年以降4年連続で8枠が1着になっています。

さてその後の5年間の朝日杯チャレンジカップ(チャレンジカップ)では、
12年 「5枠-2枠-3枠」
13年 「4枠-8枠-8枠」
14年 「5枠-(5枠-8枠)」
15年 「6枠-5枠-4枠」
16年 「7枠-2枠―5枠」

となっていて、12年は06年に近い出目でしたが、一転、13年、14年は、07年以降の傾向を引き継いだ形となり、15年、16年はその中間となりました。
共通項としては、4枠5枠の中間の枠が、どちらか、または両方かが毎年絡んでいました。


年齢では、同じく06年から順に、
06年 「3歳-3歳-4歳」
07年 「6歳-5歳-(5歳、3歳)」
08年 「5歳-4歳-3歳」
09年 「6歳-4歳-4歳」
10年 「3歳-3歳-3歳」
11年 「3歳-3歳-3歳」

と、こちらも傾向としては統一性がありませんが、6年中5年で「3歳馬」が少なくとも1頭は3着以内に入り、06年、10年、11年の3年で連対を独占、さらに10年、11年では3着以内も独占していました。

続く朝日チャレンジカップ(チャレンジカップ)では、
12年 「5歳-5歳-7歳」
13年 「4歳-8歳-4歳」
14年 「3歳-(6歳-4歳)」
15年 「5歳-6歳-6歳」
16年 「3歳-4歳-6歳」

と、12年は、07年に近い結果となり、2頭出走していた3歳馬は7番人気5着と2番人気12着と振るわず、代わりに3着以上にそれまで一度も入らなかった7歳馬が入りました。

13年は、09年に近い形で4歳馬が2頭入り、さらに前年と同じく、それまで3着以上にそれまで一度も入らなかった8歳馬が入りました。
この年の3着馬ですが、4頭出走し、3番人気6着、2番人気10着、7番人気13着、8番人気14着と前年に続き奮いませんでした。
しかしながら、チャレンジカップと名称を変えた14年は、5番人気の3歳馬が勝ち、かつての3歳馬が強かった鳴尾記念が帰ってきたようでした。
しかしながら、他にも3歳馬は3頭が出走し、6番人気4着、4番人気8着、1番人気9着という結果で、4着にも入る善戦をした3歳馬がいた反面、圧倒的1番人気のエイシンヒカリが9着と、まだ鳴尾記念ほどの勢いは感じられないようです。
続く15年は、18頭とフルゲートにもかかわらず、3歳馬の出走は1頭のみと、勢い以前の寂しい頭数で、結果は12番人気6着となっています。
そして昨年16年は、同じく18頭とフルゲートになりましたが、3歳馬の出走は2頭のみとこの年も少なくなりました。
しかし、そのうちの1頭、9番人気マイネルハニーが、見事人気薄で1着となりました。
もう1頭の2番人気ブラックスピネルも3着以内は外しましたが、5着と掲示板に載りました。
さて今年の3歳馬はどうでしょうか。

ちなみ今年は、出走馬が12頭とここ2年と比べて少なくなりましたが、3歳馬は、サトノクロニクル、スーパーマックス、ブレスジャーニーの3頭となっています。


毛色では、同じく06年から順に、
06年 「栗毛-黒鹿毛-青鹿毛」
07年 「青鹿毛-栗毛-(黒鹿毛、鹿毛)」
08年 「栗毛-黒鹿毛-栗毛」
09年 「鹿毛-栗毛-鹿毛」
10年 「鹿毛-鹿毛-栗毛」
11年 「鹿毛-青鹿毛-鹿毛」

となっていて、6年中11年を除く5年で栗毛馬が3着以上に入っており、そのうち06年から09年までの4年間は連対馬の中に入っていました。
その栗毛馬が3着以内に入らなかった11年は、栗毛馬そのものが13頭中1頭(スマートギア、9着)しか出走していませんでした。

そして、その後の5年間の朝日チャレンジカップ(チャレンジカップ)では、
12年 「鹿毛-黒鹿毛-栗毛」
13年 「鹿毛-栗毛-栗毛」
14年 「黒鹿毛-(黒鹿毛-青鹿毛)」
15年 「青鹿毛-黒鹿毛-鹿毛」
16年 「鹿毛-鹿毛-鹿毛」

 

となっていて、12年には3着に、13年には2着、3着に栗毛馬が入り、鳴尾記念の傾向を引き継いだかに見えましたが、14年、15年、16年は1頭も入りませんでした。
しかしながら、12年の栗毛馬の出走馬は5頭(3着に入った栗毛馬は13番人気のタガノエルシコ)、13年の栗毛馬の出走馬は8頭(2着に入った栗毛馬は9番人気のカワキタフウジン、3着に入った栗毛馬は6番人気のハナズゴール)となっていましたが、14年の栗毛馬は1頭(4番人気8着)、15年の栗毛馬は3頭(12番人気6着、6番人気8着、13番人気11着)、16年の栗毛馬は2頭(7番人気8着、10番人気13着)と前の2年と比べると少ない頭数でした。
ちなみに、今回の出走馬で栗毛馬は、ジョウルジュサンク、マイネルミラノの2頭と、前の年同様、少ない出走数となっています。


血統では、1着馬は、06年と08年でグラスワンダーを父に持つサクラメガワンダーが勝っていますが、サクラメガワンダーのBMS(母の父)はサンデーサイレンス、あと2年、07年と09年のそれぞれの勝ち馬、ハイアーゲームとアクシオンの父はサンデーサイレンス、要は、06年から09年までの4年の勝ち馬すべてサンデーサイレンスが絡んでいたことになりました。
しかし、10年の勝ち馬ルーラーシップ(父キングカメハメハ、BMSトニービン)も、11年の勝ち馬レッドデイヴィス(父アグネスタキオン、BMSトニービン)にもサンデーサイレンスは絡んでいませんでした。
しかし、11年の父はアグネスタキオンで、サンデーサイレンス系となっていました。
サンデーサイレンスそのものですが、10年の初頭にアクシオンが勝って以来サンデーサイレンス産駒の勝ち星はなくなっていますので、それ以降のサンデーサイレンス絡みとなりますとBMSがサンデーサイレンスの馬のみということになります。

では、その後の朝日チャレンジカップ(チャレンジカップ)での1着馬を見てみますと、12年の勝ち馬はショウリュウムーンで、父はキングカメハメハ、BMSはサンデーサイレンスの仔、ダンスインザダークでした。
13年の勝ち馬はアルキメデスで、父もBMSも両方ミスタープロスペクター系でした。
14年の勝ち馬はトーセンスターダムで、父はサンデーサイレンスの仔ディープインパクト、BMSはミスタープロスペクター系でした。
15年の勝ち馬はフルーキーで、父はノーザンダンサー系ダンチヒ系統のリダウツチョイス仔ディープインパクト、BMSはサンデーサイレンスでした。
16年の勝ち馬はマイネルハニーで、父はサンデーサイレンス系のマツリダゴッホ、BMSはブライアンズタイム系のナリタブライアンでした。

続いて06年以降11年までの鳴尾記念の2着馬6頭の父を見てみますと、サンデーサイレンス(06年)、マーベラスサンデー(09年)、マンハッタンカフェ(10年)、アグネスタキオン(11年)のサンデーサイレンス系4頭と、フレンチデピュティ(07年)、チーフベアハート(08年)のノーザンダンサー系2頭となっています。

続く朝日チャレンジカップ(チャレンジカップ)の2着馬ですが、12年はアドマイヤタイシで、父は、ノーザンダンサー系のシンングスピール、BMSはミスタープロスペクター系となっていました。
13年はカワキタフウジンで、父はサンデーサイレンス系のマーベラスサンデー、BMSはブライアンズタイムとなっていました。
14年の同着2着馬のうち1頭はデウスウルトで、父はミスタープロスペクター系のキングカメハメハ、BMSはサンデーサイレンスとなっています。
もう1頭はフルーキーで、父はノーザンダンサー系ダンチヒ系統のリダウツチョイス、BMSはサンデーサイレンスとなっています。
15年はヒストリカルで、父はサンデーサイレンス系のディープインパクト、BMSはノーザンダンサー系のノーザンテーストとなっていました。
16年はベルーフで、父はノーザンダンサー系ダンチヒ系のハービンジャー、BMSはサンデーサイレンスとなっていました。

3着馬では、同着を含めて7頭を見てみますと、06年の3着馬(キングヘイロー×スキャン)以外の6頭はすべてサンデーサイレンス系が絡んでいました。

12年の朝日チャレンジカップの3着馬はタガノエルシコで、父はブライアンズタイムの仔マヤノトップガン、BMSは、サンデーサイレンスの仔、ダンスインザダークでした。
13年の3着馬はハナズゴールで、父はサンデーサイレンス系のオレハマッテルゼ、BMSはミスタープロスペクター系でした。
14年の3着馬は、2着が同着だったため、なしとなっています。
15年の3着馬はスベリアンスパーブで、父はノーザンダンサー系ヌレイエフ系統のシベリアンホーク、BMSはナスルーラ系グレイソブリン系統のウイズアプルーヴァルでした。
16年の3着馬はケイティープライドで、父はサンデーサイレンス系のディープインパクト、BMSはノーザンダンサー系ヴァイスリージェント系統のフレンチデピュティでした。


臨戦過程では、06年から11年までの鳴尾記念の連対馬12頭の前走を見てみますと、前走G1だったのが7頭(天皇賞(秋)が3頭、菊花賞が2頭、マイルCS、日本ダービーが各1頭)、アルゼンチン共和国杯が2頭、京都新聞杯、オープン特別(カシオペアS)、準オープン特別が各1頭となっています。

12年の朝日チャレンジカップの1着馬の前走はスワンS(15番人気6着)で、2着馬の前走は福島記念(8番人気2着)となっていました。
13年の1着馬の前走は準オープン特別(1番人気1着)、2着馬の前走は福島記念(5番人気8着)となっていました。
14年の1着馬の前走は菊花賞(5番人気8着)、2着馬の前走は同着2頭とも準オープン特別(6番人気1着、1番人気1着)となっていました。
15年の1着馬の前走は富士S(2番人気5着)、2着馬の前走はオープン特別(3番人気1着)となっていました。
16年の1着馬の前走は福島記念(2番人気4着)、2着馬の前走はオープン特別(1番人気3着)となっていました。

鳴尾記念の3着馬6頭では、オープン特別が4頭(アンドロメダSが2頭、カシオペアS、トパーズSが各1頭)、日本ダービー、菊花賞、札幌記念が各1頭となっていました。

朝日チャレンジカップ(チャレンジカップ)の3着馬の前走は、12年がオープン特別(カシオペアS)、13年がエリザベス女王杯、14年は2着同着のため3着馬はなし、15年は準オープン(8番人気1着)、16年は福島記念8番人気5着となっています。


以上ですが、以前の鳴尾記念はデータ的にはとらえどころがないのでかなり参考にするにはなかなか難解ですね。
あと、朝日チャレンジカップからはハンデ戦になっていますので、その辺りも考えなくてはなりません。
ちなみに、12年は「54kg-55kg-55kg」、13年は「55kg-54kg-55kg」、14年は「53kg-54kg-55kg」、15年は「57kg-57kg-54kg」、16年は「55kg-57kg-52kg」という重量の順番で決まっていました。
偶然にも、昨年を除いて毎年「54kg」の馬が1頭絡んでいました。

ちなみに、今回の出走馬でハンデ重量54kgの馬は、デニムアンドルビー、プリメラアスールの2頭となっています。
それから、ハンデ頭ですが、12年のハンデ頭は58kgで、結果8番人気11着でした。

