So-net無料ブログ作成
競馬データ ブログトップ
前の12件 | -

第92回 中山記念のデータ [競馬データ]

89年以降29年、連対馬58頭、3着馬29頭からです。
00年に3月の第2週から2週間繰り上がっていますが、影響はほとんどないようですのでそのままで見ていきます。


まず臨戦過程ですが、連対馬の前走の着順を見てみますと、1着が14頭、2着が11頭、3着が3頭、4着が11頭、5着が4頭と58頭中43頭が掲示板に載っていました。
残りの前走で掲示板をはずした15頭の内訳ですが、順に、日経新春杯6着、有馬記念10着、ジャパンカップ14着、マイルCS8着、根岸S11着、京都金杯7着、アメリカJCC8着、白富士S8着、小倉大賞典7着、天皇賞(秋)13着、京都金杯16着、有馬記念7着、有馬記念10着、根岸S8着、香港マイル9着となっていました。
その15頭のうち、7頭が前走G1となっていました。
その前走G1以外の8頭ですが、前走日経新春杯6着だったのは93年2着のシスタートウショウで、4歳時(現3歳時)には桜花賞1着、オークス2着になっていた馬でした。
そして、前走根岸S(1200mダート)11着だった馬は、06年で1着になったバランスオブゲームで、その前年でも1着になっていました。
この06年の1着になった時の前走の11着のダート戦は度外視できますし、前々走はG1のマイルCSで5着でしたのでほぼ前走で掲示板に載っていたことに等しいということになります。
それから前走京都金杯7着だった馬は、08年2着馬のエイシンドーバーで、1800m芝はそれまで4戦4連対と、この距離では圧倒的強さを誇っていました。
前走アメリカJCC8着だった馬は、09年2着馬のドリームジャーニーで、このレース以降の活躍はもう言うまでもないのですが、それ以前では、2歳時の朝日杯FSですでにG1を勝っていましたし、前々走にあたる有馬記念では4着と好走していました。
白富士S8着、小倉大賞典7着の馬は、それぞれ10年の1着馬トーセンクラウンと2着馬テイエムアンコールで、この2頭に関しては、両馬とも父はオペラハウスの仔という血統から、当日のひどい不良馬場がかえってこの重馬場得意なこの産駒に功を奏したと言った方がいいかも知れません。
前走京都金杯16着としんがり負けしていたのは12年2着のシルポートで、とにかく逃げて何ぼの馬でしたので、最後まで逃げねばって上位に残るか、最後ゴール前力尽きて飲み込まれて勝ち馬から1秒以内差で負けるか、直線半ばで失速して大敗するかという逃げ馬の典型的な戦績を繰り返していました。
いわゆる走ってみなくてはわからない馬でしたが、それでも時には穴人気をすることが結構ありました。
そのシルポートですが、12年では、単勝19.6倍の7番人気でしたが、レースでは一時後続を20馬身引き離して大逃げするなど、「これは行ってしまうかな」と思わせる走りを見せてくれての2着でした。
続く13年も8番人気と人気薄で同じく逃げ粘っての3着と好走しました。
しかしながら、このシルポートのような結果的に好走する馬を他でも見出すのはやはり至難の業ですね。
15年2着になったロゴタイプは、前走ダートの重賞根岸Sで3番人気8着でしたが、やはりこれは度外視できますし、前々走は中山金杯で2着と、前走で掲示板に載っていたのと同等の結果を残していました。
最後香港C9着だったのは、昨年17年1着のネオリアリズムで、その3走前は札幌記念で1着、その前々走はG1のマイルCS3着と、続く香港Cでも3番人気に推された馬でした。
その前走の香港では9着と敗れたものの、結果的に勝ってもおかしくない馬だったと今では思っています。


ちなみに、今回の出走馬で前走G1を走って掲示板に載らなかった馬は、前走秋華賞7着のアエロリット、前走有馬記念16着のサクラアンプルール、前走マイルCS15着のマルターズアポジーの3頭となっています。
また、前走G1以外で掲示板をはずした馬で、かつてG1で連対経験のあった馬ですが、今回の出走馬ではいません。
また中山記念で過去に連対経験のある馬で前走掲示板に載らなかった馬は、上記で挙げたサクラアンプルール(昨年17年8番人気2着がいます。
また前走掲示板に載らなくて、1800m芝で圧倒的強さを誇っていた馬は、1800m芝3勝、2着1回、3着2回、あと12着と、圧倒的ほどではないですけど、上記で挙げたマルターズアポジーが挙げられます。
あとこのデータで準じるのは、前走AJCCで4着と掲示板に載ったデイサイファで、1800m芝で、4勝、2着3回、3着1回、4着2回、あと6着、9着と圧倒的強さを誇っています。


あと、3着馬の前走ですが、29頭中22頭が掲示板に載っていました。


年齢は、連対馬では4歳が18頭、5歳が15頭、6歳が16頭、7歳が7頭、8歳が2頭となっていました。
3着馬では、4歳が12頭、続いて7歳が6頭、5歳、6歳が各5頭、8歳が1頭となっていました。
また、89年以降、「5歳-5歳-5歳」で決まった89年、「5歳-4歳-4歳」で決まった96年、「5歳-5歳-4歳」で決まった14年、「4歳-5歳-4歳」で決まった15年、「4歳-4歳-4歳」で決まった16年の5年以外は、必ず6歳以上の馬が少なくとも1頭3着以内に入っていました。
また、その89年を除く90年以降14年に2頭5歳馬が3着以内に入るまで、5歳馬が2頭以上、3着以内に入っていないことも特筆すべきことかと思います。
しかしながら、この14年にそれまでのデータを重視して勝負しましたが、裏目に出たことは言うまでもありません。
ただ、その後の15年は、5歳馬の出走馬は2頭のみで、結果は2着、9着、16年は、5歳馬は3番人気イスラボニータ1頭で、結果は9着、昨年17年は、5歳馬は1番人気アンビシャス、2番人気リアルスティールの2頭で、上位人気を独占していましたが、結果はそれぞれ4着、8着と奮いませんでした。
ちなみに、今年の出走馬10頭で5歳馬はヴィブロス、マイネルハニーの2頭で、この2頭が同時に3着以内に入るかどうかは悩むところです。


毛色は、連対馬では鹿毛が22頭、栗毛が19頭、黒鹿毛が10頭、芦毛が4頭、栃栗が2頭、青鹿毛が1頭と、栗毛が健闘しているのが目立ちます。
3着馬の毛色ですが、鹿毛が11頭、黒鹿毛が7頭、栗毛が5頭、芦毛、青鹿毛が各3頭となっていました。
今回の出走馬で栗毛馬は、サクラアンプルールの1頭となっています。


連対馬で父の血統の主なところでは、ノーザンダンサー系、ヘイルトゥリーズン系が各17頭、ナスルーラ系が12頭となっています。
また、全体的な血統ですが、ノーザンダンサー系が父か母の父(BMS)でどちらかもしくは両方で絡んだ連対馬は、58頭中32頭いました。
あとノーザンダンサー系が絡まなかった26頭のうち11頭がナスルーラー系絡みでした。
同じく3着馬の父の血統の主なところは、サンデーサイレンス7頭を含むサンデーサイレンス系が14頭と最も多く、ノーザンダンサー系が8頭、ナスルーラー系が4頭となっています。


次に当日の単勝オッズですが、連対馬では1けた台が44頭、2けた台が14頭でした。
圧倒的に1けた台の馬が強いのですが、その少ない方の2けた台の馬が絡んだ年は、89年(9番人気27.5-5番人気9.8)、95年(3番人気11.3-1番人気1.4)、96年(9番人気19.5-1番人気3.7)、02年(8番人気17.4-7番人気16.4)、06年(6番人気15.4-1番人気2.1)、07年(6番人気17.0-3番人気4.8)、08年(2番人気5.2-7番人気20.7)、10年(13番人気36.4-12番人気26.7)、11年(1番人気1.4倍-4番人気10.3倍)、12年(3番人気6.4倍-7番人気19.6倍)、14年(2番人気5.3倍-4番人気10.4倍)、17年(3番人気7.1倍-8番人気45.3倍)の12年となっていました。
その12年中8年の2けた台の単勝オッズは10倍台となっていました。
また、その2けた台14頭のうち7頭が1着となっています。

3着馬では、単勝オッズ1けた台は15頭、2けた台は14頭となっていました。


連対馬の当日の人気面では、1番人気12頭、2番人気9頭、3番人気11頭、4番人気11頭、5番人気3頭、6番人気3頭、7番人気3頭、8番人気2頭、9番人気2頭、12番人気1頭、13番人気1頭となっていました。
基本的には、上位人気の馬、特にオッズ1けた台の馬が中心になるようです。
しかし、「1番人気と2番人気の組み合わせ」で堅く決まった年は、91年の1回しかありません。
しかしながら、連対馬が1番人気~4番人気の上位人気同士で決まったのが29年中17回ありました。
3着馬では、1番人気4頭、2番人気4頭、3番人気4頭、4番人気4頭、5番人気5頭、6番人気1頭、7番人気4頭、8番人気1頭、9番人気2頭となっています。


枠の出目では、連対馬で最も多かったのは、5枠、8枠の各10頭、3枠と7枠の各8頭、1枠の7頭、2枠の6頭、6枠の5頭、4枠の4頭となっていました。
3着馬では、6枠の6頭が最も多く、続いて5枠の5頭、8枠の4頭、1枠と2枠と3枠と7枠の各3頭、4枠の2頭となっています。


以上ですが、昨年と同じ文章になりますが、少頭数(10頭)ですがやはり難解なレースですね。
ただ、昨年まで何回も書いていますけれど、傾向として、89年以降で、「9番人気-5番人気-7番人気」の順で決まった89年、「5番人気-4番人気-7番人気」の順で決まった00年、「13番人気-12番人気-5番人気」の順で決まった10年の計3年以外の3着以内には、少なくとも1頭、1番人気から3番人気の上位人気の馬が入っていました。
まずは、この上位人気の3頭からまず1頭選ぶのがセオリーのようです。
でも、先に挙げました89年、00年、10年のように、上位人気3頭の中から1頭も3着以内に入らないことももちろん考えられますので、セオリーにこだわらずにまずはこの、上位人気3頭の馬が入るのか入らないのかの2者択一から検討していこうと思っています。
その上で、今年も上記のデータと照らし合わせながら丁寧に検討して、本命馬を決めていきたいと思います。


タグ:中山記念
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第62回 阪急杯のデータ [競馬データ]

1400m芝に施行が変わった06年以降、昨年17年までの12年間、連対馬24頭(07年は1着同着)、3着馬12頭からです。


まず当日の人気ですが、
06年では「11番人気-3番人気-1番人気」
07年では「3番人気-4番人気(1着同着)-2番人気
08年では「3番人気-1番人気-6番人気」

09年では「7番人気-3番人気-2番人気」
10年では「2番人気-5番人気-7番人気」
11年では「4番人気-1番人気-5番人気」
12年では「4番人気-3番人気-1番人気」
13年では「1番人気-2番人気-11番人気」
14年では「2番人気-8番人気-5番人気」
15年では「2番人気-4番人気-9番人気」
16年では「1番人気-4番人気-5番人気」
17年では「7番人気-4番人気-12番人気」
という順番で決着しました。