あと57kg2頭、56kg5頭となっていて、55kgも5頭でそのうち2頭が2着、3着、54kgは3頭でそのうち1頭は1着、それ以下は50kgの1頭(14番人気14着)のみとなっています。

13年のハンデ頭も58kgで、2頭いて、結果4番人気4着、15番人気15着でした。
あと、57kg1頭、56kg3頭、55kgは4頭で、そのうち2頭が1着、3着、54kgは8頭で、そのう1頭は2着、それ以下の馬はいませんでした。
14年のハンデ頭は57.5kgで、結果7番人気5着でした。
あと、56kgが2頭(1番人気8着、8番人気10着)、55kgが4頭(5番人気1着、2番人気同着2着、3番人気6着、4番人気8着)
15年のハンデ頭は58kgで、結果9番人気10着でした。

あと57.5kgが1頭(3番人気4着)、57kgが3頭でそのうち2頭は1着、2着でした。

あと56kg、55kgが各1頭、54kgは3頭でそのうち1頭が3着、53kgが5頭、52kgが2頭、51kgが1頭となっています。
16年のハンデ頭は58.5kgで、結果3番人気9着でした。
あと57.5kgが1頭(1番人気4着)、57kgが3頭でそのうち1頭が2着でした。
あと56kgが3頭、55kgが各3頭でそのうち1頭が1着、54kgは2頭、53kgが3頭、52kgが1頭となっています。
ともかくも、今年も上記の過去のデータを丁寧に整理しながら、結論を出していこうと思います。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第51回 ステイヤーズステークスのデータ [競馬データ]

別定戦になった97年以降20年、連対馬40頭、3着馬20頭からです。


まず平場のレースの中では最も長い距離のレースとなりますので、今年も血統から見ていきたいと思います。
連対馬では、父はヘイルトゥリーズン系が21頭、続いてノーザンダンサー系が12頭とこの二つの系統でほとんど占めています。
あと、ミスタープロスペクター系が5頭(エルコンドルパサーがのべ3頭とアドマイヤドンが述べ2頭)、そしてナスルーラ系(トニービン)、ディクタス系(サッカーボーイ)が各1頭となっていました。
母の父(BMS)は、ノーザンダンサー系が13頭(ニジンスキー系統が4頭、フェアリーキング系がのべ4頭、サドラーズウェルズ系が2頭、あと、ノーザンアンサー、ディキシーランドバンド、ノーザンテースト)、ナスルーラ系が9頭(グレイソブリン系(トニービン)、プリンスリーギフト系が各3頭、あと、レッドゴッド系、ネヴァーベンド系、ナシュア系)、ヘイルトゥリーズン系が8頭(リアルシャダイ、シルバーホーク、ダンスインザダークが各2頭、サンデーサイレンス、ヘイロー)、ハイペリオン系がのべ2頭、ディクタス系、トゥルビョン系、レイズアネイティヴ系も各2頭、あと、フェアトライアル系、アイスカペイド系となっていました。

3着馬では、父は、ヘイルトゥリーズン系が7頭、ノーザンダンサー系が6頭、ナスルーラ系が5頭、エルコンドルパサーがのべ2頭となっていました。
BMSはナスルーラ系、ノーザンダンサー系が各5頭、ネイティヴダンサー系が2頭、ヘイルトゥリーズン系がのべ3頭(シルヴァーホークのべ2頭とブライアンズタイム)、あと、ハイペリオン系、フェアトライアル系、ニアークティック系、トゥルビョン系、ディクタス系(サッカーボーイ)となっています。

また、父かBMSのどちらかあるいは両方でノーザンダンサー系が絡んでいたのは、1着馬20頭中10頭、2着馬は20頭中13頭、3着馬20頭中11頭とほぼほぼ同じとなっています。
ちなみに、上位3頭ともノーザンダンサー系絡みではない馬で占められた年は、06年、11年、13年と3年ありました。
その3年のうち、11年と13年の4着馬はいずれもノーザンダンサー系絡みでした。
いずれにしても、とりあえずノーザンダンサー系絡みの馬には要注意です。
逆に、ノーザンダンサー系が絡んでいない方の26頭のそれぞれの当日の人気を見てみますと、1番人気が7頭、2番人気が5頭、3番人気が3頭、4番人気が4頭、5番人気が1頭と、6番人気が3頭、7番人気が1頭、8番人気が1頭、12番人気が1頭と、ほぼ上位人気となっていました。
ちなみに今回の出走馬10頭でノーザンダンサー系が絡んでいるのは、カムフィー、グランアルマダ、シホウ、デルマサリーチャン、プレストウィックの5頭となっています。


次に臨戦過程ですが、前走が2400m芝以上を走っていたのは連対馬40頭のうち34頭にも及び、その34頭のうち25頭が、前々走も含めて2400m以上のレースの場所が少なくともひとつが京都競馬場となっていました。
また前走が2400m以上の距離だった連対馬のうち17頭がアルゼンチン共和国杯でした。
あと残りの前走2400m未満だった6頭は、97年2着のアドマイヤラピス(前走2200m)と02年2着のダイタクバートラム(前走1800m)、05年2着のエルノヴァ(前走2000m)、09年2着のゴールデンメイン(前走2000m)、13年2着のユニヴァーサルアバンク(前走2000m)、15年1着のカムフィー(前走2000m)で、アドマイヤラピスとエルノヴァの両牝馬はそれ以前に2400m以上で好走の経験がありました。
またダイタクバートラムは、それまで最高2200m1回しか経験がありませんでしたが、このレースで連対してからはこのレースに翌々年勝つなど主に長距離で使われ好走するようになりました。
それからゴールデンメインは、条件特別戦の時に2400mや2500mで3度の連対経験を持っていました。
ユニヴァーサルバンクは、2400mのオープン特別(阪神)で勝った経験がありました。
カムフィーは、2400m以上をそれまで10レース走って、連対経験はなかったものの、3着5回、4着2回と掲示板に7回載っていました。
毎年書いていますが、このレースを検討する場合、基本的にはこれまでで2400m以上で好走のある馬を取り上げるのはもちろんですが、長距離経験のない馬でも血統的判断で将来は長距離で活躍するだろうという先見の目も必要かと思います。

また3着馬20頭中16頭が前走2400m以上で、そのうち11頭がアルゼンチン共和国杯でした。
残り4頭は、07年3着のアドマイヤモナーク(前走2000m)、08年3着のトウカイエリート(前走2000m芝)、10年3着のネヴァブション(前走2000m芝)、12年3着のデスペラード(前走1800m芝)となっていました。

今回、前走アルゼンチン共和国杯だった出走馬は、アルバート(4着)、シホウ(7着)、プレストウィック(9着)、カムフィー(13着)の4頭となっています。

その前走アルゼンチン共和国杯だった馬を、昨年と同様、もう少し突っ込んでみたいと思います。
上位3頭の過去12年で見てみます。
年度、馬名、アルゼンチン共和国杯での人気着順→ステイヤーズSの人気着順という順で挙げさせていただきます。
}04年 ダイタクバートラム  5番人気 4着→ 1番人気1着
     
グラスポジション   1番人気10着→ 4番人気2着
05年 デルタブルース    1番人気 5着→ 1番人気1着
     
サクラセンチュリー  3番人気 1着→ 2番人気3着
06年 アイホッパー     2番人気 2着→ 1番人気1着
     トウカイトリック    5番人気 5着→ 2番人気2着
     
チェストウイング   3番人気 4着→ 4番人気3着
07年 マキハタサイボーグ 12番人気 9着→ 7番人気1着
     ネヴァブション    1番人気 9着→ 2番人気2着

08年 エアジパング    11番人気15着→ 6番人気1着
09年 モンテクリスエス   6番人気 7着→ 2番人気3着
10年 コスモヘレノス    9番人気 3着→ 5番人気1着
     
ジャミール      2番人気 2着→ 2番人気2着
11年 トウカイトリック  16番人気12着→ 7番人気3着
12年 トウカイトリック  14番人気10着→ 8番人気1着
13年 デスペラード     9番人気 6着→ 1番人気1着
14年 デスペラード     7番人気 9着→ 3番人気1着
     
クリースカイザー   4番人気 2着→ 1番人気3着
15年 3着以上なし
16年 アルバート       4番人気 2着→ 1番人気1着

     
モンドインテロ     1番人気 4着→ 2番人気3着

以上、過去13年3着以上39頭中20頭で、15年を除いて毎年少なくとも1頭入っていました。(3頭が1年、2頭が6年、1頭が6年)
こう見てみますと、06年までは、アルゼンチン共和国杯で5番人気以上の上位人気の馬が入っていましたが、07年以降は二桁人気の馬も目立つようになりました。
それから、ステイヤーズSでの当日人気ですが、一貫して、二桁人気の馬が入っていないことがわかります。(1番人気6頭、2番人気6頭、3番人気1頭、4番人気2頭、5番人気、6番人気各1頭、7番人気2頭、8番人気1頭)
またそれ以外のデータでは、その年に天皇賞(春)を経験していた馬は、その20頭中10頭いました。
それから、このレースで結構強いノーザンダンサー系絡みの馬は、20頭中7頭でした。
前々走のレースですが、重賞が20頭中15頭いて、そのうち7頭が京都大賞典でした。
あと残り5頭の前々走は、オープン特別が2頭(1着、3着)、準オープンが2頭(共に1着)、1000万下戦が1頭(1着)となっていました。


次に毛色ですが、連対馬では鹿毛が21頭、栗毛が13頭、黒鹿毛が5頭、芦毛が1頭となっていました。
3着馬では、鹿毛が10頭、黒鹿毛、栗毛が各4頭、芦毛が2頭となっています。


年齢は、連対馬では、4歳が10頭と最も多く、続いて5歳と6歳が各9頭、3歳が8頭、8歳が2頭、9歳、10歳が各1頭となっています。
3着馬では4歳と5歳が各6頭と最も多く、7歳が3頭、6歳が2頭、8歳、9歳、11歳が各1頭と続いています。


それから当日の1番人気ですが、20年中13年で連に絡んでいました。


以上ですが、とりあえず今年も1番人気馬の取捨選択からとなりますね。
最近、1番人気は、10年9着、11年11着、12年8着、13年1着、14年3着、15年1着、16年1着となっていますが、1番人気が2年以上連続連に絡まなかったのは、この10年から12年まで絡まなかった時のみとなっています。
今年はそれに該当しませんので、絡むかどうかは悩むところですね。
ともかくも、上記のデータを丁寧にひも解きながら結論を出していこうと思っています。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第18回 チャンピオンズカップのデータ [競馬データ]

13年まで行われていた「ジャパンカップダート」は、00年から二つ目のダートのG1として、また国際招待レースとして、東京2100mダートでの施行として始まりました。
その後08年からは、競馬場も距離も変更の上、阪神1800mダートで新たに施行されていました。
その阪神競馬場開催は、13年で6回目でしたが、このジャパンカップダート自体が外国招待馬の参戦がここのところない為ここで終了。
翌14年からは、中京競馬場1800mダートにて、また名称も「チャンピオンズカップ」に変更の上、新たな装いのG1競争として生まれ変わりました。
国際招待も廃止され、一般の国際競争に変わっています。
ただ、回数は、それまでのジャパンカップダートを引き継ぎ、今回は「第18回」ということになります。
よって、過去のジャパンカップダートのデータは使えないことになります。