こう見てみますと、12年中5年で3番人気が連に絡んでいて、あと残りの7年(10年、11年、13年、14年、15年、16年)の3番人気はそのうち6年が4着、あと1年が5着となっていました。
最後の最後まで、3番人気辺りは微妙に変動しますので、あらかじめ3番人気を特定するのは難しいのですが、こだわることができるのなら、締め切り時間ぎりぎりまで人気を見極めてから3番人気を特定し、その上で結論を出していきたいものです。
また12年中、昨年17年を除いて上位1番人気から5番人気の中から少なくとも2頭が3着以上に入っていました。
その1番人気から5番人気(20頭)の中の単勝オッズですが、10年の5番人気2着馬(16.3倍)、12年の4番人気1着馬(10.2倍)、14年の5番人気3着馬(11.9倍)、17年の4番人気2着馬(16.1倍)の4頭を除いて他は(16頭)単勝オッズは一桁となっています。


次に臨戦過程ですが、12年間の連対馬24頭と3着馬12頭のそれぞれの近走を見てみますと、
08年の3着時と09年の2着時のローブデコルテ
09年1着のビービーガルダン
10年2着のワンカラット
10年3着時、11年1着時、14年2着時のサンカルロ
11年2着のガルボ
13年2着のマジンプロスパー
13年3着のオリービン
14年3着のレッドオーヴァル
15年1着のダイワマッジョーレ
16年1着のミッキーアイル
16年2着のオメガヴェンデッタ
17年2着のヒルノディバロー
17年3着のナガラオリオン
ののべ16頭を除く、計36頭中20頭は近3走で「1着」を少なくとも1回は経験していました。
少なくとも、1頭はその経験馬が3着以内に入っていることになります。(06年、07年、12年は3頭とも、08年、09年、11年、14年、15年は2頭、10年、13年、16年、17年はは1頭)

そのローブデコルテですが、5走前にG1のオークスで勝っていました。
またビービーガルダンは前々走のG1のスプリンターズSで3着、ワンカラットは前年の桜花賞で4着となっていました。
あとサンカルロは、このレースで初めて3着になるまでは、一応G1を走っていたものの目立つ成績は収めてはいませんでしたが、前走の阪神Cでは2着となっていました。
そしてその後G1のスプリンターズSで3着になり、そしてその後この阪急杯を再び走って1着となりました。
また、その後、その翌年(13年)の阪急杯では4着、そして前走の阪神Cでも4着で、またその翌年(昨年14年)の阪急杯で3着となり、三度3着以内に入りました。
ガルボもそれまでG1を走っていたものの目立った活躍はしていませんでしたが、前走の京都金杯では2着となっています。
マジンプロスパーは前年の阪急杯での勝ち馬、オリービンは、4走前にこの阪神のマイルのオープン特別で勝っていました。
レッドオーヴァルは、その前年の桜花賞で2着となっていました。
ダイワマッジョーレは、前走同じ阪神1400m芝の重賞阪神Cで3着でした。
ミッキーアイルは、前年の阪急杯で2着でした。
オメガヴェンデッタは、1400m芝での成績が1勝、3着3回、6着1回(京都)とこの距離の巧者でした。
ヒルノディバローは、元々ダートの条件戦ですべて4着以上というダート巧者でしたが、芝に変わってからは一転成績は振るわなくなりました。
ただ、確実な脚は持っていて、着順の割には結構勝ち馬との着差は1秒以内に収まっていました。
ナガラオリオンは、前走まですべてダートで、このレースが初芝でした。
その前走まで同じ距離の1400mダートを24走も走っていて、そのうち3着以上は半分の12レースで記録していました。(1着4回、2着2回、3着6回)
この馬も確実な脚を持っていて、人気薄(12番人気)でしたが展開で嵌ったものと思われます。

ちなみに今回の登録馬18頭で、近3走で「1着」を経験しているのは、アポロシンザン、コロマンデル(ただしダート戦)、ダイアナヘイロー、ニシノラッシュ、ペイシャフェリシタ、ミッキーラブソング、モズアスコット、ユキノアイオロス、レッドファルクスの9頭となっています。
そのうち、レッドファルクスの1着は、G1のスプリンターズS、アポロシンザンとモズアスコットは、近3走の内1400m芝で2回1着となっています。
また、近3走で1着を経験していない残りの登録馬の中で、上記に該当しそうな馬を挙げていきますと、まずヒルノディバローが前年の阪急杯2着馬、ディバインコードが1400m芝5戦1着2回2着1回3着2回とこの距離巧者、コロマンデルが芝2走目で、その他はすべてダート戦ですが、そのうち1400mダートを15回走って13回3着以上を記録(1着、2着各5回、3着3回)、モーニンも芝2走目で他はすべてダート戦ですが、その芝がこの阪急杯と同じの阪神Cで6着、この4頭辺りでしょうか。


毛色は、
1着馬では鹿毛が7頭、栗毛と青鹿毛と黒鹿毛(1着同着1頭含む)が各2頭
2着馬では黒鹿毛が4頭、鹿毛が3頭、栗毛が2頭、青鹿毛、青毛が各1頭
3着馬では鹿毛が5頭、栗毛が3頭、黒鹿毛が2頭、芦毛、青毛が各1頭となっていました。


血統で目立つところでは、06年から08年の3年間ではサンデーサイレンス産駒が毎年3着以上に1頭入り、そして別に父あるいは母の父(BMS)がミスタープロスペクター系だった馬が毎年3着以上に1頭入っていました。
しかし、09年ではそのサンデーサイレンス産駒もまたその孫も3着以内に入らず、またミスタープロスペクター系絡みの馬も入りませんでした。
代わりに、連対馬は両方とも父がノーザンダンサー系の馬が入り、3着馬も、父はヘイルトゥリーズン系のタイキシャトルでしたがBMSはノーザンダンサー系となっていました。
そして、10年も同じくサンデーサイレンス産駒もまたその孫も3着以内に入らず、ミスタープロスペクター系のみ3着馬のBMSとして入っていました。
また、その連対馬2頭の父は、09年同様両方共ノーザンダンサー系でした。
11年は、2年間絡まなかったサンデーサイレンス系産駒がまた戻って来ました。
1着はヘイルトゥリーズン系のシンボリクリスエス産駒でしたが、2着、3着は共に、それぞれサンデーサイレンス系のマンハッタンカフェ産駒、デユランダル産駒となっていました。
しかし12年はサンデーサイレンス系産駒がまた入らず、代わりにBMSがミスタープロスペクター系の馬が2着、3着に入りました。
13年は、1着にミスタープロスペクター系、3着にサンデーサイレンス系が入りました。(2着はナスルーラ系のグレイソブリン系)

14年は、1着と3着にサンデーサイレンス系が入り、2着には同じヘイルトゥリーズン系のシンボリクリスエスがはいりました。
15年は、1着、2着がサンデーサイレンス系、3着がミスタープロスペクター系が入りました。
16年も、1着、2着がサンデーサイレンス系、3着はノーザンダンサー系でした。
17年は、1着がミスタープロスペクター系、2着、3着がサンデーサイレンス系でした。
こうなると、血統的なところは一貫性がないように思われますが、13年以降昨年までの5年連続少なくとも1頭3着以内にサンデーサイレンス系産駒が入り、そのうち13年以外は2頭ずつとなっています。
結局、06年以降サンデーサイレンス系産駒が3着以内に1頭も入らなった年は、09年、10年、12年の3年となっています。

ただ、3着以内に入ったサンデーサイレンス系産駒計14頭のうち、13年の11番人気3着のオリービン、17年12番人気3着のナガラオリオンを除く12頭の人気は5番人気以上の上位人気で(1番人気4頭、2番人気3頭、4番人気3頭、5番人気2頭)、単勝オッズも、そのオリービン、ナガラオリオンと14年5番人気3着のレッドオーヴァル、17年4番人気2着のヒルノディバローを除く10頭は一桁となっていました

また、13年までサンデーサイレンス系産駒の1着馬は出ていませんでしたが、14年初めてその系統のダイワメジャー産駒のコパノリチャードが1着となり、続く15年も同じくダイワーメジャー産駒のダイワマッジョーレが1着、さらに16年では、ディープインパクト産駒のミッキーアイルが1着となり、この3年連続サンデーサイレンス系が勝っています(1着3頭、2着2頭、3着4頭)
翌昨年17年はミスタープロスぺクター系が1着となって4年連続はなりませんでした。

ノーザンダンサー系絡みの馬についてもまとめてみますと、06年は3頭中2頭、07年は3頭中1頭、08年は3頭中2頭、09年は3頭中3頭、10年は3頭中2頭、11年は3頭中1頭、12年は3頭中1頭、13年は3頭中2頭が絡んでいました。
しかし翌14年は初めて1頭も絡みませんでした。(最高位4着)
続く15年は3頭中2頭絡み、16年は3頭中1頭絡んでいます。
昨年17年は14年に続いて2回目の絡まなかった年となりました。(最高位4着)

ちなみに、今回の登録馬18頭でノーザンダンサー系絡みの馬は、カラクレナイ、ダイアナヘイロー、ペイシャフェリシタ、ムーンクレスト、モーニン、モズアスコットの6頭となっています。
また、今回の登録馬で、サンデーサイレンス系産駒は、コスモドーム、シュウジ、ディバインコード、ヒルノディバロー、ペイシャフェリシタ、マイネルバールマン、ユキノアイオロスの7頭となっています。



年齢では、
06年では「7歳-4歳-6歳」
07年では「8歳-5歳-5歳」
08年では「4歳-6歳-4歳」
09年では「5歳-5歳-4歳」
10年では「5歳-4歳-4歳」
11年では「5歳-4歳-4歳」
12年では「5歳-5歳-6歳」
13年では「5歳-6歳-4歳」
14年では「4歳-8歳-4歳」
15年では「6歳-4歳-5歳」
16年では「5歳-5歳-4歳」
17年では「7歳-6歳-8歳」

の順番という組み合わせでした。
07年、12年、17年以外の9年で4歳馬が少なくとも1頭3着以内に入っていました。
ただし12年と17年の4歳馬の出走数は、毎年3頭以上の4歳馬の出走があった中、1頭(それぞれ11番人気16着、1番人気8着)のみとなっていました。(07年の4歳馬は3頭の出走で最高位は4着)

ちなみに、今回の登録馬で4歳馬は、カラクレナイ、タイムトリップ、ディバインコード、マイネルバールマン、モズアスコットの5頭となっています。

参考までに、12月に行われる3歳以上の同じ施行の重賞阪神カップでは、
06年では「3歳-7歳-3歳」
07年では「5歳-6歳-4歳」
08年では「4歳-5歳-3歳」
09年では「6歳-6歳-3歳」
10年では「7歳-4歳-6歳」
11年では「5歳-3歳-4歳」
12年では「6歳-5歳-3歳」
13年では「5歳-6歳-4歳」
14年では「6歳-4歳-5歳」
15年では「4歳-5歳-4歳」
16年では「3歳-5歳-7歳」
17年では「6歳―7歳-3歳」

となっています。


枠の出目では、「5枠-7枠-6枠」で決まった最初の06年の翌年以降は内枠の活躍が目立っています。
その内枠の活躍が目立っていた07年以降では、連対馬は、1枠が6頭、2枠が6頭、3枠が3頭、4枠が1頭、6枠が2頭、7枠が3頭、8枠が1頭となっています。
ただし、連対馬では、07年から15年までは少なくとも1頭、1枠から3枠までの馬が連対していましたが、翌16年は、「7枠-6枠」(3着馬は2枠)で決まっています。
昨年17年は、「2枠-4枠」とまた内枠が絡んでいます。

3着馬は、1枠が1頭、2枠が5頭、3枠が3頭、4枠が1頭、5枠、6枠、7枠がなくて、8枠が2頭となっています。
12年と17年(どちらも8枠)を除けば、あとはすべて内枠となっていました。
ちなみに、その内枠をはずした12年と17年の4着はどちらも3枠でした。


以上ですが、今年もまずは内枠の馬からの検討ということになりますね。
そして、今年も「3番人気」の馬の追及をしたいところですが、いつものように早めに結論を出さなければなりませんので、ある程度予想しながら検討していかなければなりません。
難しいところですね。
また血統面では、14年と17年以外少なくとも1頭3着以内に入っているノーザンダンサー系絡みの馬の取捨選択ですね。
今年は登録馬で6頭ですが、上位人気が予想される有力馬も含まれていますので、これも難解ですね。
そして、サンデーサイレンス系産駒の取捨選択も難しいところです。

と、今年も昨年までとほぼ同じ文章になりましたが、いろいろ悩むことが多そうな阪急杯となりそうです。
とにかく、勘をひらめかせながら、今年も1頭1頭丁寧に検討していこうと思います。

タグ:阪急杯
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第52回 小倉大賞典のデータ [競馬データ]

小倉競馬場全面リニューアルの2000年以降、10年の中京競馬場開催を除く17年間、連対馬34頭、3着馬17頭からです。
ただし、開催日の日程ですが、13年にそれまでより2週間遅くなり、さらに14年はさらに1週間遅くなっています。


まず連対馬の当日の人気の組み合わせですが、順に「2-3」「2-7」「13-2」「11-3」「3-7」「1-4」「11-1」「10-2」「6-1」「7-1」「6-9」「5-10」「6-2」「1-8」「3-6」「2-6」「4-8」となっていて、11年、12年、17年の3年を除く14年間では、少なくとも片方は1番人気、2番人気、3番人気の上位人気いずれかの馬が、両方か(1年)片方か(13年)で連対していました。
その11年、12年の3着馬ですが、いずれも偶然のようにクビ差で1番人気の馬が入っていました。
しかし、昨年17年の3着馬は5番人気で、初めて3着以内に3番人気以上の上位人気の馬が入らなかった年となりました。

その17年を例外とすれば、
とりあえず、軸馬は1番人気、2番人気、3番人気のいずれかの馬から選ぶのがセオリーのようです。
またその反面荒れる要素も高く、17年中9年の1着馬の単勝オッズは二桁で、そのうち4年は人気も2桁人気となっていました。
3着馬の人気も見てみますと、1番人気が4頭、2番人気が1頭、3番人気が2頭、4番人気が1頭、5番人気が5頭、6番人気が1頭、7番人気が2頭、11番人気が1頭となっていました。
しかしながら、その3着馬の単勝オッズも見てみますと、17年中二桁オッズとなっていたのは6年で、そのうち一番高かったのが15年の19.0倍(11番人気)となっていて、連対馬に比べると上位人気の馬が中心となっています。


年齢は、連対馬では5歳が9頭、6歳が8頭、4歳が7頭、7歳が6頭となっていて、4歳から7歳まで拮抗しています。
あと残りは、8歳が2頭、9歳、10歳が各1頭と、高齢馬もがんばっている年もありました。

その7歳も含め、8歳、9歳、10歳までの高齢馬の内訳ですが、
06年7歳馬が1着(メジロマイヤー)11番人気
07年9歳馬が1着(アサカディフィート)10番人気
08年10歳馬が1着(アサカデフィート)6番人気
11年7歳馬が1着(サンライズベガ)6番人気
11年7歳馬が2着(バトルバニヤン)9番人気
12年7歳馬が1着(エーシンジーライン)5番人気
12年7歳馬が2着(スマートギア)10番人気
15年7歳馬が2着(コスモサンパーク)6番人気
16年8歳馬が2着(ダコール)6番人気
17年8歳馬が2着(ヒストリカル)8番人気
となっていて、06年から08年の3年と11年、12年の2年、そして15年、16年、17年で連対と、06年以降ここ11年(中京開催の10年を除く)中、09年、13年、14年を除いた8年で連対していたことになります。


3着馬の年齢は5歳馬が6頭、6歳馬が5頭、4歳馬と7歳馬が各3頭となっています。
その7歳馬3頭が3着に入った年は、
00年(ドラゴンライト)7番人気
06年(メイショウカイドウ)2番人気
15年(ダコール)11番人気
となっています。


毛色ですが、連対馬では栗毛が12頭と最も多いのが特徴で、次に黒鹿毛が11頭、鹿毛が9頭、青鹿毛が2頭となっていました。
ただ、勝ち馬だけを見てみますと、黒鹿毛が7頭と最も多く、続いて鹿毛が6頭、栗毛が3頭、青鹿毛が1頭となっていました。
つまり、2着馬が17頭中9頭、栗毛馬で占められていたことになります。
3着馬の毛色では、逆に鹿毛が17頭中9頭と多く、栗毛が5頭、黒鹿毛が2頭、芦毛が1頭となっていました。
今回の出走馬で、栗毛馬は、タイセイサミット、ダッシングブレイズ、ダノンメジャー、ヒットザターゲットの4頭となっています。


枠番の出目ですが、連対馬では、1枠と2枠が各6頭、3枠が5頭、4枠と6枠と8枠が各4頭、7枠が3頭、5枠が2頭となっていました。
3着馬では、6枠が5頭、1枠と4枠が各3頭、2枠と3枠と7枠が各2頭、5枠と8枠がなしとなっています。


以上ですが、上記で書きましたけれど、昨年17年を除けば、基本的には、1番人気、2番人気、3番人気の3頭の中から1頭を軸に選んで、そこから4番人気以下の下位人気の馬に馬連、またはワイドで流すのがセオリーのようですね。
また、
過去から見て、3連複の2頭軸で勝負するのであれば、同じく1番人気から6番人気の6頭の中から2頭選んであと1頭を7番人気以下に流すか(これが17年中15年)、その6番人気以内から3頭選ぶか(17年中1年)、1番人気から4番人気の中から3頭選ぶか(17年中1年)のいずれかになっています。
あくまで昨年までの傾向が今年も続けばという条件は付きますが、16年中14年も占めるのであれば前者の方をやっぱり選択してしまいますね。
ただ、これはかなり難解かと思います。
それと、毛色について上記で「2着馬で栗毛馬が17頭中9頭」と書いたとおり、この栗毛馬には今年も特に注意が必要のようですね。
ともかく、上記のデータを丁寧に検討をしながら、まずは本命馬を決めていこうと思います。

タグ:小倉大賞典
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第68回 ダイヤモンドステークスのデータ [競馬データ]

施行が2月に変更になった97年以降、03年の中山競馬場開催を除く20年、連対馬40頭、3着馬20頭からです。
04年から3200mから3400mに変更になっていますが、臨戦過程など影響がないように思われますので昨年までと同様そのままでいきます。
また、11年からはそれまでより1週施行が遅くなっています。


最初に今年も馬体重のデータから始めます。
まず、06年までは一度も500kg以上の馬が連対したことがなかったレースでした。
特に、毎年取り上げていることですが、04年では、出走馬11頭中上位3着までが500kg以下、4着以下はすべて500kg以上の馬という面白い結果が出ていたほど、500kg以上の馬体重の馬に縁のないレースでした。
しかし07年に、2着に初めて当日馬体重500kg(前走498kg)の6番人気エリモエクスパイアが入ってからはそれまでと傾向が変わりました。
続く08年も、2着に当日516kg(前走も同じ)の2番人気コンラッドが入りました。
さらに09年には、1着の2番人気モンテクリスエスが当日536kg(前日530kg)、2着の12番人気ブレーヴハートが当日522kg(前日520kg)と、2頭ともそれまでの馬体重の最高馬体重の記録を更新してしまいました。
結局、06年まで1頭も連対していなかった当日馬体重が500kgを越えた馬が、07年以降の3年間で連対馬6頭中4頭も占めたことになります。
ところが、続く10年は1着馬2着馬共に484kgと、06年以前に戻った感がいたしました。
しかしながら、その3着馬ドリームフライトは当日の馬体重504kg(前走506kg)で、一応前年までの傾向を違う形で引き継いだことになりました。
実に、馬体重500kg以上の馬が3着に入ったのはこれが初めてでした
そして続く
11年の上位3頭は、「466kg-516kg-444kg」
12年の上位3頭も、「506kg-492kg-540kg」
13年の上位3頭も、「480kg-484kg-532kg」
14年の上位3頭も、「452kg-494kg-508kg」
という順番で、07年以降8年連続で毎年500kgを超える馬が少なくとも1頭が3着以内に入った記録が続いたことになりました。
やはり、07年以降、それまでの傾向から変わってしまったのでしょうか。
しかし翌15年は、5頭出走して528kgのネオブラックダイヤの5着が最高位と、06年以来9年ぶりに馬体重500kg以上の馬が3着以内に入らなかった年となりました。
そして続く16年も500kg以上の馬は16頭中5頭が出走しましたが、最高位は13番人気のマイネルメダリスト(504kg)の5着でした。
よって、
15年は、「456kg-488kg-474kg」
16年も、「468kg-470kg-486kg」
ということで、この2年連続、500kg以下の馬で上位3頭で占められることになりあmした。
そして昨年17年は、同じく500kg以上の馬は14頭中5頭出走し、
「478kg-476kg-516kg」という順番で、
3着に、512kgの2番人気のカフジプリンスが入り、3着以内に1頭500kg以上の馬が入りました。

一応ここで、その500kg以上の馬体重の傾向をまとめたデータを今年も載せておきます。
昨年までの該当する20年間(中山開催を除く)で、当日馬体重500kg以上で出走したのは全部で85頭いました。
その中で3着以上の上位となったのは、上記で挙げました07年から14年まで8年間での、エリモエクスパイア、コンラッド、モンテクリスエス、ブレーヴハート、ドリームフライト、コスモヘレノス、ケイアイドウゾジン、スマートロビン、メイショウカドマツ、タニノエポレットの10頭に17年のカフジプリンスをプラスして、計11頭ということになります。
この11頭の中で、前走も500kg以上だったのは、エリモエクスパイア(前走498kg)以外の10頭となっています。
また、11頭の中で、ブレーヴハート、ケイアイドウソジン、メイショウカドマツ、カフジプリンスの4頭を除く7頭の血統ですが、ノーザンダンサー系が父かBMS(母の父)のどちらかで絡んでいました。
また、500kgの一歩手前の馬体重490kg台もあげておきますと、連対馬は6頭(98年1着、02年2着、05年1着、06年2着、12年2着、14年2着)、3着馬は1頭(08年)入っているのみとなっていました。
どちらにせよ、一部の例外を除けば、基本的に大型馬が有利なレースとは言えないものとなっています。
ちなみに、除いた2003年の中山開催では、1着から3着の上位3頭はすべて500kgを超える馬となっていました。
このあたり、長距離戦はスタミナ勝負だと思いますので、やはり馬体重の重い馬の方が有利だと思うのが常識のような気がいたします。
そういう意味では、中山でのこの結果は順当だと思うのですが、東京ではどうもそうではないようですね。
ただ、07年以降あたりから重い馬が上位3着以内に絡みだしたのは、もしかしたら、東京競馬場の改修に関係があるのかも知れません。