さて、中京競馬場が大改装されてから5年9ヶ月が立つのですが、この12月の時期に行なわれている重賞を含むオープン特別の「中京1800mダート」のレースはありません。
また、準オープンの当該レースもありません。
かろうじて、1000万下特別として、12年12月に行なわれた「鳴海特別」、13年12月に行なわれた「浜名湖特別」、14年12月に行なわれた「浜松特別」、15年12月に行われた「浜名湖特別」、そして16年12月に行われた「浜名湖特別」の5レースがありました
(鳴海特別、浜松特別、15年、16年の浜名湖特別はハンデ戦、13年の浜名湖特別は別定戦)

とりあえず、この5レースの基本的なデータをまず羅列して、その項目ごとに、14年、15年、16年の過去3年間の「チャンピオンズカップ」のデータをその後に載せておきたいと思います。


まず人気ですが、
鳴海特別        「7番人気-1番人気-3番人気」
浜名湖特別(13年) 「1番人気-4番人気-12番人気」
浜松特別        「1番人気-13番人気-4番人気」
浜名湖特別(15年) 「2番人気-8番人気-9番人気」
浜名湖特別(16年) 「1番人気-3番人気-4番人気」


<チャンピオンズカップ>
14年 「2番人気-8番人気-3番人気」
15年 「12番人気-3番人気-5番人気」
16年
「6番人気-1番人気-10番人気」


枠番は、
鳴海特別        「5枠-6枠-8枠」
浜名湖特別(13年) 「5枠-4枠-3枠」
浜松特別        「4枠-8枠-5枠」
浜名湖特別(15年) 「5枠-2枠-1枠」
浜名湖特別(16年) 「3枠-2枠-1枠」



<チャンピオンズカップ>
14年 「4枠-2枠-6枠」
15年 「2枠-1枠-1枠」
16年
「5枠-2枠-3枠」


年齢は、
鳴海特別       「4歳-3歳-4歳」
浜名湖特別(13年) 「4歳-4歳-3歳」
浜松特別       「4歳-6歳-6歳」
浜名湖特別(15年) 「4歳-3歳-6歳」
浜名湖特別(16年) 「4歳-4歳-4歳」


<チャンピオンズカップ>
14年 「5歳-5歳-6歳」
15年 「6歳-3歳-5歳」
16年
「6歳-6歳-5歳」


毛色は、
鳴海特別       「鹿毛-鹿毛-栗毛」
浜名湖特別(13年) 「青毛-黒鹿毛-青鹿毛」 

浜松特別       「鹿毛-鹿毛-鹿毛」
浜名湖特別(15年) 「黒鹿毛-鹿毛-鹿毛」
浜名湖特別(16年) 「黒鹿毛-芦毛-栗毛」

<チャンピオンズカップ>

14年 「鹿毛-鹿毛-黒鹿毛」
15年 「黒鹿毛-栃栗毛-栗毛」
16年
「栗毛-鹿毛-栗毛」


父の血統は、
鳴海特別 「サンデーサイレンス系(スズカマンボ)-ノーザンダンサー系(ダンチヒ系)-サンデーサイレンス系(アドマイヤジャパン)」
浜名湖特別(13年) 「サンデーサイレンス系(マンハッタンカフェ)-ミスタープロスペクター系(ケイムホーム)-ノーザンダンサー系(ニジンスキー系)」
浜松特別「ブライアンズタイム-ナスルーラー系(ボールドルーラ系)-ワイルドラッシュ」
浜名湖特別(15年) 「シンボリクリスエス-サンデーサイレンス系(カネヒキリ)-サンデーサイレンス系(ゼンノロブロイ)」
浜名湖特別(16年) 「ミスタープロスぺクター系(キングカメハメハ)-ミスタープロスペクター系(キングカメハメハ)-ノーザンダンサー系(ダンチヒ系)」


<チャンピオンズカップ>
14年 「ミスタープロスペクター系(キングカメハメハ)-サンデーサイレンス系(ゼンノロブロイ)-サンデーサイレンス系(スペシャルウィーク)
15年 「サンデーサイレンス系(スズカマンボ)-ミスタープロスペクター系(トワイニング)-ノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント系)
16年
「ノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント系)-ナスルーラ系(ジャングルポケット)-ミスタープロスペクター系(アグネスデジタル)


前走の人気着順は、
鳴海特別       「4番人気8着-1番人気3着-1番人気1着」
浜名湖特別(13年) 「2番人気3着-8番人気10着(2400m芝)-5番人気11着」
浜松特別       「2番人気3着-3番人気12着-3番人気4着」
浜名湖特別(15年) 「1番人気11着-7番人気6着-12番人気7着」
浜名湖特別(16年) 「1番人気3着-2番人気4着-9番人気5着」


<チャンピオンズカップ>
14年 「4番人気4着-4番人気3着-3番人気1着」
15年 「1番人気2着-2番人気1着-4番人気2着」
16年
「5番人気3着-2番人気1着-2番人気14着」

 

 

データは以上ですが、やはり重賞とは流れも展開も違うので、違いがかなり目立っているところもあります。
実際参考になるかどうかは未知数です。



では、「中京1800mダート」の重賞はどうなのかを見てみますと、これも、1月に行なわれているG2競争「東海ステークス」しかありません。
とりあえず、1000万下特別と同じ流れでデータを羅列しておきたいと思います。
13年以降、今年までの5年間のデータです。

ただ、年齢は、4歳上となっています。

人気は、
13年 「4番人気-8番人気-1番人気」
14年 「1番人気-3番人気-8番人気」
15年 「1番人気-9番人気-3番人気」

16年 「4番人気-2番人気-1番人気」
17年 「1番人気-12番人気-10番人気」


枠番は、
13年 「8枠-5枠-3枠」
14年 「7枠-6枠-2枠」
15年 「4枠-8枠-3枠」
16年 「5枠-7枠-5枠」
17年 「4枠-2枠-7枠」

年齢は、

13年 「5歳-7歳-4歳」
14年 「7歳-7歳-5歳」
15年 「5歳-8歳-5歳」
16年 「5歳-5歳-5歳」
17年 「4歳-5歳-6歳」


毛色は、
13年 「黒鹿毛-栗毛-鹿毛」
14年 「青鹿毛-鹿毛-鹿毛」
15年 「栗毛-鹿毛-鹿毛」
16年 「栗毛-鹿毛-鹿毛」
17年 「鹿毛-栗毛-栗毛」

父の血統は、

13年 「サンデーサイレンス系(マンハッタンカフェ)-ミスタープロスペクター系(サウスヴィグラス)-ミスタープロスペクター系(キングカメハメハ)」
14年 「ノーザンダンサー系(リファール系)-ミスタープロスペクター系(キングカメハメハ)-ヘイルトゥリーズン系(ロージズインメイ)」
15年 「サンデーサイレンス系(ゴールドアリュール)-ミスタープロシペクター系(キングカメハメハ)-ナスルーラ系(ボールドルーラ系)」
16年 「ミスタープロスペクター系(アグネスデジタル)-ミスタープロスペクター系(アグネスデジタル)-ミスタープロスペクター系(キングカメハメハ)」
17年 「サンデーサイレンス系(ネオユニヴァース)-サンデーサイレンンス系(ディープスカイ)-ミスタープロスペクター系(プリサイスエンド)」


前走の人気着順は、
13年 「11番人気5着(G1)-7番人気4着(G1)-1番人気2着」
14年 「3番人気3着(G1)-15番人気6着(G1)-1番人気1着」
15年 「2番人気2着(G1)-4番人気4着-4番人気10着(G1)」
16年 「3番人気2着-2番人気7着-8番人気4着(G1)」
17年 「1番人気1着-11番人気6着-11番人気4着」



あと、オープン特別としては、7月に行なわれている「ジュライステークス」があります。
今まで12年から16年まで6回行なわれていましたが、今年は「名鉄杯」として行われました。
同じく、データを羅列しておきたいと思います。
(12年~16年まではジュライステークス、17年は名鉄杯)


人気は、
12年 「1番人気-3番人気-2番人気」
13年 「4番人気-6番人気-5番人気」
14年 「2番人気-5番人気-1番人気」
15年 「5番人気-9番人気-2番人気」
16年 「2番人気-6番人気-3番人気」
17年 「1番人気-2番人気-3番人気」


枠番は、
12年 「4枠-3枠-8枠」
13年 「3枠-4枠-7枠」
14年 「8枠-6枠-3枠」
15年 「6枠-7枠-4枠」
16年 「6枠-7枠-2枠」
17年 「2枠-5枠-2枠」


年齢は、
12年 「4歳-5歳-5歳」
13年 「7歳-6歳-5歳」
14年 「5歳-5歳-4歳」
15年 「5歳-6歳-5歳」
16年 「5歳-6歳-7歳」
17年 「5歳-5歳-5歳」


毛色は、
12年 「黒鹿毛-鹿毛-鹿毛」
13年 「栗毛-黒鹿毛-青毛」
14年 「栗毛-青毛-鹿毛」
15年 「栗毛-鹿毛-芦毛」
16年 「黒鹿毛-栗毛-黒鹿毛」
17年 「芦毛-黒鹿毛-栗毛」



父の血統は、
12年「サンデーサイレンス系(スペシャルウィーク)-ミスタープロスペクター系(キングカメハメハ)-サンデーサイレンス系(スペシャルウィーク)」
13年「ミスタープロスペクター系(キングカメハメハ)-サンデーサイレンス系(ネオユニヴァース)-ミスタープロスペクター系(ソングオブウインド)」
14年「サンデーサイレンス系(ネオユニヴァース)-サンデーサイレンス系(マンハッタンカフェ)-ナスルーラ系(ボールドルーラ系)」
15年「ノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント系)-サンデーサイレンス系(ハーツクライ)-サンデーサイレンス系(ハーツクライ)」
16年「ミスタープロスペクター系(ローマンルーラー)-サンデーサイレンス系(ゴールドアリュール)-ロージズインメイ」
17年「ノーザンダンサー系(ヴァイスリージェント系)-ミスタープロスペクター系(キングカメハメハ)-ミスタープロスペクター系(アグネスデジタル)」


前走の人気着順は、
12年 「1番人気1着-7番人気14着(G2)-4番人気1着」
13年 「5番人気8着-8番人気9着-9番人気13着」
14年 「2番人気1着-9番人気9着-1番人気1着」
15年 「1番人気7着-7番人気6着-5番人気2着」
16年 「7番人気1着-12番人気15着-13番人気4着」
17年 「2番人気1着-3番人気2着-12番人気16着」


となっていました。

 

以上ですが、今年も難解ですね。
ともかくも、上記の参考の他のレースはG1レースの流れと展開がどうなのかは未知数ですが、とりあえず施行は同じなので、上記のデータを丁寧にじっくり追いながら検討して結論を出していこうと思っています。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第62回 京阪杯のデータ [競馬データ]

出走馬が確定しましたので、修正更新いたしました。


この京阪杯が、1800m芝から1200m芝に変更になった06年以降16年までの10年間と、1200m芝のオープン特別「アンドロメダS」の00年から05年までの6年間とを合わせた計17年間、連対馬34頭、3着馬18頭(16年の同着を含む)から見ていきます。



まず毛色ですが、アンドロメダSではまれに見る栗毛が強いレースとなっていました。
その6年間、連対馬12頭中8頭が栗毛馬でした。
ワンツーも6年中半分の3年ありました。
そして、京阪杯が1200m芝になった06年も、栗毛馬同士のワンツーとなりました。
それどころか1着から4着まで栗毛馬が占めていました。
こうなりますと、その後もこの傾向が続くと思いましたので、この「栗毛馬強し」のデータを毎年いつも筆頭に書いてきました。