さて、当日500kgを超える出走馬ですが、はっきりわかるのはやはり発走1時間ちょっと前ですので、予想する段階では推測で考えなければなりません。
ちなみに、今回の登録馬18頭で前走馬体重500kg以上の馬は、グランアルマダ(530kg)、デビルズハーツ(506kg)、プレストウィック(530kg)、ヤマカツライデン(538kg)、リッチーリッチー(512kg)、レジェンドセラー(542kg)の6頭となっています。

この6頭の中で、ノーザンダンサー系絡みとなっているのは、デビルズハーツ、プレストウィック、リッチーリッチーの3頭となっています。
また、前走馬体重490kg台の出走馬ですがソールインパクト(494kg)、トウシンモンステラ(490kg)、ハッピーモーメント(492kg)、ホウオウドリーム(498kg)、ラブラドライト(496kg)の5頭となっていて、そのうち、ホウオウドリームのBMSがノーザンダンサー系となっています。

逆に言えば、馬体重500kg以上の馬が上位に絡み出した07年以降昨年までの11年間の上位3着以内の計33頭のうち、500kg以上は11頭、490kg台は3頭でしたので、490kg未満だった馬は19頭となります。
このあたりも含めて、当日(予想の範囲となりますが)の馬体重からの取捨選択には今年もかなり悩むことになりそうです。


次に、ハンデ戦なのでその傾向を見てみますと、一番連対が多かった重量は55kgの7頭で、続いて53kgの6頭となっています。
あと、54kgと56kgが各5頭、51kgと57kgが各3頭、そして、50kg、52kg、57.5kg、58kg、58.5kgが各2頭なっていました。
3着馬では54kgが6頭、55kgが5頭とトップを争っていて、続いて、50kg、52kg、57.5kgが各2頭、51kg、53kg、56kgが各1頭となっています。
つまり、連対馬40頭中18頭、3着馬20頭中11頭が54kg以下の重量ということになります。

ハンデ頭ですが、97年から順に、9着、13着、13着、3着(57.5kg)、8着、2着(57.5kg)、1着(56kg)、9着、3着(57.5kg)、5着、13着、1着(57.5kg)、7着、9着、12着、5着、12着、10着、14着、2着(58.5kg)、2着(56kg)、1着(58kg)、2着(58.5kg)、1着(58kg)となっていて、24頭中8頭が連対、2頭が3着という結果となっています。
今回の登録馬のハンデ頭は、58.5kgを背負う、昨年まで4年連続出走で、1着、1着、2着、6着としているフェイムゲームとなっています。


臨戦過程ですが、前走及び前々走で両方か片方で連対していた馬は、連対馬40頭中26頭いました。
今回の登録馬では、ソールインパクト、ダウンザライン、ネイチャーレット、フェイムゲーム、ホウオウドリーム、リッジマン、レジェンドセラーの7頭が該当します。
残りの前走または前々走で連対していなかった残り14頭のうち半分の7頭は、ハンデでの重量がそれぞれ、50kg、52kg、54kg、50kg、53kg、53kg、54kgとすべて54kg以下と軽ハンデとなっていました。
今回の登録馬18頭でこれに該当するのは、グランアルマダ(54kg)、サイモントルナーレ(48kg)、デビルズハーツ(53kg)、トウシンモンステラ(53kg)、トレジャーマップ(50kg)、ハッピーモーメント(54kg)、フレンドスイート(48kg)、ラブラドライト(53kg)リッチーリッリー(54kg)の9頭となっています。
また、その前走または前々走で連対していなかった14頭の中の5頭は、前走か前々走で3000m芝の万葉Sを走っていました。(2番人気6着、8番人気6着、3番人気3着、6番人気4着、1番人気5着)
今回、前走、前々走共に連対がなく前走万葉Sに出走していた登録馬は、グランアルマダ(5番人気5着)、サイモントルナーレ(9番人気9着)、トウシンモンステラ(6番人気7着)、ラブラドライト(4番人気8着)の4頭となっています。
あと、前走万葉S以外の9頭は、00年1着のユーセイトップラン、05年2着のハイフレンドトライ、06年2着のメジロトンキニーズ、07年2着のエリモエクスパイア、12年1着のケイアイドウソジン、13年1着のアドマイヤラクティ、14年1着のフェイムゲーム、14年2着のセイクリッドバレー、16年2着のフェイムゲームで、そのうち、ユーセイトップラン(前走新春日経杯13着)とハイフレンドトライ(前走準オープン6着)、ケイアイドウゾジン(前走オープン特別ダート戦14着)、16年2着のフェイムゲーム(前走オーストラリアのメルボルンC13着)の4頭を除く5頭の前走は掲示板に載っていました。(3着3頭、4着2頭)

その4頭のうち、ユーセイトップランは、その2年前のこのレースの勝ち馬でしたし、フェイムゲームはその1年前と2年前の勝ち馬、ハイフレンドトライは前々走で万葉Sを走っていました。
あと、12年の1着馬ケイアイドウソジンに関しては、ノーマークの楽な手応えの逃げを打つことができての逃げ粘り勝ちで、やはり展開に助けられた部分が大きかったと思われます。
ただ、それまで東京8戦3勝(4着以下5回)でしたので潜在的に結果として東京巧者的だったと思います。
今回の登録馬で、前走、前々走共に連対がなく、かつ前走万葉S以外で掲示板に載っていたのは、プレストウィック(前走ステイヤーズS3着)、ヤマカツライデン(前走函館記念3着)の2頭となっています。


次に臨戦過程での前走及び前々走のレースに関してですが、その中で注目せねばならないのは、「万葉ステークス」組でしょう。
該当期間の過去20年、上位1着から3着馬まで計60頭で見てみますと、その万葉S組が1頭も出走しなかった00年と12年、13年、15年(この3年はそれぞれ4頭が出走)を除く14年で、少なくとも1頭は必ず入っていました。(そのうち97年、98年、99年、02年、05年の5年では2頭入っていました)
結局全部で60頭中21頭(前走が17頭、前々走が4頭)が3着以内に入ったことになります。
その3着以内に入った万葉S組21頭の、それぞれの万葉S時の着順は、1着が7頭、2着が4頭、3着が4頭、4着が1頭、5着が1頭、6着が3頭、7着が1頭となっています。
今回の登録馬で、前走もしくは前々走で万葉Sを走っていたのは、リッジマン(前走2着)、グランアルマダ(前走5着)、トウシンモンステラ(前走7着)、ラブラドライト(前走8着)、サイモントルナーレ(前走9着)の5頭となっています。

もう一つ注目せねばならないのは前走条件組でしょう。
1着馬から3着馬の上位では、60頭中全部で18頭(準オープン特別13頭、1000万下(900万下)特別5頭)となっています。
その前走の施行距離ですが、2200mの2頭を除けば、残る16頭は2400mか2500mのレースとなっていました。
今回の登録馬では、前走芝の条件戦を走った馬は6頭います。
その中の4頭は、2400m芝の準オープン特別、1頭は2200m芝の準オープン特別となっています。

次に年齢ですが、連対馬では4歳と5歳が各12頭と最も多くなっています。
続いて6歳が7頭、7歳が6頭、8歳が2頭、9歳が1頭となっています。
3着馬では、4歳が8頭と最も多く、6歳が5頭、5歳が4頭、7歳が2頭、8歳が1頭となっています。
今回の登録馬で、4歳馬はダウンザライン、ホウオウドリーム、レジェンドセラーの3頭、5歳馬はネイチャーレット、リッジマン、リッチーリッチーの3頭となっています。


毛色ですが、連対馬では鹿毛が17頭と最も多く、あと栗毛が10頭、黒鹿毛が7頭、青鹿毛が4頭、芦毛、青毛が各1頭となっていました。
3着馬では、鹿毛が10頭、栗毛が6頭、栃栗が2頭、芦毛、黒鹿毛が各1頭となっています。


父の血統は、連対馬ではヘイルトゥリーズン系が21頭、ナスルーラー系とミスタープロスペクター系が各6頭、ノーザンダンサー系が5頭、マンノウオー系、トゥルビョン系が各1頭となっていました。
3着馬では、ヘイリトゥリーズン系が10頭、ノーザンダンサー系が6頭、ナスルーラー系が2頭、ミスタープロスペクター系とサッカーボーイが各1頭となっています。


それから牝馬ですが、全部で13頭出走し、過去から順に、10着、12着、7着、2着(メジロトンキニーズ)、6着、6着、10着、15着、7着、10着、12着、12着、11着となっていて1頭のみ2着と掲示板に載っていました。

今年の牝馬の出走馬ですが、フレンドスイート1頭となっています。


あともう一つ、配当面ですが、東京3400m芝となった04年以降3連複の配当は、04年、11年、13年、14年、15年、17年を除いた14年中8年は、万馬券となっています。
また、3連単が始まった05年以降3連単の配当は、06年、11年、13年、14年、15年、16年、17年を除いた15年中8年は、10万を超える配当となっています。


以上ですが、昨年までも書きましたけれど、結構荒れる可能性のあるレースですので、今年も予想も難しいですね。
特に過去14年で、04年、06年、11年、13年、14年、15年、16年、17年を除く半分の7年で、3着以内に二桁人気の馬が1頭入っていますので、この二桁人気の馬にも注意が必要かと思います。
ただ、除いた年を見てもわかる通り、ここ5年、思ったほど荒れていませんので、傾向も変わってきているのかも知れません。
しかし、16年には5着、17年には4着に二桁人気の馬が来ていますので、とりあえず今年は、入るか入らないかの二者択一をまずはしなければならないようですね。
ともかくも、今年も馬体重など上記のデータと照らし合わせながら、まずは本命馬から決めていきたいと思います。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第53回 京都牝馬ステークスのデータ [競馬データ]

一昨年の16年から距離1600mから1400mに短縮、さらに日程もそれまでより1ヶ月遅れの開催になりました。
とりあえず昨年までと同様、まずは95年以降、1600mだった15年までの21年、連対馬43頭(06年の2着同着の2頭を含む)、3着馬20頭のデータを挙げ、それからここ2年間の1400m芝で行われた結果を載せていきたいと思います。



まず前走ですが、一昨年までのこのレースと同じ距離の1600m芝を走った馬は連対馬43頭中22頭いました。
そのうち16頭が掲示板に載り11頭が連対していました。
ちなみに、16年に1400m芝で初めて行われた京都牝馬ステークスでは、出走馬の中で前走1600m芝を走って連対していたのは2頭のみでしたが、その2頭はそれぞれ6番人気2着、3番人気3着となっています。
また、続く昨年17年では、前走1600m芝を走って連対していたのは、レッツゴードンキ(前走オープン特別2着)の
1頭でしたが、1番人気1着で勝っています。
今回の登録馬で前走1600m芝を走って連対していたのは、エンジェルフェイス(前走準オープン9番人気1着)、デアレガーロ(前走準オープン5番人気1着)、ミスパンテール(前走ターコイズS(G3)5番人気1着)の3頭となっています。

あと前走1600m芝を走って3着~5着だった登録馬は今回はいません。

あと、過去に前走1600m芝を走って掲示板に載らなかった残りの6頭ですが、すべて過去に重賞で連対経験を持っていて、そのうち4頭は勝っていました。
今回前走1600m芝を走って掲示板に載らなかった登録馬はサザナミ1頭ですが、過去に重賞で連対していた経験はありません。

次に前走1600m芝以外の残りの21頭ですが、その前走の着順は順に、4着、9着、4着、2着、1着、4着、14着、3着、1着、7着、3着、2着、7着、4着、1着、3着、1着、1着、1着、13着、5着となっていて、21頭中16頭は5着以上でした。
あと前走1600m芝以外を走って前走掲示板をはずした5頭は、前走札幌記念8番人気9着のショウリノメガミ(96年5番人気1着)、前走ジャパンC10番人気14着のスティンガー(00年1番人気1着)、前走海外の香港C7着のディアデラノビア(07年1番人気1着)、前走愛知杯2番人気7着のレインダンス(09年7番人気2着)、そして前走中山金杯17番人気13着のケイアイエレガント(15年9番人気1着)で、その5頭の前走はすべて重賞でした。
ちなみに、前走1600m芝ではなかった上位馬ですが、16年1着だったクイーンズリングの前走は、2200m芝のエリザベス女王杯で5番人気8着、17年2着だったワンスインナムーンの前走は、1200m芝の準オープン特別1番人気1着となっていました。

3着馬では、前走1600m芝を走っていたのは20頭中11頭とこちらも連対馬同様多く、そのうち8頭が掲示板に載り6頭が連対していました。
あと前走が1600m芝以外だった残り9頭ですが、2000m芝が2頭(3番人気3着、14番人気5着)、1200m芝が2頭(1番人気1着、1番人気6着)、1400m芝が5頭(1番人気1着、9番人気9着、8番人気1着、9番人気3着、1番人気1着)となっていました。
ちなみに、16年の3着馬ウインプリメーラは、上記で挙げたとおり、前走は1600m芝の京都金杯3番人気1着で、17年3着馬だったスナッチマインドの前走は、1400m芝の準オープン特別3番人気1着となっていました。


年齢ですが、連対馬では、4歳が15頭、5歳が18頭、6歳10頭となっていました。
3着馬では、4歳が5頭、5歳が7頭、6歳が6頭、7歳が2頭となっていました。
全体的には4歳馬と5歳馬がしのぎを削っていました。
ちなみに、16年の1着馬~3着馬の年齢は、4歳、5歳、6歳、17年の1着馬~3着馬の年齢は、5歳、4歳、6歳となっていました。


毛色は、連対馬では、鹿毛が19頭、栗毛が12頭、黒鹿毛が5頭、青鹿毛が3頭、芦毛が2頭、栃栗毛、青毛が各1頭となっていました。
3着馬では、鹿毛が11頭、黒鹿毛が4頭、栗毛が3頭、芦毛が2頭となっています。
ちなみに、16年の1着馬~3着馬の毛色は、3頭とも黒鹿毛、17年の1着馬~3着馬の毛色は、栗毛、鹿毛、鹿毛となっていました。


父の血統は、連対馬では、サンデーサイレンス10頭を含むヘイルトゥリーズン系が24頭、ノーザンダンサー系が9頭、ナスルーラ系、ミスタープロスペクター系が各4頭、マンノウォー系、トゥルビョン系が各1頭となっていました。
3着馬では、ヘイルトゥリーズン系が8頭(サンデーサイレンスが3頭、ダンスインザダークがのべ2頭、アドマイヤベガ、アドマイヤボス、スズカマンボが1頭)、ノーザンダンサー系が5頭、ナスルーラ系が4頭、エルバジェ系とアクアク系、ミスタープロスペクター系が各1頭となっていました。
ちなみに、16年の1着馬~3着馬の父の血統は、3頭ともヘイルトゥリーズン系の中のサンデーサイレンス系(マンハッタンカフェ、ハーツクライ、ステイゴールド)、17年の1着馬~3着馬の父の血統は、連対馬2頭共ミスタープロスペクター系(キングカメハメハ、アドマイヤムーン)、3着馬はヘイルトゥリーズン系の中のサンデーサイレンス系(ディープインパクト)となっていました。


それから、枠番の出目ですが、連対馬では、4枠が8頭と最も多く、続いて7枠が7頭、2枠と5枠が各6頭、3枠と6枠が各5頭、6枠が4頭、それから1枠が2頭となっています。
3着馬では、6枠が6頭と最も多く、続いて4枠が4頭、1枠5枠が各3頭、2枠が2頭、3枠と8枠が各1頭で、7枠はなしとなっていました。
ちなみに、16年の1着馬~3着馬の枠番はそれぞれ、「7枠」「5枠」「6枠」、17年の1着馬~3着馬の枠番はそれぞれ、「5枠」「7枠」「3枠」となっていました。


それから、05年以降の重量のデータも合わせて載せておきます。
このレースはハンデ戦ではないものの、下記のとおり、昨年も含めて過去11年で見てみますと、毎年「54kg」の重量の馬が少なくとも1頭、3着以内に入っていたのがわかります。
過去11年の出走馬中、「54kg」の馬の数とその中で3着以内に入った馬のその着順
05年 15頭中4頭  1着、3着
06年 16頭中5頭  2着
07年 16頭中7頭  1着、3着
08年 13頭中6頭  2着
09年 14頭中10頭 2着、3着
10年 15頭中8頭  2着
11年 16頭中3頭  2着
12年 16頭中9頭  2着、3着
13年 14頭中7頭  1着
14年 16頭中6頭  3着
15年 18頭中9頭  2着、3着
16年 18頭中12頭 2着
17年 18頭中13頭 2着、3着


この3着以内に入っていた19頭の前走を見てみますと、1着かあるいは1着をはずした馬でも勝ち馬との着差は「0.5秒以内」となっていました。
ちなみに、13年前の04年は、出走馬10頭中3頭いて3着以内に1頭も入らなかったのですが、その出走馬3頭はいずれも前走の勝ち馬との着差は、「0.6秒」以上でした。
今回の登録馬で、重量「54kg」の馬は、13頭中8頭となっています。
その8頭中、前走が1着あるいは勝ち馬から着差「0.5秒」以内の馬は、エンジェルフェイス、サザナミ、ソルヴェイグ、デアレガーロの4頭となっています。 


以上ですが、今年も上記のデータを一つ一つ丁寧にひも解きながら検討して結論を出していこうと思っています。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第35回 フェブラリーステークスのデータ [競馬データ]

G1になった97年以降、03年の中山競馬場開催を除く20年、連対馬40頭、3着馬20
頭からです。



まず、当日の人気からですが、98年の「6番人気と8番人気」、09年の「6番人気と3番人気」、12年の「7番人気と4番人気」、そして13年の「3番人気と9番人気」の組み合わせで決まった4年以外は、1番人気か2番人気のどちらかもしくは両方(06年と16年)が絡んでいました。
そのうち1番人気は、20年中10年で連に絡み、その単勝オッズは最低で1.3倍、最高で3.5倍でした。
ちなみに、1番人気で連をはずした10頭の単勝オッズですが、最低で1.5倍(12年7着のトランセンド)、最高で5.1倍となっていました。

それから当日の単勝オッズですが、40頭中26頭が一桁台となっていました。
残りの二桁台の14頭は、9頭が10倍台で、あと5頭は20.6倍(09年1着のサクセスブロッケン)、21.5倍(98年2着のメイショウモトナリ)、24.3倍(12年1着のテスタマッタ)、26.3倍(13年2着のエスポワールシチー)、272.1倍(14年1着のコパノリッキー)となっています。

3着馬では、1番人気が3頭、2番人気が4頭、3番人気が2頭、4番人気が3頭と、以上上位人気は20頭中12頭となっていました。
その12頭の単勝オッズは一桁台でした。
残り8頭ですが、人気は6番人気が1頭、7番人気が3頭、9番人気が2頭、10番人気、11番人気が各1頭となっていて、その7頭とも単勝オッズは二桁台で、最低が10.2倍、最高が45.1倍となっていました。


次に血統ですが、連対馬の父では、ヘイルトゥリーズン系が13頭と最も多く連対していました。
そのヘイルトゥリーズン系の内訳は、ゴールドアリュールがのべ6頭、ブライアンズタイムが2頭、あとサンデーサイレンス、タイキシャトル、フジキセキ、シンボリクリスエス、マンハッタンカフェが各1頭となっていました。
続いて、僅差でノーザンダンサー系が11頭連対と続いています。
そのノーザンダンサー系の内訳は、トップサイダー系延べ4頭、ストームバード系も延べ4頭、ニジンスキー系3頭となっていました。
続いてミスタープロスペクター系が7頭、ナスルーラ系が5頭(いずれもボールドルーラ系)、トゥルビョン系、アクアク系、リボー系、アイスカペード系(ワイルドラッシュ)が各1頭となっていました。

3着馬の父の血統では、ミスタープロスペクター系が9頭と最も多く、続いてヘイルトゥリーズン系が5頭(ブライアンズタイムが2頭、サンデーサイレンス、フジキセキ、シンボリクリスエスが各1頭)、あとノーザンダンサー系(ストームバード系)が述べ2頭、テディ系、エルバジェ系、アクアク系、ナスルーラ系(ボールドルーラ系)が各1頭となっていました。

BMS(母の父)では、ナスルーラ系の馬が40頭中11頭連対していました。
特に最初の7年は片方か両方で絡んでいました。
その後6年の連対馬では1頭も絡んでいませんでしたが、11年に1着で7年ぶりに連に絡みました。(3着馬では07年に来ています)
その後半の13年の連対馬26頭のBMSを見てみますと、ヘイルトゥリーズン系とミスタープロスペクター系が各8頭、ノーザンダンサー系が5頭、ナスルーラ系が3頭、アクアク系がのべ2頭となっています。

3着馬のBMSですが、ノーザンダンサー系が7頭、あと、ナスルーラ系、サンデーサイレンス、リボー系、ミスタープロスペクター系が各3頭、アリダー系が1頭となっていました。


年齢は、1着馬では5歳馬が10頭と最も多く、続いて4歳馬が7頭、6歳馬が3頭となっていました。
2着馬では4歳馬が9頭と最も多く、続いて7歳馬が4頭、5歳馬が3頭、6歳馬と8歳馬が各2頭となっています。
3着馬では5歳馬と6歳馬が各7頭と最も多く、7歳馬が4頭、4歳馬が2頭となっていました。