ところがその後、
07年は 「鹿毛-黒鹿毛」、
08年は 「鹿毛-青鹿毛」、
09年は 「鹿毛-青鹿毛」、
10年は 「青鹿毛-鹿毛」、
11年は 「鹿毛-栃栗毛」
と、結局1200m芝となってからの6年中、最初の1年を除いて一度も栗毛馬が連対しなくなってしまいました。
しかし11年では栗毛の出走は1頭もありませんでしたし、その前の10年でも1頭(7着)しか出走はありませんでした。
また、その07年、09年の3着馬は栗毛でしたし、11年の2着馬は若干違いますけど「栃栗毛」でしたので、やはり続く12年の時は一応は栗毛の馬には注意はしていましたし、実際、選んだ5頭のうち3頭、栗毛馬を入れていました。
結果、12年は、それに応えるように6年ぶりに栗毛馬が絡むどころか栗毛馬同士での決着となりました。
それにもかかわらず、その1着馬2着馬の2頭は入れていないという失態をしてしまった次第です。

その12年以降の栗毛馬に着目した毛色の連対馬の組み合わせをまた順に挙げていきますと、
(栗毛馬の出走数 「毛色の組み合わせ」)
12年は 18頭中6頭 「栗毛-栗毛」、

13年は 17頭中3頭 「鹿毛-黒鹿毛」、
14年は 18頭中4頭 「鹿毛-栗毛」、
15年は 15頭中5頭 「黒鹿毛-鹿毛」、
16年は 18頭中5頭 「栗毛-芦毛」

結局、京阪杯になってからの11年間では、栗毛馬は06年、12年、14年、16年の4年で連対、3着では06年、07年、09年、16年の4年に入っていて、一概に栗毛馬強しとは言えない結果となってはいますけれど、一応は気に止めた方がいいかも「知れません。
ちなみに、今回の出走馬(16頭)で栗毛馬は、セイウンコウセイ、ソルヴァイグ、ティーハーフ、ネロ、ビップライブリーの5頭となっています。

また、07年以降の10年間の連対馬の毛色を見ていただいてわかるとおり、11年、12年、14年、16年を除く6年間で黒鹿毛(2頭)か青鹿毛(3頭)の濃い毛色の馬が絡んでいました。
その除いた4年のうち、16年以外の11年、12年、14年の3着馬はいずれも黒鹿毛となっていました。
こう見ると、京阪杯になってからは、栗毛馬より黒鹿毛馬、青鹿毛馬の濃い色の馬の方が活躍しているように思えます。
ちなみに今回の出走馬で黒鹿毛は、アルマワイオリ、タマモブリリアン、ヒルノディバロー、ラインスピリットの4頭、青鹿毛は出走はなしとなっています。

今年も、この栗毛系統か黒鹿毛系統かのどちらを優先させるかは悩むところですね。
この二つの混合も考えた方がいいかも知れません。
さて今年はどうなるでしょうか。

ちなみに連対馬全体の34頭の毛色の内訳は、栗毛が12頭、鹿毛が11頭、黒鹿毛と青鹿毛が各4頭、栃栗毛が2頭、芦毛が1頭となっていました。
3着馬全体の18頭の毛色は、鹿毛が8頭、栗毛が5頭、黒鹿毛が3頭、青鹿毛が2頭となっていました。


次に連対馬の臨戦過程ですが、まず前走がオープン特別だった馬は15頭いました。
そのうち、06年までの6頭はすべて「福島民友カップ」で、着順は、8、6、2、3、5、1(着)でそれぞれ勝ち馬との着差は1秒以内でした。
この福島民友カップは、12年、13年と10月から4月に移行しましたが、14年からはまた10月に戻って来ています。
その14年、前走で福島民友カップを走って唯一この京阪杯に出走してきたアンバルブライベンはこの京阪杯を制しています。
しかしながら、今年の登録馬の段階では、前走福島民友カップを走った馬の登録はありません。
あとの前走オープン特別を走った残り7頭は、そのうち5頭が「京洛S(オープン特別」で、08年の勝ち馬のウエスタンダンサー、09年の2着馬レディルージュ、10年の2着馬ケイアイアストン、11年の勝ち馬ロードカナロア、12年の勝ち馬ハクサンムーンとなっています。
ロードカナロアは、その前走の京洛Sでは1着、ウエスタンダンサーとレディルージュは2着、ケイアイアストンは3着、ハクサンムーンは15着(1番人気)でした。
その京洛Sですが、07年まで準オープンで行なわれていましたが、08年からはオープン特別として行なわれるようになりました。
08年ではこの京洛Sから7頭が出走し、そのうちそのレース2着だったウエスタンダンサーが1着、1着だったスプリングソングが3着、3着だったウエスタンビーナスが4着と掲示板に載りました。
また09年では6頭が出走し2着だったレディルージュが2着、7着だったシンボリグランが4着、5着だったラインブラッドが5着と同じく3頭が掲示板に載りました。
一転して京洛Sが京阪杯にとってステップレースになったようです。
しかし10年では5頭出走しましたが、前述したようにケイアイアストン(京洛S3着からこの京阪杯で2着)1頭のみが掲示板に載りました。
11年では8頭が出走しましたが、同じく前述したようにロードカナロア(京洛S1着からこの京阪杯で1着)とナイアード(8着から4着)、ミキノバンジョー(5着から5着)の3頭が掲示板に入っています。
12年では、前走京洛Sだった馬は6頭出走し、前述した通り1番人気15着のハクサンムーンが1着だった以外は掲示板をはずしています。
13年は5頭出走し、ブレイズエターナル(2着から4着)1頭のみが掲示板に入っています。
14年は5頭出走し、サカジロイヤル(3着から3着)1頭のみが掲示板に入りました。
15年は5頭出走し、アースソニック(2着から3着)1頭のみが掲示板に入っています。
しかしながら、残念なことに、参考レースとして重要だったこの京洛ステークスは、昨年から休止となってしまいました。
あと前走オープン特別だった残り3頭は、11年2着のグランプリエンゼルと13年2着のアイラブリリ、15年2着のビッグアーサーで、それぞれの前走は、新潟での信越Sで3番人気4着、京都でのオパールSで3番人気5着、同じくオパールS1番人気1着となっていました。

今回の登録馬で、オープン特別を前走を走った馬は8頭登録しています。

続いて前走が重賞だったのは13頭いました。
内訳は、G1のスプリンターズSが3頭(4着、2着、6着)、G1のマイルCSが1頭(15着)
G2のスワンSが9頭(15着、11着、7着、8着、6着、3着、4着、8着、2着)となっています。

今回の出走馬で前走上記に該当する重賞を走ったのは、前走スプリンターズSは、2番人気7着だったメラグラーナ、13番人気9着だったフィードゥーシアの2頭、スワンSは、12番人気2着だったヒルノディバロー、9番人気4着だったビップライブリーを始め計5頭がいます。

次に前走が1600万下の条件戦特別だったのは6頭いました。
そのうち、前走1400mダート10着だった1頭を除き、あとの5頭は前走1200m芝で連対していました。
今回、前走1600万下の条件特別だった馬は1番人気1着だったアットザシーサイド1頭が登録しています。

次に、3着馬の臨戦過程ですが、前走重賞だったのは8頭いました。
内訳は、スワンSが4頭(10着、6着、12着、7着)、セントウルSが3頭(2着が2頭、4着が1頭)、スプリンターズSが1頭(12着)
前走オープン特別は7頭で、すべて1200m芝でした。
内訳は、福島民友カップ2頭(1着と6着)、中山の秋風S(3着)、京都の京洛S3頭(1着、2着、3着)とオパールS(6着)となっています。
あと前走条件特別は2頭で、京都1400m芝の1600万下特別(16着)、小倉1200m芝の1000万下特別(1着)、京都1200m芝の1600万下特別(1着)となっていました。


年齢は、連対馬では、3歳が9頭、4歳が12頭、5歳が12頭、6歳が1頭でした。
3着馬では、4歳が5頭、3歳、5歳が各4頭、6歳が4頭、7歳が1頭となっています。


性別は、連対馬では、牡22頭に対し牝12頭となっていました。
そのうち前半の4年では牝馬が連対馬8頭中5頭と牝馬が活躍し、逆に後半13年では牡馬が26頭中17頭と牡馬が活躍していました。
3着馬では、18頭中8頭が牝馬となっています。


馬体重ですが、480kg以上の大型馬が連対馬34頭中19頭となっていました。
3着馬では18頭中12頭も占めていました。

特に06年以降の京阪杯では、
06年は「518kg-478kg-480kg」
07年は「514kg-522kg-508kg」
08年は「500kg-474kg-508kg」
09年は「532kg-444kg-492kg」
10年は「502kg-472kg-480kg」
11年は「498kg-456kg-544kg」
12年は「462kg-478kg-466kg」
13年は「484kg-452kg-460kg」
14年は「458kg-480kg-520kg」
15年は「452kg-522kg-496kg」
16年は「478kg-498kg-(460kg、498kg)」


と、11年まで、3着以内に500kg以上の大型馬が1頭入った年が4年、2頭ないし3頭が入った年が各1年となっていました。
しかしながら、12年、13年は逆に1頭も絡みませんでした。(ちなみに前走500kg以上だった出走馬は12年は3頭、13年は4頭でした。)
しかし、翌14年は3着に、15年は2着に入っていました。(前走500kg以上だった出走馬は14年は3頭、15年は2頭でした。)
昨年16年は3頭の出走でしたが、1頭も3着以内には入りませんでした。
今年の出走馬の段階で前走500kg超えている馬は、3頭となっています。


以上ですが、今年も難解ですね。

12年は、「10番人気-1番人気-12番人気」いう順番で決着し、3連単の配当は79万台、13年は「7番人気-8番人気-10番人気」という順番で決着し、配当は46万台、そして14年は「5番人気-11番人気-15番人気」という順番で決着し、配当は200万台と大荒れとなって、それぞれ大荒れとなりました。

しかし、15年は「4番人気-1番人気-5番人気」、配当は3万円台、昨年16年は「2番人気-3番人気-(6番人気、10番人気)」、配当は3着同着の為、共に1万円台と二つの配当その3年間と比べるとかなり低い配当となりました。
このように3連単の配当が10万円以上の大荒れとなったのは、京阪杯が1200m芝になってからの11年間では5回ありますが、他の6年はでは、連対馬は5番人気以上の上位人気馬同士での決着で、それほど荒れていませんでした。
まずは今年も荒れるか荒れないかの2者択一からのスタートとなりますね。
その上で、上記のデータを基に丁寧に検討しながら結論を出していこうと思います。

タグ:京阪杯
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第4回 京都2歳ステークスのデータ [競馬データ]

出走馬が確定しましたので、修正更新いたしました。


重賞になって今年で4回目ですが、それまでも長年行なわれていました。

その中で、今の2000mの施行になったのが02年で、今年で16年目になります。
よって、過去15年、連対馬30頭、3着馬15頭で見ていきたいと思います。


オープン特別の頃は、何と言ってもこのレース、いつも少頭数で行なわれているにも関わらず、結構人気薄馬が上位に来ることで有名です。
頭数としては、最低5頭、最高11頭となっていて、2000m施行のオープン特別12年ではフルゲートになったことはありません。
一桁出走数が、12年中半分の6年、10頭が5年、11頭が1年となっていました。
重賞になってからは、第1回は8頭とそれまでを引き継いだ形となりましたが、第2回は12頭、過去の中では一番多い出走数となりました。
昨年の第3回は10頭でした。

今年も9頭、少頭数となりました。


人気では、オープン特別の12年間、1番人気馬は連対したのが9年で、1着5頭、2着4頭となっていました。
あと、3着2頭、6着1頭となっています。
重賞になってからは、14年の第1回は8頭中7着、15年の第2回では12頭中3着、昨年の第3回は10頭中2着となっていました。
通して見ても、15年中10連対、3着3回、6着、7着と掲示板を外したのが2回と結構優秀な戦績となっています。