毛色は、1着馬では栗毛が8頭、鹿毛が7頭、黒鹿毛が4頭、青鹿毛が1頭となっていました。
2着馬では鹿毛が11頭と最も多く、続いて栗毛が6頭、黒鹿毛と芦毛と栃栗毛が各1頭となっています。
3着馬では栗毛が7頭、鹿毛が6頭、黒鹿毛が4頭、青鹿毛が3頭となっています。


次に臨戦過程ですが、前走の人気では、まず連対馬では1番人気が16頭、2番人気が5頭、3番人気が12頭、4番人気が5頭と、40頭中38頭が着順とは関係なく、1番人気から4番人気の上位人気でした。
それ以下の人気の2頭は、前走根岸S8番人気1着、前走同じく根岸S5番人気3着となっていました。
またその2頭の前々走の着順は、それぞれ準オープン7番人気1着、東京大賞典4番人気3着となっていました。

3着馬の前走の人気では、1番人気が7頭、2番人気が2頭、3番人気が3頭と、4番人気2頭と、1番人気から4番人気までの上位人気が計14頭で、連対馬に比べて少なくなっています。
残り6頭ですが、5番人気2着、6番人気5着(東京大賞典)、8番人気2着、11番人気1着、5番人気3着(東京大賞典)、9番人気11着(チャンピオンズC)と、2頭を除くといずれも連対していました。

続けて連対馬の前々走の人気も挙げておきますと、連対馬では1番人気が12頭、2番人気は15頭、3番人気が5頭、4番人気が5頭と、40頭中37頭が1番人気から4番人気でした。
あと残り3頭ですが、7番人気1着(準オープン)と10番人気7着(ジャパンカップダート)、11番人気5着(ジャパンカップダート)となっています。

それから3着馬の前々走の人気ですが、20頭中13頭が1番人気から4番人気でした。
あと残りの7頭はここ06年から08年までと11年、12年、そして15年の3着馬で、それぞれ8番人気8着(ジャパンカップダート)、8番人気5着(ジャパンカップダート)、12番人気14着(芝の京都金杯)、10番人気4着(ジャパンカップダート)、5番人気2着(ジャパンカップダート)、5番人気5着(JBクラシック)、11番人気4着(チャンピオンズカップ)となっていました。

ちなみに、今回の登録馬24頭で前走も前々走も1番人気から4番人気の上位人気だった馬は、アウォーディー、ケイティブレーブ、サウンドトゥルー、サンライズノヴァ、テイエムジンソク、レッツゴードンキの6頭となっています。
それから、前々走5番人気以下の人気薄でチャンピオンズC(昨年までのジャパンカップダート)で7着以上だったのは、カフジテイクの1頭となっています。

それから、前走5番人気以下で根岸Sを走って3着以内だったのは、ノンコノユメ(6番人気1着)の1頭となっています。

こう見ますと、今年も、過去の臨戦過程からのデータからでも、出走馬のほとんどが連対あるいは3着になる可能性があることがわかります。


次に、前走のレース別で見てみます。
まず連対馬ですが、前走で多く連対馬を出したレースは地方のG1レース東京大賞典の7頭となっています。
その人気は1番人気、2番人気、3番人気が各2頭、4番人気が1頭となっていました。
今回、前走東京大賞典で4番人気以上の上位人気だった出走馬は、4番人気(7着)のインカンテションの1頭となっています。

続いて前走で多かったのは平安Sと地方の川崎記念の各6頭で、平安Sの前走の着順は、6頭とも掲示板に載っていて、その人気は1番人気1頭、3番人気5頭となっていました。
しかしながら、一昨年から平安Sは1月から施行が変わって5月に変更になりましたので、今回も前走平安Sの馬の出走馬はいません。
それから前走川崎記念の連対馬6頭ですが、そのうち2頭は同一馬(シーキングザダイヤ)で2回とも2着でした。
そしてその前々走は2回とも地方交流重賞で連対していました。
あと4頭のうち1頭は、09年の勝ち馬サクセスブロッケンで前走2番人気3着、前々走は3番人気3着でした。
もう1頭は、10年2着のテスタマッタで、前走は4番人気3着、前々走は3番人気3着となっていました。
もう1頭は、11年2着のフリオーソで、前走は1番人気1着、前々走は2番人気2着となっていました。
そしてもう1頭は、昨年14年2着のホッコータルマエで、前走も前々走も1番人気1着でした。
今回の登録馬で前走川崎記念の馬は、1番人気1着だったケイティブレーブ(前々走東京大賞典1番人気3着)、2番人気5着だったサウンドトゥルー(前々走東京大賞典2番人気2着)、3番人気3着だったアウォーディー(前々走チャンピオンズC4番人気5着)、5番人気7着だったメイショウスミトモの4頭となっています。
過去のデータから見れば、ケイティブレイブは十分圏内に入っています。

次に前走のレースで多かったのは、G1のジャパンカップダートでした。
その前走も前々走も連対していました。
ただし、一昨年からジャパンカップダートはなくなって、代わって競馬場も施行も変わったチャンピオンズCとして生まれ変わっています。
そのチャンピオンズCからは、16年にノンコノユメが3番人気2着からこのフェブラリーで1番人気2着と連対、17年にゴールドドリームが2番人気11着からこのレース2番人気1着と巻き返して勝っています。
両馬とも前々走は武蔵野Sで、それぞれ1着、2着と連対していました。
今回の登録馬では、前走チャンピオンズCで8番人気1着(前々走マイルCS南部杯2番人気5着)だったゴールドドリーム1頭が出走してきています。


続いて前走根岸Sが6頭いました。
その内訳は、そのうち1着が4頭、2着、3着が各1頭でした。
またその前々走ですが、2着、3着が各3頭となっていました。
今回7頭の前走根岸Sだった馬が登録していますが、その中では、1番人気2着だったサンライズノヴァ(前々走2番人気2着)の1頭が該当します。
続いて前走芝のレースだった連対馬が2頭いました。
まず1頭は、98年6番人気で1着となったグルメフロンティアで、前走は中山金杯1番人気1着、前走も愛知杯2番人気2着と好走していました。
それまでのダート経験は、7戦して3勝2着1回と条件戦ではありましたけれど、そこそこ好走していました。
あともう一頭は、02年1番人気で1着となったアグネスデジタルで、前走は海外重賞の香港C(2000m芝)で1着、前々走も天皇賞(秋)で1着となっていました。
それまでのダート経験も、12戦して7勝2着3回3着1回と素晴らしい戦績を収めていました。
今回の登録馬では、前走シルクロードS8番人気15着だったニシケンモノノフ、前走海外の香港スプリント3番人気6着だったレッツゴードンキの2頭が前走芝のレースとして登録しています
ニシケンモノノフは、昨年のこのレース5着、レツゴードンキはダート戦1戦2着1回(川崎レディースクラシック)の実績があります。

それから、前走東海Sだった馬が同じく2頭いました。
いずれも15年の連対馬で、その前走東海Sでの人気着順は、1番人気1着、3番人気3着となっていました。
今回の登録馬では、前走東海Sは4頭の登録があり、そのうち1番人気テイエムジンソク、13番人気2着のコスモカナディアン、6番人気3着のモルトベーネの上位3頭が登録しています。
あと残り2頭は、まず前走ガーネットSの1頭で、こちらも前走1着、前々走も1着でした。

しかし、今回はこれに該当する馬の出走はありません。
もう1頭は、一昨年16番人気と最低人気で勝ったコパノリッキーで、前走は中山のオープン特別で、3番人気9着、前々走は東京のオープン特別で1番人気10着となっていました。


あと、ジャパンCダートとの相関関係はどうなっているのかを挙げておきたいと思います。
フェブラリーSの連対馬で、その前年の秋にジャパンCダートを走っていたのは19頭でした。
その19頭のジャパンCダートでの成績は、順に4番人気1着、1番人気1着、1番人気2着、2番人気7着、1番人気1着、11番人気2着、3番人気5着、2番人気9着、1番人気1着、10番人気7着、1番人気1着、2番人気8着、3番人気6着、1番人気1着、1番人気1着、7番人気12着、11番人気5着、2番人気10着、1番人気3着となっていました。
よく見てみますと、11番人気2着、10番人気7着、7番人気12着、11番人気5着の4頭を除く15頭の人気は4番人気以上の上位人気となっています。
また、上述したとおり、ジャパンCダートに代わったチャンピオンズCで15年、3番人気2着だったノンコノユメが2着、16年、2番人気11着だったゴールドドリームが1着と2頭連対しています。
こう見ますと、チャンピオンズCもジャパンCダートを引き継いでいるように見えます。
今回の登録馬で、前年にジャパンCダートに代わるチャンピオンズCを走っていたのは、8番人気1着のゴールドドリーム、1番人気2着のテイエムジンソク、3番人気4着のケイティドリーム、4番人気5着のアウォーディー、5番人気7着のカフジテイク、11番人気8着のキングズガード、6番人気9着のノンコノユメ、2番人気11着のサウンドトゥルー、13番人気13着のモルトベーネ、15番人気14着のメイショウスミトモ、7番人気15着のロンドンタウンとなっています。

次に3着馬の前走のレースも見ていきますと、地方交流重賞が8頭(1着、3着、5着、1着、1着、3着、2着、2着)と最も多く、続いて根岸Sが5頭(そのうち4頭が連対し、あと1頭は2番人気11着)、それから、ジャパンカップダート(3番人気1着)、シリウスS(8番人気2着)、平安S(4番人気1着)、銀嶺S(1番人気1着)、芝の阪神牝馬S(3番人気1着)、チャンピオンズC(9番人気11着)、東海S(4番人気1着)が各1頭となっています。
ちなみにこの前走阪神牝馬Sだったのは、01年4番人気3着だったトゥザヴィクトリーで、このフェブラリーSが初ダートでした。


最後に枠番の出目ですが、1着馬では8枠が5頭と最も多く、続いて7枠が4頭、2枠と5枠が各3頭、あと6枠が2頭、1枠3枠4枠が各1頭となっていました。
2着馬では3枠と4枠と5枠と6枠と7枠が各3頭と最も多く、続いて1枠2枠が各2頭、8枠が1頭となっていました。
3着馬では5枠が5頭と最も多く、続いて8枠が4頭、1枠が3頭、2枠と3枠と6枠が各2頭、4枠7枠がそれぞれ1頭となっています。


以上ですが、今年も難解ですね。
ともかく今年も上記のデータを一つ一つ検証しながら、まずは本命馬を決めていこうと思っています。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第53回 クイーンカップのデータ [競馬データ]

この2月に施行が変更になった98年以降、中山競馬場開催の03年を除く19年、連対馬38頭、3着馬20頭(13年の同着を含む)からです。
ただし、11年からは、それまでより1週早い開催となっています。


まず、連対馬では3勝馬が強いレースとなっています。
過去の該当年数の3勝馬の出走数計9頭のうち5頭が連対していました。
しかしながら、今回の登録馬では3勝馬はいません。
あと、3勝以外では2勝馬は18頭連対、1勝馬は15頭連対となっています。
また3着馬では、3勝馬はなしで、2勝馬が8頭(地方も含む)、1勝馬が12頭となっています。