とりあえずは、1番人気を重視した方がいいですが、重賞になってからのこの3年の結果は、ちょっと気になるところです。

あと、1番人気が連対した計10頭の連の相手の人気ですが、2番人気が2頭、3番人気が2頭、4番人気が2頭、5番人気、7番人気、8番人気、9番人気が各1頭と、人気薄馬が結構相手に来ていました。
重賞になってからも含めて、3着に1番人気が入った3年での連対馬の人気の組み合わせですが、「4番人気-6番人気」「2番人気-5番人気」「8番人気-5番人気」となっていました。
同じく、1番人気が6着、7着とはずした2年の上位3頭の人気の組み合わせですが、それぞれ「2番人気-3番人気-6番人気」「6番人気-2番人気-5番人気」となっていました。
いずれにせよ、過去の傾向としては、1番人気馬はそれなりに来てはいるものの、全体的には荒れやすいレースとなっています。


次に、父の血統ですが、連対馬30頭では、サンデーサイレンス系が18頭、ノーザンダンサー系が5頭、ナスルーラ系が3頭と、ミスタープロスペクター系が2頭、マンノウォー系、シンボリクリスエスが各1頭となっていました。
3着馬では、サンデーサイレンス系が10頭、ミスタープロスペクター系、ノーザンダンサー系が各2頭、ナスルーラ系が各1頭となっていました。
オープン特別12年、重賞3年の過去15年間ですが、少なくとも1頭はサンデーサレンス系が3着以内に入っていました。

その中で、上位3頭ともサンデーサイレンス系が独占したのは05年、06年、13年、14年の4年となっています。
また、父がミスタープロスペクター系の馬に関しては、04年2着にヴァーミリアンが2着に入った以降連対はなかったのですが(3着には07年にピースキーパーが入っています)、昨年久々にヴェナヘイムが2着に入りました。
今回の出走馬の父の血統の内訳ですが、サンデーサイレンス系が4頭、ミスタープロスペクター系が4頭、ノーザンダンサー系が1頭となっています。



毛色ですが、これも過去15年で見てみますと、連対馬では、鹿毛馬が13頭、黒鹿毛馬が8頭、栗毛馬が5頭、青鹿毛馬が3頭、芦毛馬が1頭となっていました。
3着馬では、鹿毛馬が8頭、黒鹿毛馬、栗毛馬が各3頭、青毛馬が1頭となっています。


臨戦過程の前走ですが、連対馬では、新馬戦が12頭、オープン特別が7頭、未勝利戦が5頭、重賞が3頭(デイリー杯2歳Sが2頭、札幌2歳Sが1頭)、500万下戦も3頭となっていました。
3着馬は、新馬戦、未勝利戦が各5頭、500万千下戦が4頭、、重賞(札幌2歳S)が1頭となっています。


また、前走の施行ですが、連対馬30頭のうち、京都1800m芝を走ったのが13頭、京都2000m芝を走ったのが8頭で、過去15年、どちらかが少なくとも1頭、必ず連対していました。
3着馬でも14頭中、京都1800m芝を入ったのが7頭、京都2000m芝を走ったのが4頭と、やはり多くの馬がこの施行を前走で走っていました。
今回、前走京都1800m芝を走った出走馬は2頭、前走京都2000m芝を走った出走馬は4頭となっています。



以上ですが、オープン特別での試行は長いものの重賞になってまだ今年で4回目、これからオープン特別と重賞との違いが徐々に出てくるものと思われます。
ともかくも、上記のデータは参考程度にして、いろいろ勘を働かせながら結論を出していこうと思います。
とりあえずは、今年も1番人気馬の取捨選択から取り掛かろうと思っています。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第37回 ジャパンカップのデータ [競馬データ]

出走馬が確定しましたので、修正更新いたしました。


84年以降、02年の中山競馬場開催を除く32年、連対馬64頭、3着馬33頭(96年同着含む)からです。



まずは日本馬の臨戦過程から見ていきたいと思います。
日本馬は、連対馬64頭中45頭、3着馬33頭中22頭が入っていました。
まず連対馬45頭ですが、その前々走の人気を見てみますと、すべて5番人気以上の上位人気となっていました。
内訳は、1番人気が29頭、2番人気が5頭、3番人気が7頭、4番人気が3頭、5番人気1頭となっています。
また前走では、11年の2着馬トーセンジョーダン(前走天皇賞(秋)7番人気1着)と15年の2着馬ラストインパクト(前走天皇賞(秋)9番人気12着)の2頭を除く43頭は、5番人気以上の上位人気となっていました。
その内訳は、1番人気が19頭、2番人気が10頭、3番人気が8頭、4番人気が3頭、5番人気が3頭となっています。
その前走3番人気以下の16頭(トーセンジョーダン、ラストインパクトも含む)ですが、13年2着馬デニムアンドルビー(前走エリザベス女王杯3番人気5着)、昨年14年1着馬エピファネイア(前走天皇賞(秋)4番人気6着)、同じく2着馬ジャスタウェイ(前走凱旋門賞3番人気8着)、15年2着馬ラストインパクト(前走天皇賞(秋)9番人気12着)の4頭を除く12頭は前走4着以上の上位着順でした。

そのうち8頭は連対していました。

今回の日本馬の出走馬で、まず、前々走着順に関係なく5番人気以上の上位人気だったのは、キタサンブラック、サウンズオブアース、サトノクラウン、シャケトラ、ソウルスターリング、マカヒキ、ヤマカツエース、レイデオロの8頭となっています。
そして、その中で、臨戦過程のデータで前々走5番人気以上の上位人気、前走5番人気以上の上位人気の両方クリアする日本の出走馬は、キタサンブラック、サウンズオブアース、サトノクラウン、ソウルスターリング、レイデオロの5頭となっています。
その中で、前走3番人気以下でその前走4着以上の上位着順をはずしていた馬は、ソウルスターリングの1頭となっています。
また、11年2着のトーセンジョーダン、15年2着のラストインパクトのような前々走、前走を経た出走馬ですが、シャケトラ、ヤマカツエースの2頭となっています。
また逆に、前走1番人気か2番人気で前走5着以下の連対馬は、過去に、84年1着馬のカツラギエース(前走天皇賞(秋)2番人気5着)、92年1着馬のトウカイテイオー(前走天皇賞(秋)1番人気7着)、05年2着馬のハーツクライ(前走天皇賞(秋)2番人気5着)、07年1着馬アドマイヤムーン(前走天皇賞(秋)2番人気6着)の前走天皇賞(秋)の4頭がいますが、今回の登録馬で前走天皇賞(秋)の1番人気、2番人気はそれぞれ1着、2着でした
いずれにせよ、日本馬に関しては、前々走の人気のデータが今年も繰り返されるならば、上記の前々走4番人気以上の上位人気だった8頭のうちから連対馬が生まれる可能性があるということになります。

次に日本馬の3着馬22頭の臨戦過程ですが、まず「前々走」の人気は10年のヴィクトワールピサ(フランスのG2ニエル賞7番人気4着)を除く20頭がすべて5番人気以上の上位人気でした。
その21頭の内訳は、1番人気が11頭、2番人気が6頭、3番人気はなし、4番人気が2頭、5番人気が2頭となっています。
前々走の着順ですが、4番人気13着(札幌記念)だった13年3着のトーセンジョーダン、5番人気9着(宝塚記念)を除く20頭が4着以上の上位着順でした。
また「前走」ですが、6頭を除きその他はすべて2番人気以上の上位人気でした。
その22頭の前走の人気の内訳は、1番人気が10頭、2番人気が6頭、5番人気が1頭、8番人気が1頭、9番人気が1頭、10番人気が2頭、11番人気が1頭となっています。
その前走の着順は、5頭(中止の1頭と、前走天皇賞(秋)2番人気8着、凱旋門賞10番人気7着、天皇賞(秋)9番人気9着、同じく10番人気11着)を除く17頭は、3着以上(1着9頭、2着4頭、3着4頭)でした。
今回の日本馬の出走馬で、前走2番人気以上で3着以上、前々走5番人気以上で4着以上をクリアしているのは、サトノクラウン、レイデオロの2頭となっています。
そして、前々走を日本で走り、その人気が5番人気以上4着以上で、前走8番人気辺りから11番人気辺りだった日本の出走馬は、シャケトラ(前走天皇賞(秋)11番人気15着)、ヤマカツエース(前走天皇賞(秋)7番人気11着)の2頭となっています。


次に外国招待馬ですが、今年も毎年触れている調教についての同じ内容のものをそのまま載せておきたいと思います。
ともかくも、外国馬の本気度を見るには、やはり調教だと思うからです。

『その外国招待馬ですが、連対馬60頭中19頭が連対していました。
その過去連対した外国馬の追い切りですが、まず東京芝で追われていたのは14頭いました。
そのうち7ハロンからしっかり追われていたのは10頭でした。
残り4頭ですが、86年優勝したジュピターアイランドの調教時計は平凡でしたが、それなりに長めで追われていました。
96年優勝したシングスピールと97年優勝したピルサドスキーは短めの距離でしたが、良い時計を出していました。
ところが、もう1頭、05年優勝したアルカセットは、短い距離の上に軽い調教で流していました。
その時私は、いわゆる昔から言われていた「ジャパンカップで軽い調教で終わった外国招待馬は消し」というセオリーを踏まえてこの馬を自信を持って消しましたが、結局これが裏目に出た形となってしまいました。
しかしながら、アルカセットは3番人気と上位人気となっていましたので、とりあえず調教と人気をしっかり踏まえながら考えなければとその時思った次第です。
あと、東京ダートで追い切ったのは4頭で、うち3頭が7ハロン以上から追っていてそれなりの時計を出していました。
あと1頭は、95年優勝したランドですが、短いながらも調教時計はかなり良かったです。
れから残り1頭ですが、白井調教分場で7ハロンから追い切られていました。
さて3着馬ですが、外国馬は31頭中11頭となっていました。
しかし残念ながら、3着馬の追い切り時計の記録を残していませんので連対馬のように分析はできません。申し訳ありません。』


あとは全体的に見ていきます。
年齢は、連対馬では4歳馬が圧倒的に多く30頭が連対していました。
続いて5歳馬が16頭、3歳馬が13頭、あと、6歳馬が4頭、7歳馬が1頭となっていました。
3着馬では、5歳馬が12頭、4歳馬が11頭、3歳馬が8頭、7歳馬が2頭となっています。


毛色では、連対馬は、鹿毛が34頭、黒鹿毛が12頭、栗毛が11頭、芦毛が5頭、青鹿毛が2頭となっていました。
3着馬は、鹿毛が23頭、黒鹿毛が6頭、栗毛が3頭、芦毛が1頭となっています。


枠の出目では、連対馬は8枠が12頭、3枠が9頭、6枠、7枠が8頭、1枠、2枠、4枠が各7頭、続いて5枠が6頭となっていました。
3着馬は、1枠と3枠と5枠と8枠が各5頭で最も多く、続いて4枠、6枠、7枠が各4頭、2枠が1頭となっています。


当日の1番人気の馬ですが、1着から3着の中に入った年は32年中21年となっていました。
特に96年以降20年(中山開催の02年は除く)では、99年4着(モンジュー)、11年6着(デインドリーム)、14年4着(ジェンティルドンナ)となった以外の17年は1着から3着の中に入っていました。
その17年の内訳は、1着が6頭、2着が4頭、3着が7頭となっています。