それから、東西の連対の状況ですが、東が29頭、西が9頭と、東が圧倒的に連対しています。(ただし、08年は西と西で決着しています。)
3着馬では、東が12頭、西が7頭、地方が1頭とこちらも東の方が多くなっています。


次に、当日の人気ですが、片方か両方で1番人気から3番人気の上位人気の馬が毎年連に絡んでいました。
人気別では、1番人気は11頭、2番人気は8頭、3番人気は6頭、4番人気は3頭と4番人気までの上位で38頭中28頭を占めていました。
あと残り10頭の単勝オッズは、17年5番人気2着のアエロリット(8.8倍)を除く9頭はいずれも二桁で、5番人気が2頭、6番人気が2頭、7番人気が1頭、8番人気が1頭、10番人気が3頭、11番人気が1頭となっていました。
その5番人気以下の10頭の前走ですが、重賞が3頭(京成杯10番人気5着、阪神JF6番人気6着、フェアリーS1番人気2着)、オープン特別が3頭(いずれも前々走は重賞)、500万下特別が1頭(7番人気1着)、新馬戦勝ちが3頭となっていました。
3着馬では、一桁オッズが9頭(1番人気から5番人気)、二桁オッズは10頭(4番人気1頭、5番人気2頭、6番人気2頭、7番人気と8番人気が各2頭、11番人気が1頭)、三桁オッズ(240.4倍)が1頭(15番人気)と半分以上の馬が人気薄となっています。


それから当日の馬体重ですが、450kg以下の馬が連対馬38頭中17頭と結構軽い馬の活躍が目立ちます。
特に、06年の2着に512kgの馬体重の馬が連対するまでは、最高馬体重はその前年の05年2着馬が記録した474kgが最高でした。
その後、07年~09年の連対馬6頭のうち450kg以下は1頭、逆に480kg以上が2頭と、傾向が変わってきたのかなという印象がありました。
しかし10年の連対馬は、430kgと394kgとまた軽い馬が連に絡み、11年は460kgと444kg、12年は連対馬両馬とも偶然438kgと、この3年それなりに軽い馬が絡み続けました。
しかし、13年は、484kgと464kgとの組み合わせ、14年は460kgと458kgとの組み合わせで、450kg以下の馬は絡みませんでした。
しかしながら、翌15年は440kgと424kgと軽い馬同士の組み合わせとなっています。
あと、16年は、498kgと444kgと両方の組み合わせ、昨年17年は、480kgと486kgと重めの馬同士の組み合わせとなっていました。
また、1着馬のみ見ていても、08年までは最高460kgで、450kgを割る馬が7頭も1着となっているなど比較的軽い馬で占められていたのですが、09年の1着馬が480kgと最高馬体重を更新したことから、1着馬の傾向も変化しているのかなとも思いました。

しかし前掲しましたように、10年の1着馬は430kg、11年の1着馬は460kg、12年の1着馬は438kgと、また前の傾向に戻った感もいたしました。
しかし、13年の1着馬は前走からマイナス10kgながらも484kgという馬体重で、最高馬体重を更新、その後の1着馬は、14年460kg、15年440kg、16年は498kg、17年は480kgとなっています。
その連対した450kg以下の馬の人気ですが、1番人気が4頭、2番人気が4頭、3番人気が3頭、4番人気が2頭とほとんどが上位人気を示している反面、あと残り4頭は、7番人気が1頭、10番人気が2頭、11番人気が1頭と、4頭中3頭が二桁人気の下位人気となっており両極端な傾向となっています。
また、3着馬の馬体重では、518kg(98年)と516kg(06年)と2頭の大型馬がいる一方、450kg以下の馬が6頭いました。
ちなみにその450kg以下の6頭の人気は、2番人気1頭、5番人気2頭、6番人気、7番人気、15番人気が各1頭となっていました。

さて、その当日の馬体重の予想ですが、結構この時期馬体重の変動が大きい馬が多いので、前走の馬体重の数値からでは意外にも難しいものとなっています。
14年の2着馬マジックタイムの当日の馬体重は458kgでしたが、前走の馬体重は446kgと450kg以下で、12kg体重が増えたものとなっていました。

また、15年の2着馬ミッキークイーンの当日の馬体重は424kgでしたが、前走の馬体重は444kgで、20kgもの体重を減らしていました。

ちなみに、今回の出走馬で前走450kg以下の馬は、16頭中9頭となっています。


次に前走の着順ですが、連対馬では1着が15頭、2着が8頭、3着が4頭、4着が2頭、5着が4頭と掲示板に載ったのは38頭中33頭になります。
あと残りの前走掲示板をはずした5頭の前走ですが、オープン特別の菜花賞が2頭で3番人気7着と1番人気9着、G1の阪神3歳牝馬S(阪神JF)が3頭で8番人気6着、6番人気6着、6番人気6着となっていました。
また、前走での人気では、1番人気から5番人気の上位が連対馬38頭中30頭も占めていました。
3着馬も、20頭中9頭が前走1着となっていて、あと2着(2頭)、3着、4着(2頭)、6着(2頭)、8着(3頭)、10着となっていました。
同じく前走の人気も20頭中15頭が4番人気以上の上位人気で、残り5頭は前走6番人気1着(新馬戦)、5番人気10着(阪神JF)、9番人気6着(京王杯2歳S)、8番人気3着(菜の花賞500万下特別)、8番人気3着(阪神JF)となっていました。
また、前走「菜の花賞」(08年まではオープン、09年からは500万下へ条件が変更)の馬が、過去19年で8頭の連対馬を出しています。
今回の出走馬で前走「菜の花賞」の馬は、1番人気1着だったオハナの1頭となっています。


毛色は、1着馬では、鹿毛と栗毛と芦毛が各4頭、黒鹿毛が各3頭、青鹿毛が2頭、栃栗毛、青毛が各1頭となっていました。
2着馬では鹿毛が9頭、栗毛と芦毛が各4頭、黒鹿毛が2頭となっていました。
3着馬では鹿毛が9頭、栗毛が5頭、黒鹿毛が4頭、青鹿毛が2頭となっています。


父の血統ですが、連対馬ではヘイルトゥリーズン系が21頭(サンデーサイレンスが5頭、サンデーサイレンスの仔15頭、タニノギムレットが1頭)、ナスルーラ系とノーザンダンサー系が各5頭、ミスタープロスペクター系が4頭、トウルビョン系が2頭、テディ系が1頭となっています。
3着馬では、ヘイルトゥリーズン系が10頭、ノーザンダンサー系が5頭、ミスタープロスペクター系、が3頭、ナスルーラ系が2頭となっていました。


枠番の出目ですが、連対馬では、5枠が8頭、3枠が7頭、1枠と6枠が各6頭、2枠と7枠が各4頭、8枠が3頭、4枠がなしとなっていました。
3着馬では、5枠が5頭、7枠が4頭、2枠と3枠が各3頭、1枠が2頭、4枠と6枠と8枠が各1頭となっています。


以上ですが、過去のデータが今年も繰り返されるならば、まずは、今年も上位人気3頭の中から1頭、選択ということになりますね。
でも、あと1頭、あるいはあと2頭の選択がかなり難解です。
ともかく、人気が落ち着いた時点で、上記のデータをじっくり検証しながら結論を導き出していこうと思います。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第52回 共同通信杯のデータ [競馬データ]

03年中山での開催と98年ダートでの開催を除く、92年以降24年、連対馬48頭、3着馬24頭からです。
このレースも、11年からそれまでより1週遅い開催となっています。


まず当日の人気ですが、馬連で11万馬券が出た99年と翌年の00年、そして08年、10年、11年、13年、16年、17年の計8年以外の16年は1番人気が連対していました。

基本的には、比較的1番人気が強いレースと言えるかと思います。
しかしながら、ここ10年中半分以上6年、1番人気が連対していませんでした。
もしかしたら傾向が変わってきたのかも知れません。
ちなみに、ここ10年の1番人気の着順と単勝オッズを挙げていきますと、
08年5着で1.5倍
09年1着で2.8倍
10年3着で1.8倍
11年9着で2.9倍
12年2着で1.4倍
13年4着で3.2倍
14年1着で2.2倍
15年は2着で1.8倍
16年は9着で1.9倍
17年は3着で2.8倍
となっていました。


あと、全体的に見てみますと、連対馬では、
99年の1着馬(33.0倍)
同じく2着馬(206.2倍)
00年の2着(21.5倍)
05年の2着馬(24.1倍)
07年の2着馬(26.3倍)
08年の1着馬(21.4倍)
16年の1着馬(22.6倍)
17年の2着馬(25.6倍)
の8頭以外の40頭は、単勝オッズが一桁か10倍台(最高15.5倍)となっていました。
3着馬では、
94年(41.5倍)
96年(67.2倍)
97年(28.9倍)
08年(69.1倍)
09年(50.7倍)
13年(40.8倍)
の6頭以外の18頭は、同じく単勝オッズが一桁か10倍台(最高19.1倍)となっていました。


次に毛色ですが、連対馬では、鹿毛が25頭と圧倒的に多く、続いて黒鹿毛が9頭、栗毛が6頭、芦毛が4頭、青鹿毛が3頭、青毛が1頭となっています。
特に24年中、鹿毛が連対しなかったのは、
黒鹿毛と芦毛で決まった96年
黒鹿毛同士で決まった10年
栗毛と黒鹿毛で決まった11年
青毛と栗毛で決まった13年
栗毛と青鹿毛で決まった17年
の5回となっていました。
ちなみに、その5年の3着馬の毛色ですが、96年の3着馬は鹿毛で、10年の3着馬は黒鹿毛、11年の3着馬は鹿毛、13年の3着馬は青鹿毛馬、17年の3着馬は黒鹿毛となっていました。
また、1着馬24頭中15頭が鹿毛馬となっています。(あとの1着馬の毛色は、黒鹿毛が4頭、栗毛が3頭、芦毛と青毛が各1頭)
3着馬では、同じく鹿毛が12頭と最も多く、続いて黒鹿毛が6頭、栗毛が4頭、青毛と青鹿毛が各1頭となっています。


次に父の血統ですが、連対馬では、ヘイルトゥリーズン系が22頭《サンデーサイレンスが2頭、サンデーサイレンスの仔が17頭(ディープインパクトが4頭、フジキセキが3頭、ステイゴールド、マンハッタンカフェが各2頭、アドマイヤベガ、スペシャルウイーク、ゴールドアリュール、ネオユニヴァース、ハーツクライ、エイシンサンディが各1頭)、ブライアンズタイムが2頭、レッドランサムが1頭》、ノーザンダンサー系が10頭、ナスルーラ系が9頭、ミスタープロスペクター系が6頭、アイスカペイド系が1頭でした。
BMS(母の父)では、ノーザンダンサー系が18頭、ナスルーラ系が12頭、ヘイルトゥリーズン系が10頭、ミスタープロスペクター系が3頭、トゥルビョン系が2頭、ハイペリオン系、アリダー系、ハンプトン系が各1頭となっていました。
このBMSがノーザンダンサー系の馬18頭ですが、そのうち12頭の前走は重賞で、あと6頭ですが、3頭は前走オープン、2頭は500万下特別、1頭は新馬戦でした。
3着馬では、父の血統で主なところでは、ヘイルトゥリーズン系が13頭、ノーザンダンサー系とナスルーラ系が各4頭となっていました。
BMSの主なところでは、ノーザンダンサー系が7頭となっています。
その7頭の前走は、重賞が4頭、オープン特別が3頭となっていました。