以上ですが、今年も昨年までと同じく、まずは外国招待馬の追い切りと人気を見てからですね。
日本馬に関しては、今年も同じく、臨戦過程の人気と着順のところで、連対馬、3着馬、それぞれ、例外馬を除いてクリアしている馬の検討からですね。
ともかくも、今年も、毎年書いていますが、かなり難解ですけど予想のしがいがあると思ってがんばりたいと思います。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第22回 東京スポーツ杯2歳ステークスのデータ [競馬データ]

出走馬が確定しましたので、修正更新いたしました。

95年以前のオープン戦だった府中3歳Sも含めて、89年以降02年の中山競馬場開催を除く27年、連対馬54頭、3着馬27頭からです。



まず当日の人気ですが、27年中18年、1番人気から5番人気の中で決着していました。
3着馬まで入れますと、27年中10年で3頭とも1番人気から5番人気以内で決着していました。
連対馬で、残りの6番人気以下の下位人気が絡んだ9年の人気の組み合わせを見てみますと、「8-2」「2-6」「7-10」「8-4」「3-6」「1-6」「9-3」「9-1」「1-10」となっていました。
これからわかりますように、その9年中8年で片方に1番人気から4番人気の中の上位人気の馬が絡んでいました。
それから、3着馬までの6番人気以下の下位人気が絡んだ残り17年では、そのうち13年で3頭中2頭は1番人気から5番人気の馬が入っていました。
あとの4年の人気の組み合わせは、「8番人気-2番人気-11番人気(89年)」「7番人気-10番人気-2番人気(94年)」「8番人気-4番人気-7番人気(96年)」「1番人気-10番人気-12番人気(11年)」となっています。

全体的に連対馬54頭の人気別の頭数を見ていきますと、1番人気が14頭、2番人気が10頭、3番人気が7頭、4番人気が8頭、5番人気が5頭と、5番人気以内は52頭中42頭となっていました。
6番人気以下の人気薄では、6番人気が3頭、7番人気が1頭、8番人気が2頭、9番人気が2頭、10番人気が2頭となっています。
3着馬27頭では、1番人気が4頭、2番人気が4頭、3番人気が2頭、4番人気が3頭、5番人気が3頭、6番人気が2頭、7番人気が4頭、9番人気が2頭、11番人気が2頭、12番人気が1頭となっていました。


次に連対馬の臨戦過程ですが、96年1着のゴッドスピード(前走ディリー杯13着)以外、すべて前走は掲示板に載っていました。
前走掲示板に載った馬の内訳は、1着が38頭、2着が7頭、3着が2頭、4着が4頭、5着が2頭となっていました。
3着馬の前走の着順の内訳も挙げてみますと、1着が14頭、2着が3頭、3着が2頭、4着、5着が各2頭となっていて、26頭中22頭が前走掲示板に載っていました。
あと残りは、6着が2頭、8着が1頭、10着が1頭となっています。

連対馬の前走のレース施行別では、前走新馬戦で勝ちあがってきた馬は16頭いました。
そのうち8頭が1番人気1着でした。
また、そのほとんどの時計はそれなりに優秀でした。
3着馬で前走新馬戦だったのは4頭で、それぞれの新馬戦での人気は、2番人気1頭、3番人気2頭、7番人気1頭となっていました。
今回の出走馬で、前走新馬戦1番人気1着だった馬は、ゴールドギアの1頭となっています。
1番人気以外の前走新馬戦1着は、2番人気1着のルーカス1頭となっています。


次に前走が未勝利戦勝ちの馬の連対馬ですが、09年までは92年2着のレガシーサンクス1頭だけでしたが、10年に前走未勝利戦勝ちのサダムパッテック、リフトザウイングがそれぞれ1着、2着となって、18年ぶりの連対となりました。
そして続く昨年11年にも前走未勝利戦勝ちのフジマサエンペラーが2着となりました。
その後、翌12年から15年までの4年間は前走未勝利戦勝ちの馬は連対しませんでしたが、昨年2着に、前走未勝利戦勝ちのスワーヴリチャードが2着になりました。

これで、前走未勝利戦勝ちの連対馬としては全部で5頭となっています。
ちなみに5頭とも前走の未勝利戦の人気は1番人気でした。
それから、これを前走だけではなくデビューから前走まで含めて未勝利戦を経験したというところまで範囲を広げて見てみますと、まず、03年までの中山開催を除く14年では、唯一前走未勝利勝ちしていた92年2着のレガシーサンクスと3走前に未勝利勝ちした96年1着のゴッドスピードの2頭だけとなっていました。
しかし04年以降では、04年、05年と2年連続でその連対馬計4頭とも前々走までで未勝利戦勝ちを経験し、また06年でも2着馬が前々走以前に未勝利戦を経験し勝っていました。
つまりこの04年から06年までの3年間だけで6頭中5頭が経験していたことになります。
これは、毎年書いていますが、03年春から同一開催内で新馬戦の重複出走ができなくなり、新馬戦で負ければ次は未勝利戦という形態がさらに定着してきたからだと思います。
しかしながら、07年から09年までの3年間の連対馬6頭は未勝利戦勝ちの経験はなく、また元に戻った感があります。
そして10年は、上記で書きましたように、連対馬2頭とも前走未勝利戦勝ちの馬が入り、11年も2着に絡んで、また未勝利戦経験馬には注意が必要となってきました。
しかし、翌12年から15年までの4年間の連対馬はそれぞれ未勝利戦の経験はありませんでした。
そして昨年16年、上記に書きましたように、2着に未勝利戦を経験した馬が入りました。

結局、過去27年間で未勝利戦勝ちを経験した馬は計11頭。
それぞれ未勝利戦で勝った時の人気ですが、8頭が1番人気、3頭が2番人気となっていました。

3着馬でも同じような傾向で、前走未勝利戦勝ちの馬は05年3着のオンファイヤ、09年3着のレッドスパークル、11年3着のマイネルディーン、12年3着のインプロヴァイズ、14年3着のソールインパクトの5頭のみで、それ以外で前々走までに未勝利戦勝ちを経験した馬も、03年、04年の2頭だけとなっています。
その計7頭のそれぞれ未勝利戦で勝った時の人気も連対馬と同じで、1番人気5頭、2番人気2頭となっていました。
しかしながら、今回の出走馬で、前走未勝利戦で1番人気、2番人気で勝った馬の登録はありません。
あと、3番人気以下では、前走未勝利戦4番人気で勝ったカフジバンガード、同じく6番人気で勝ったケワロスの2頭が出走しています。
また、2走前まで未勝利戦で1番人気、2番人気で勝ちを経験した出走馬は、コスモイグナーツ(1番人気)の1頭となっています。
あと、それ以下の人気では、シャルルマーニュ(3番人気)の1頭が出走しています。

次に、連対馬で前走500万下条件特別だったのは7頭となっていました。
その着順の内訳は、1着が5頭、3着、5着が各1頭となっていました。
3着馬で前走500万下(400万下)だったのは2頭で、その着順は5着、2着でした。
今回の登録馬で前走500万下を走った馬は、4番人気3着だったスーサンドンの1頭がいます。

そして、連対馬で前走オープン特別だったのは19頭いました。
そのうち、「いちょうS」が10頭、「アイビーS」、「萩S」が各3頭、「ダリア賞」と「芙蓉S」と地方のオープン特別(盛岡ジュアニアグランプリ)が各1頭となっていました。
また、3着馬では25頭中13頭もいました。
内訳は、「いちょうS」が8頭、「芙蓉S」が3頭、「クローバー賞」と「アイビーS」が各1頭となっていました。
今回の出走馬で、前走で特別レースを走った馬ですが、アイビーS6番人気1着コスモイグナーツ、同4番人気2着シャルールマーニュ、野路菊
S1番人気1着のワグネリアンの3頭がいます。

それから、連対馬で前走重賞だったのは6頭で、デイリー杯2歳Sが2頭、札幌3歳Sも2頭、新潟2歳S、サウジアラビアRCが各1頭となっています。
同じく3着馬では3頭で、デイリー杯が2頭、札幌2歳Sが1頭となっていました。
しかしながら、今回前走重賞で掲示板に載っていた出走馬はいません。


父の血統では、連対馬ではヘイルトゥリーズン系が21頭(うちサンデーサイレンスが7頭)、ノーザンダンサー系が14頭、ナスルーラ系、ミスタープロスペクター系が各8頭と続いていました。
特に重賞になってからは、ヘイルトゥリーズン系とノーザンダンサー系の活躍が目立っています。
また、ノーザンダンサー系の中で、リファール系統が父か母の父(BMS)に絡んでいるのが目立っていて計10頭もいました。
3着馬の主な父の血統ですが、ヘイルトゥリーズン系が14頭、ナスルーラ系が6頭、ノーザンダンサー系が3頭(うち2頭がリファール系)、ミスタープロスペクター系が2頭となっています。


毛色ですが、連対馬では鹿毛が24頭、黒鹿毛が15頭、栗毛が6頭、青鹿毛が5頭、芦毛が3頭、青毛が1頭となっていました。
そのうち、栗毛が絡んだのは89年~91年の3年と07年、昨年16年の5回のみとなっています。(02年の中山開催時では連対馬2頭とも栗毛が絡んでいます)
3着馬では、鹿毛、黒鹿毛が各10頭、栗毛が4頭、青毛が2頭、芦毛が1頭となっています。
この中で、黒鹿毛馬が27年中14年で片方に絡んでいましたが、残り13年中7年では3着に黒鹿毛馬が入っていました。
さらにあと残り6年中2年では黒鹿毛馬が1頭も出走していないところから、結局黒鹿毛馬が出走した25年中21年で少なくとも1頭、黒鹿毛馬が3着以内に入っていたことになります。
ちなみに、今回の出走馬で黒鹿毛馬は、ゴールドギアの1頭が出走しています。
あと、青鹿毛はコスモイグナーツの1頭、栗毛馬の出走はなく、残りは鹿毛馬となっています。


以上ですが、今年もまずは、このレースで強い黒鹿毛馬のゴールドギアの取捨選択からですね。
その上で、上記のデータを丁寧に追いながら結論を導き出していこうと思っています。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第34回 マイルチャンピオンシップのデータ [競馬データ]

出走馬が確定しましたので、修正更新いたしました。


第1回の84年から33年、連対馬66頭、3着馬33頭からです。



まず今年も、ステップレースとしての前走「スワンS」組の検討から入ってみます。
前走スワンS組は、ステップレースとしては66頭中22頭(1着8頭、2着14頭)の連対馬を生み出しています。
しかしながら、そのうち16頭は97年以前のものでした。
97年までの14年間、連対馬28頭中16頭と、かつてはある程度ステップレースの役目を果たしていました。
しかし、97年、スワンS1着だったタイキシャトルがマイルCSで優勝してからその後まったく連絡みをしなくなってしまいました。
しかし、ようやく07年、スーパーホーネットが2着となり、10年ぶりにスワンS組が連対しました。
その後、10年ではエーシンフォワードが勝って、タイキシャトル以来13年ぶりの勝利となりました。
翌年11年は連に絡みませんでしたが、翌12年は2着に前走スワンS1着のグランプリボスが、続いて13年2着には前走スワンS2着のダイワマッジョーレが、そして14年は、同じく2着に前走スワンS3着のフィエロが入り、続いて昨年15年にも2着に、フィエロが前走スワンS2着にと、連続4年それぞれ入りました。
しかし、昨年は連対せず5年連続とはなりませんでした。

よって、98年から06年までの9年間、連絡みはありませんでしたが、07年以降昨年16年までの10年間、連対馬20頭中6頭が連絡みしたことになります。
でも、これでもかつてのステップレースとしての勢いはありませんので、今年は再び絡むのか、07年以降の、08年、09年、11年、16年のように連に絡まないのか、ここは悩むところです。

では3着馬ではどうだったのか。
3着馬の前走スワンS組は、33頭中14頭が入っています。
そのうち半分の7頭が、連対馬が不振だった98年以降08年までの11年の中で入ったものでした。
しかしその後、09年以降昨年までの8年連続で、3着に前走スワンSの馬は入っていません。
3着馬も、この極端なデータから連対馬と同様、前走スワンS組で悩みそうですね。
でも一応、ステップレースの観点から、スワンS組はとりあえず今年も最初に検討すべき対象のレースになりそうですね。
ちなみに、前走スワンS組で、07年以降連対した6頭と、98年から08年までに3着に入った7頭の、計13頭のスワンS時の着順ですが、1着4頭、2着5頭、3着2頭、5着1頭、8着1頭となっていて、1頭を除く12頭は掲示板に載っていました。
ちなみに、その掲示板をはずした8着の馬は、10年に1着になったエーシンフォワードでした。
ただし、前走スワンSの8着の時の人気は1番人気でした。

さて今回の出走馬で前走スワンSで掲示板に載った馬ですが、2番人気1着だったサングレーザー、5番人気5着だったダノンメジャーの2頭となっています。
また、前走スワンSで掲示板をはずした出走馬ですが、10番人気8着だったムーンクレストの1頭がいます。


あと、連対馬で、前走スワンS以外の馬ですが、残り44頭中前走G1を走っていた馬は24頭いました。
その内訳ですが、天皇賞(秋)が16頭(1着11頭、2着5頭)、スプリンンターズSが5頭(1着4頭、2着1頭)、安田記念が1頭(1着)、秋華賞が1頭(2着)、海外G1が1頭(1着)となっていました。

あと、残り20頭ですが、富士Sが8頭(1着3頭、2着5頭)、毎日王冠が4頭(1ずれも2着)、アイルランドTが4頭(1着1頭、2着3頭)、函館記念、武蔵野S、府中牝馬S、京都大賞典が各1頭(いずれも1着)となっています。
その20頭のうち、富士Sで6番人気5着、アイルランドTで8番人気1着だった2頭を除く18頭の前走の人気は、5番人気以上の上位人気でした。(1番人気7頭、2番人気4頭、3番人気1頭、4番人気4頭、5番人気2頭)

3着馬の前走で、スワンS以外の19頭ですが、G1は8頭で、内訳は、天皇賞(秋)が4頭、海外G1がのべ2頭、スプリンターズS、秋華賞が各1頭となっていました。
その他の残り11頭ですが、札幌記念、神戸新聞杯、エプソムC、根岸S、阪急杯、府中牝馬S、富士S、毎日王冠、カシオペアS、アイルランドT、1600万下条件特別が各1頭と、昨年までではすべて違うレースとなっています。
その3着馬を98年以降の19年の前走スワンS以外の残り12頭で絞ってみますと、そのうち7頭の前走は「G1」となっていました。
その内訳は、天皇賞3頭(10着、11着、3着)、秋華賞1頭(2着)、スプリンターズS1頭(9着)、イギリスのG1サンチャリオットS(1着)がのべ2頭(いずれもサプレザ)となっていました。
あと残り前走スワンS組以外で、前走G1でなかった5頭は、10年6番人気3着のゴールスキー、12年5番人気3着のドナウブルー、13年1番人気3着のダノンシャークで、14年9番人気3着のグランデッツァ、16年7番人気3着のネオリアリズムで、ここ7年中5年の3着馬となっています。
それぞれの前走は準オープン1番人気1着、府中牝馬S1番人気3着、富士S1番人気1着、毎日王冠2番人気5着、札幌記念5番人気1着となっていました。

ちなみに、今回の出走馬で、前走G1だったのは、前走天皇賞(秋)5番人気18着のサトノアラジン、前走スプリンターズS1番人気1着のレッドファルクス、前走秋華賞10馬人気14着のレーヌミノルの3頭となっています。
また、前走スワンSと前走G1以外で5番人気以上の上位人気だったのは、前走富士S1番人気1着だったエアスピネル、前走富士S4番人気2着だったイスラボニータ、前走富士S2番人気5着だったペルシアンナイト、前走富士S3番人気9着だったグランシルク、前走京成杯AH2番人気4着だったマルターズアポジー、前走関屋記念4番人気2着だったウインガニオン、前走オープン特別カシオペアS5番人気1着だったアメリカズカップとなっています。


次に「枠番」について見てみます。
連対馬66頭の内訳ですが、1枠4頭(90年以降11年に連対するまで連対なし、続く12年でも連対、ちなみに続く13年は4着)、2枠5頭(87年以降08年まで連対なし、09年、13年に各1頭連対)、3枠11頭、4枠12頭、5枠6頭、6枠9頭、7枠11頭、8枠8頭となっています。
この中で特筆すべきことは、毎年書いていますが、このマイルCSは、「4」「5」「6」のいわゆる中枠がよく連に絡んでいることが挙げられます。
実際33年中24年で絡んでいて、特に97年以降08年までの12年間この中枠が連続して連に絡んでいました。
ところが、なぜかこの「4」「5」「6」の中枠同士での組み合わせは、06年に「4-5」が出るまで一度もありませんでした。
ところが、07年にも「4-4」で決まり、2年連続で出てしまいました。
しかしながら、08年は「4-8」という結果で3年連続とはなりませんでした。
また、09年は「2-7」で決まり、中枠そのものの連対記録は12年でストップしました。
そして10年は「4-7」とまた中枠が再び連対しましたが、続く11年は「1-3」と中枠が絡まなかったどころか、90年以降一度も絡まなかった「1枠」が久々に入りました。
そして翌12年は「1-4」と、その久々に絡んだ「1枠」が2年連続絡み、そして「4枠」が絡んだということで、また中枠が復活しました。
しかし13年は、「2-3」と、また中枠は絡みませんでした。
そして14年は「4-6」、15年は「5-8」、昨年16年は「4-8」と3年連続中枠が連に絡んでいます。
このように06年以降ずれが生じているようで、枠順で絞るのはちょっと厳しくなった感がいたします。
それでも、この一連のデータは頭に入れる必要はありそうです。

それから、3着馬の枠番の出目ですが、一番多かったのは7枠の7頭、続いて8枠の6頭と外枠が目立っています。
次に多かったのは1枠、6枠の各5頭、続いて4枠の4頭、2枠の3頭、5枠の2頭と続き、連対馬で最も多かった3枠は1頭、同じく7枠は0頭となっています。



次に、当日の「1番人気」を取り上げます。
とりあえず1番人気馬の着順を順に並べていきますと1、1、2、1、1、1、2、2、2、1、1、4、1、12、1、1、2、9、7、8、1、8、1、1、2、1、2、5、2、3、13、3、5(着)となっていました。

かつて84年から94年まで11年連続1番人気が連に絡んでいたように、このレースの当時の大きな特色は「1番人気馬から買え」というものでした。
ところが、記録の途切れた95年以降22年間で見てみますと、22頭中連対したのは11頭と信頼度は落ちてしまいました。
ちなみに、単勝オッズ1倍台で出走した馬は10頭いて、連をはずしたのは05年、1.5倍で3年連続連覇を逃したデュランダル(8着)のみで、他の9頭は連対しています。
さて今回はこの1倍台は出るのでしょうか。
(前日のオッズでは、1番人気イスラボニータは4倍台で推移しています。)

それから、3着馬ですが、12年までなぜか1番人気で3着になった馬は1頭も出ていませんでしたが、13年、1番人気トーセンラーが3着に入って、初めて1番人気馬が3着になりました。
そして15年も1番人気イスラボニータも3着となっています。


また、連対馬の当日の人気全体で見てみますと、66頭中54頭(81.8%)が当日5番人気以上の上位人気でした。
その54頭の中で、00年1番人気2着のダイタクリーヴァ(前々走日本ダービー2番人気12着)、05年3番人気1着のハットトリック(前々走毎日王冠8番人気9着)、08年1番人気2着のスーパーホーネット(前々走安田記念1番人気8着)、12年4番人気1着のサダムパテック(前々走安田記念1番人気9着)、12年1番人気2着のグランプリボス(前々走毎日王冠14番人気6着)、13年3番人気2着のダイワマッジョーレ(前々走安田記念6番人気9着)、14年3番人気2着のフィエロ(前々走安田記念6番人気8着)、16年年2番人気2着のイスラボニータ(前々走安田記念4番人気5着)の8頭を除く46頭が前々走掲示板に載っていました。

ちなみに、今回の出走馬で、例外の7頭のように、まず前々走G1を走って掲示板をはずした馬は、前々走安田記念1番人気8着だったイスラボニータ、前々走日本ダービー18番人気18着だったジョーストリクトリ、同じく前々走日本ダービー6番人気7着だったペルシアンナイトの3頭、それから前々走毎日王冠で掲示板をはずした馬ですが、今回出走馬はいません。
また、前々走
G2で掲示板をはずした馬ですが、前々走マイラーズC8番人気10着だったクルーガー、前々走ローズS4番人気9着レーヌミノルの2頭がいます。
以上の計5頭の中で、とりあえず当日人気が5番人気以上の上位人気の馬がいれば要注意ということになりますね。
(前日のオッズでは、1番人気イスラボニータ、5番人気ペルシアンナイトが該当します。)

それから残りの6番人気以下の下位人気馬12頭ですが、共通項としては、11年の2着馬フィフスペトル(中6週)を除く11頭のレース間隔は中2週から中4週でした。
またその前走のレースを見てみますと、これもフィフスペトル(前走はスプリンターズ
Sの1200m芝)を除くと、京都1400m芝のスワンSが4頭(86年、90年、95年、10年)、ダートも含め東京1600mだったのが6頭(93年、96年、98年、00年、02年、09年、14年)と偶然かどうか、この二つの距離となっていました。
また、95年16番人気2着のメイショウテゾロ(前走スワンS9番人気9着)、09年14番人気2着のマイネルファルケ(前走富士S5番人気9着)、10年13番人気1着のエーシンフォワード(前走スワンS1番人気8着)、14年8番人気1着のダノンシャーク(前走富士S1番人気7着)の4頭を除き、残り8頭は前走掲示板に載っていました。
さらに、その12頭のマイル成績ですが、4勝が1頭、3勝が3頭、2勝が5頭、1勝が2頭、未勝利が1頭(00年1着のアグネスデジタル)となっていました。
ちなみに今回の出走馬で、前走スワン
Sだったのは上記のとおり、サングレーザー(2番人気1着)、ダノンメジャー(5番人気5着)、ムーンクレスト(10番人気8着)の3頭で、前走東京1600mでかつ間隔が中2週から中4週だったのは、前走富士S1番人気1着だったエアスピネル、同じく富士S4番人気2着だったイスラボニータ、同じく富士S11番人気3着だったクルーガー、同じく富士S2番人気5着だったペルシアンナイト、同じく富士S7番人気7着のガリバルディ、同じく富士S9番人気8着のブラックムーン、同じく富士S3番人気9着のグランシルク、同じく14番人気い14着のジョーストリクトリの8頭となっています。
また、前走スプリンターズ
S
だった馬の登録は、1番人気1着だったレッドファルクス1頭がいます。
前走スワンS組も加えた上記で挙げた11頭が、当日人気6番人気以下の下位人気であれば、一応注意が必要かと思います。


3着馬では、当日の人気が5番人気以上の上位人気となっていたのは、33頭中19頭(57.5%)で連対馬より劣っていました。
その残りの6番人気以下の14頭ですが、そのうち12頭の前走は5着以上の上位着順でした。
その当日6番人気以下の前走5着以上12頭の上位着順の前走のレースの内訳ですが、前走スワンSが7頭、前走毎日王冠、前走札幌記念、前走エプソム
C、前走オープン特別、前走準オープン特別が各1頭となっていました。
残る6着以下の2頭の前走の内訳は、阪急杯2番人気14着、天皇賞(秋)9番人気14着となっています。


次に父の血統ですが、連対馬ではヘイルトゥリーズン系が26頭(そのうちサンデーサイレンスが10頭)、ノーザンダンサー系が16頭と拮抗しています。
続いて、ナスルーラ系が7頭、トゥルビョン系が4頭と続いています。
BMS(母の父)は、ノーザンダンサー系が25頭、ナスルーラ系が13頭、ハイペリオン系が8頭と続いています。

3着馬では、父では、ヘイルトゥリーズン系が10頭、ミスタープロスペクター系が7頭、ノーザンダンサー系が5頭、ナスルーラ系が4頭と続いています。
BMSの主なところは、ノーザンダンサー系が11頭、ナスルーラ系が7頭となっています。


年齢は、連対馬では、4歳馬が30頭と圧倒的に多く、次に5歳が19頭、3歳が9頭、6歳が7頭、8歳が1頭(09年1着のカンパニー)となっています。
3着馬では、5歳馬が14頭と最も多く、3歳馬が9頭、4歳馬が7頭、6歳馬が3頭となっています。
ちなみに、昨年は、出走馬18頭中、3歳馬1頭、4歳馬1頭、5歳馬7頭、6歳馬1頭、7歳馬5頭、8歳馬3頭という内訳で、1着から3着まで5歳馬が占めてしまいました。
ちなみに、今年の出走馬18頭での内訳は、3歳馬5頭、4歳馬1頭、5歳馬8頭、6歳馬4頭、7歳馬以上出走なしとなっています。
昨年と同じく、過去一番多かった4歳馬はエアスピネル1頭となっていますが、結果はどうなるでしょうか。



毛色は、連対馬では、鹿毛が28頭と一番多いのですが、次いで栗毛が17頭と割合から言えばかなり高いものとなっています。
あと、青鹿毛、黒鹿毛が各9頭、芦毛が2頭、栃栗毛が1頭となっていました。
これを「1着馬」に限定いたしますと、33頭中鹿毛が11頭、栗毛が10頭と拮抗しています。
続いて、黒鹿毛が7頭、青鹿毛が3頭、栃栗毛と芦毛が共に1頭となっていました。
面白いことに、96年以降09年カンパニーが勝つまで13年間鹿毛馬の1着馬は出ていませんでした。
しかしながら、さらに翌10年は鹿毛馬のエーシンフォワードが勝って2年連続鹿毛馬の勝利となりました。
それ以降は、11年は栗毛馬のエイシンアポロン、12年は鹿毛馬のサダムパッテック、13年は黒鹿毛馬のトーセンラー、14年は鹿毛馬のダノンシャーク、15年は鹿毛馬のモーリス、昨年16年は鹿毛馬のミッキーアイルと、09年以降8年間で鹿毛馬が6頭も勝っていて、ここのところに来て鹿毛馬が盛り返して来ています。
ちなみに、96年より前では、93年、94年、95年と3年連続鹿毛馬が勝利していました。

3着馬では、鹿毛が17頭と圧倒的に多く、次いで黒鹿毛と栗毛が各7頭、芦毛と青鹿毛が各1頭となっています。


以上ですが、今年もとりあえずは「4枠5枠6枠」に入った馬の検討からですね。
あと、人気とオッズが出てから、上記のデータと照らし合わせながら結論を出していこうと思っています。

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第53回 福島記念のデータ [競馬データ]

97年以降、新潟競馬場で代替開催された11年を除く19年、連対馬38頭、3着馬19頭からです。


3連単の配当が12年は4万円台、13年は3万円台と、この2年は連続そこそこの配当でしたけれども、続く14年は36万円台と荒れました。
しかし15年は1万円台、昨年16年は3万円台と、またそこそこの配当に戻っています。
元々は荒れるレースとして有名で、3連単が始まって以来、昨年までで12年(11年の新潟開催を除く)になりますが、その12年中、1万円台だった06年、2万円台だった05年、、15年、3万円台だった13年、16年、4万円台だった12年を除いた6年で、それぞれ85万台(04年)、63万台(07年)、49万台(09年)、30万台(08年)、20万台(10年)、36万台(14年)と、結構な高配当が続出しています。
こう見ると、大荒れの配当かそこそこの配当かは、それぞれ6年ずつで半々ということになりますが、ここ5年に限りますと、大荒れは14年の1回のみで、あと4年はそこそこの配当となっていて、大荒れの配当か、そこそこの配当かの二者択一の判断は難しくなってきています。


また、1番人気ですが、過去19年では6連対、3着3回と不振となっていますが、ここ5年に限りますと、12年から順に、1着、4着、3着、2着、2着とすべて掲示板に載っていて、3頭連対、3着1回と結構堅実な傾向になっています。
3連単の配当、36万台となった14年も、1番人気は3着でした。

また、最低人気が3回3着以内に入るなど、19年中10年で二桁人気が3着以内に入っていました。
しかしこのデータも、ここ5年に限りますと、2着に16頭中13番人気の馬が入った14年以外の5年は、3着以内に「1番人気、2番人気、3番人気の3頭から2頭」と「4番人気、7番人気、8番人気」から1頭という組み合わせで決まっていて、かつての荒れるイメージが薄くなってきたイメージが出てきています。

それでも、
毎年、ともかく荒れると踏んで予想し続けているのですが、結果的に予想通り荒れても、それになかなか近づくことさえできないもどかしさを感じるレースになっています。
逆に、そこそことなった12年、13年、15年、16年は、荒れると読んで予想しましたけれど、上記で触れましたように、12年は「1番人気-8番人気-2番人気」、13年は「3番人気-2番人気-7番人気」、15年は「2番人気-1番人気-4番人気」、16年は「7番人気-1番人気-3番人気」という結果となって、肩透かしを食らった格好となってしまいました。
いずれにせよ、一筋縄ではいかないレースには違いないようですね。
さて今年、大きく荒れると予想すべきか、そこそこ荒れると予想すべきか、この二者択一はやはり難しいところです。


では、いつものデータを挙げていきます。
まず血統ですが、父かBMS(母の父)で、38頭中19頭がノーザンダンサー系絡みとなっていました。
また99年の1着馬ポートブライアンズのBMSはノーザンダンサー系に近いノーザンネイティブですので、この馬も含めれば計20頭になります。
3着馬では、19頭中10頭がノーザンダンサー系絡みでした。
今回の出走馬16頭でノーザンダンサー系絡みの馬は、ケイティプライド、サンマルティン、ジョルジュサンク、ツクバアズマオー、ヒストリカル、フルーキー、プリメラアスール、ベルーフ、マイネルミラノ、マサハヤドリームの10頭となっています。

あと残りのノーザンダンサー系絡みではない連対馬19頭ですが、そのうち11頭がナスルーラ系絡みでした。
また3着馬では、残り9頭中4頭がナスルーラ系絡みでした。
今回の登録馬で、ノーザンダンサー系絡みでなくて、代わりにナスルーラー系が絡んでいる馬は、ウインブライト、ショウナンバッハ、フェルメッツァの3頭となっています。


次に臨戦過程ですが、連対馬で前走が重賞だったのは38頭中19頭いました。
その前走の着順の内訳は、1着が3頭(いずれもカブトヤマ記念)、2着が3頭(オールカマー、ラジオNIKKEI賞、セントライト記念)、3着が2頭(小倉記念、オールカマー)、5着が1頭(函館記念)、6着が2頭(秋華賞、富士S)、7着が1頭(富士S)、10着が1頭(天皇賞)、11着が1頭(秋華賞)、12着が1頭(天皇賞)、13着が3頭(アルゼンチン共和国杯、富士S2頭)、15着(天皇賞)となっていました。
前走二桁着順だった7頭のうち4頭のレースはG1となっています。
そして、その前走重賞だった19頭は、08年1着のマンハッタンスカイ(前々走京都大賞典6着)、10年1着のダンスインザモア(オープン特別11着)、13年1着のダイワファルコン(オールカマー8着)の3頭を除いて前々走は5着以上の上位となっていました。
3着馬では、前走重賞だったのは19頭中14頭いて、着順は掲示板に載っていたのは4頭、あとの10頭は、6着(G3)、7着2頭(共にG1)、9着(G2)、10着2頭(G2、G3)、11着(G3)、15着(G1)、16着(G3)、18着(G3)となっていました。

次に、連対馬で前走がオープン特別だったのは11頭いました。
その着順は上位から1着、5着、6着、7着(3頭)、8着、9着(2頭)、10着、12着と大半が掲示板をはずした馬でした。
3着馬では、前走オープン特別だったのは4頭で、そのうち3頭の前走は京都のオープン特別(カシオペアS13着、オパールS11着、2着)、もう1頭は東京のオープン特別(アイルランドT3着)となっていました。

そして、連対馬で前走が条件戦だったのは8頭いました。
その前々走は06年2着のフォルテベリーニ(準オープン5着)、12年2着のアドマイヤタイシ(準オープン3着)を除く5頭はすべて連対していました。
3着馬では、前走条件戦だったのは1頭のみですが、その前々走は勝っていました。


年齢は、連対馬では、5歳が13頭、6歳が8頭、4歳が7頭、3歳が6頭、7歳が3頭、8歳が1頭となっています。
3着馬では、5歳が6頭、6歳が5頭、4歳が4頭、7歳が2頭、3歳、8歳が各1頭となっていました。


毛色では、連対馬では、黒鹿毛、鹿毛が各14頭、栗毛が10頭となっていました。
3着馬では、鹿毛が9頭、黒鹿毛が7頭、栗毛が2頭、芦毛が1頭となっています。


重量は、連対馬では、58kgが1頭、57.5kgが4頭、57kgが2頭、56kgが6頭、55kgが7頭、54kgが8頭、53kgが5頭、51kgが5頭とやはりハンデ戦らしく比較的軽い重量の馬の連対が目立ちます。
3着馬では、58.5kgが1頭、57.5kgが1頭、57kgが3頭、56kgが2頭、55kgが4頭、54kgが3頭、53kgが3頭、52kgが2頭となっています。


枠番の出目ですが、1着馬では、3枠が19頭中7頭と圧倒的に多く、続いて1枠が4頭、5枠が3頭、2枠と4枠が各2頭、6枠が1頭と、全体的にも内枠有利となっています。
2着馬では、4枠と6枠が各4頭と最も多く、続いて1枠と5枠と7枠が各3頭、2枠、8枠が各1頭、1着馬で一番多かった3枠はなしとなっています。
3着馬では、2枠が7頭と最も多く、続いて8枠が4頭、1枠が3頭、5枠が2頭、3枠、6枠、7枠が各1頭、4枠がなしとなっています。


以上ですが、今年も、上記で触れましたけれど、「大荒れ」なのか、「そこそこ荒れ」なのか、この二者択一でかなり悩みそうですね。

でも、「大荒れ」と読んで検討して予想し、そして結果大荒れとなったとしても、それでもかすりもしないのがこのレースですね。

ともかくも、枠順と人気とオッズが出た時点から、上記のデータを参考に、まずは大荒れなのかそこそこ荒れなのか、その二者択一の検討を、今年もまずやりたいと思っています。

タグ:福島記念
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬
前の12件 | - 競馬データ ブログトップ