臨戦過程では、連対馬で前走連対した馬は35頭いました。
その前走のレースの内訳は、G1の「朝日杯」が4頭、G3の重賞が14頭、オープン特別が6頭、500万下条件特別が9頭、未勝利戦が1頭、新馬戦が1頭となっていました。
これに今回の出走馬で該当するのは、前走G3の京都2歳2番人気1着だったグレイル、前走500万下戦で1番人気1着だったオウケンムーン、前走500万下特別4番人気1着だったゴーフォザサミット、前走未勝利戦勝ちだったアメリカンワールド(3番人気)、同じくブレステイキング(2番人気)、前走新馬戦勝ちだったサトノソルタス(1番人気)の6頭となっています。(前走2着馬はなし)
あと、前走連対しなかった残り13頭ですが、前走レースの内訳は、G1が5頭(3着、6着、4着、3着、9着)、G3が6頭(6着、4着、4着、5着、5着、4着)、オープン特別が2頭(3着、3着)となっていました。
その13頭の前々走は、1頭がG1で13着、1頭がG2で11着、1頭がG3で5着、1頭が地方重賞で3着、1頭がオープンで6着以外の8頭は連対していました。
今回の登録馬で該当する馬は、前走G1の重賞で8番人気3着(ホープフルS)だったステイフリッシュ、前走G3の重賞で3番人気5着(シンザン記念)だったカフジバンガードの2頭となっています。

3着馬では、連対馬で前走連対した馬は10頭。 
その前走のレースの内訳は、オープン特別が4頭、500万下戦が5頭、未勝利戦が1頭となっていました。
これに該当する登録馬は、上記で連対馬のところで挙げた前走1着だった6頭となっています。
そして、前走連対しなかった残り14頭ですが、G1が1頭(3着)、G3が9頭(4着、4着、3着、3着、3着、8着、3着、3着、3着)、オープン特別が3頭(4着、4着、10着)、500万下が1頭(5着)となっていました。
その14頭の前々走ですが、1頭がG1で9着、2頭がG3でそれぞれ10着、5着、2頭がオープン特別で共に3着、1頭が500万下特別で4着で、その6頭以外の8頭は連対していました。
その中の前走G3で8着の馬の前々走はオープン特別2着、前走オープン特別で10着の馬の前々走は500万下特別1着、前走500万下で5着の馬の前々走はオープン特別3着となっています。
また前々走G3で10着だった馬の前走は3着でした。
この4頭のデータを含めて、前走連対しなかった馬で該当する登録馬は、上記で連対馬の所で挙げたステイフーリッシュとカフジバンガードの2頭となっています。


以上ですが、今年も1番人気馬の取捨選択からですね。
ステイフーリッシュかグレイルのどちらかになりそうですね。
ともかくも、あとは上記のデータを丁寧に検討しながら結論を出していこうと思います。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第111回 京都記念のデータ [競馬データ]

95年以降23年、連対馬46頭、3着馬23頭からです。
11年からそれまでより1週早い開催となっています。


まず父の血統ですが、連対馬46頭中最も多かったのはヘイルトゥリーズン系の18頭でした。
内訳は、サンデーサイレンスの仔が12頭(ディープインパクト(5頭)、マーベラスサンデー、アグネスタキオン、アドマイヤベガ、スペシャルウイーク、ゼンノロブロイ、ダンスインザダーク、ネオユニヴァース)サンデーサイレンスが5頭、グラスワンダーが1頭と、圧倒的にサンデーサイレンス系が多くなっています。
そのサンデーサイレンスの仔の12頭のうち11頭は、08年からの17年までの9年間のものとなっています。(あと1頭は、05年1着馬のシルクフェイマス)
サンデーサイレンス系の中のディープインパクト産駒ですが、13年に1着2着、14年に2着、16年に2着、17年に2着と、5年間で5頭連対していました。(そのうちトーセンラーが13年1着、14年2着)
続いて多かったのは、ナスルーラ系の13頭(グレイソブリン系が6頭、レッドゴッド系が4頭、ネヴァーベンド系が2頭、ボールドルーラ系が1頭)でした。
そのうち8頭が1着となっています。
またそのうち12頭は95年から06年までの12年間のものとなっています。(あと1頭は、10年の2着馬ジャガーメイル)
続いてノーザンダンサー系が8頭、ミスタープロスペクター系が5頭、サッカーボーイが2頭となっていました。
そのうち、15年の連対馬の父はスタープロスペクター系のキングカメハメハ産駒のワンツーとなっています。

3着馬では、ヘイルトゥリーズン系が12頭(サンデーサイレンスの仔が8頭、サンデーサイレンスが2頭、リアルシャダイとブライアンズタイムが各1頭)と最も多く、続いてナスルーラ系とネイティヴダンサー系(そのうちミスタープロスペクター系が2頭)が各3頭、ノーザンダンサー系(チーフベアハート、ジャイアンツコーズウェイ)、サッカーボーイが各2頭、トゥルビョン系(トウカイテイオー)が1頭となっています。


年齢は、連対馬では4歳馬が19頭と最も多く、続いて6歳馬が12頭、5歳馬が11頭、7歳馬が4頭となっていました。
特に4歳馬は、95年、04年、09年、12年、14年、17年を除く17年で連に絡んでいます。(その除いた6年中09年を除く5年の4着馬は4歳馬)

3着馬では、5歳馬が9頭と最も多く、続いて6歳馬が7頭、4歳馬が4頭、7歳馬が2頭、9歳馬が1頭となっていました。
連対馬で目立っていた4歳馬の3着以内の計23頭ですが、そのうち連対した4歳馬19頭の当日の人気は、1番人気が8頭、2番人気が4頭、3番人気が1頭、4番人気が1頭、6番人気が2頭、8番人気が1頭、11番人気が1頭となっていました。
その中で、人気薄の4頭ですが、01年11番人気1着となったマックロウ、03年8番人気1着となったマイソールサウンド、05年6番人気2着となったトウショウナイト、16年6番人気1着となったサトノクラウンでした。
前2頭ですが、父がグレイソブリン系となっていました。(トウショウナイトの父はミスタープロスペクター系のデインバーカントリー、サトノクラウンの父はノーザンダンサー系のマルジュ)
3着馬の4歳馬4頭では、当日人気は2番人気、3番人気、6番人気、1番人気となっていました。
その6番人気馬は、02年6番人気3着となったテンザンンセイザで、父がグレイソブリン系となっています。

逆に、4歳馬で1番人気から3番人気で上位人気になっていたにもかかわらず4着以下で複勝圏内に入らなかったのは、95年以降16頭いました。
また、その複勝圏内を逃したうちの4着の4歳馬ですが、過去23年中半分近くの11頭を占めていました。
その人気は、2番人気が3頭、3番人気が1頭、4番人気が3頭、6番人気が1頭、9番人気が2頭、10番人気が1頭となっています。
ちなみに今回の登録馬では、4歳馬はアルアイン、クリンチャー、ディアドラ、モズカッチャン、レイデオロの5頭となっています。


毛色ですが、1着馬では鹿毛が13頭、黒鹿毛が5頭、栗毛が4頭、青毛が1頭となっていました。
2着馬では栗毛と鹿毛が各8頭、黒鹿毛が5頭、芦毛が2頭となっていました。
そのうち栗毛は97年以降05年まで9年連続連に絡んでいました。
あと栗毛が連対しなかった95年、96年、06年、07年、08年、10年、11年、13年、14年、15年、16年、17年の12年のうち、96年、06年、07年、16年の4年の3着馬は栗毛となっていました。(10年は栗毛馬の出走はなし)

3着馬では鹿毛が12頭、栗毛が6頭、青鹿毛が2頭、黒鹿毛、芦毛、青毛が各1頭となっています。
この中で栗毛馬ですが、06年以降、ここ12年中8年は栗毛馬の連対はありませんし、3着馬も12年中7年は栗毛馬が入っていないところを見ると、この栗毛馬強しのデータも過去のものになってきたのかも知れません。
(12年は、2着に唯一1頭出走していた栗毛馬の1番人気ダークシャドウが入りましたが、翌年13年は、同じく唯一出走していた栗毛馬9番人気ヤマニンファラオはしんがり負けの11着、17年の唯一出走していた栗毛馬7番人気アクションスターは9着でした。)

ちなみに、今回登録している栗毛馬は、昨年に続きアクションスターの1頭となっています。


次に、当日の連対馬の人気の組み合わせですが、「8番人気と7番人気」の組み合わせで決まった03年以外は、片方か両方で1番人気から3番人気の上位の馬が絡んでいました。
その中の1番人気ですが、23年中13年で連に絡み、3着馬は2頭となっていました。
その連に絡んだ1番人気の単勝オッズですが、1頭(3.3倍)を除いて12頭が1倍台(7頭)もしくは2倍台前半(5頭)となっていました。
ただ連をはずした1番人気の10頭はそれぞれ、2.3倍(3着)、2.7倍(6着)、2.5倍(7着)、1.9倍(10着)、3.3倍(13着)、3.5倍(5着)、1.6倍(6着)、1.8倍(5着)、3.9倍(12着)、1.7倍(1.7倍)となっていて、単勝オッズから取捨選択が一見可能なようですが、シルクフェイマス、ジェンティルドンナ、ハープスターのように1倍台でも大きく負けたこと(シルクフェイマス05年10着)がありますので、全面的に信用できるデータではないようです。


それから臨戦過程での主な前走のレースですが、連対馬では有馬記念が12頭と最も多く、次いで京都の金杯が5頭(いずれも京都記念で1着)、日経新春杯が4頭(同じくいずれも1着)、アメリカJCCが3頭(同じくいずれも2着)となっていました。
しかしながら、今回の登録馬では、前走で一番多かった有馬記念を走った馬は残念ながらいません。
あと、前走京都金杯を走った馬もいません。
前走日経新春杯を走った馬は4着のミッキーロケット、9着のアクシションスターの2頭、前走アメリカJCCの登録馬はなしとなっています。


それから、前走で上記の4レース以外のレースを走った連対馬は、海外を走った馬と15年の2着馬スズカデヴィアス(前走ステイヤーズS6番人気4着)を除いてその前走の人気が着順に関係なく4番人気以上の上位人気になっていました。
今回の登録馬では、前走菊花賞2番人気7着のアルアイン、前走エリザベス女王杯4番人気12着のディアドラ、前走ジャパンC2番人気2着のレイデオロの3頭が該当します。
あと、前走海外だった登録馬は、今回登録はありません。


3着馬の前走のレースも、有馬記念が7頭(1着、6着、7着(3頭)、9着、14着)、日経新春杯が5頭(2着2頭、4着2頭、14着)、アメリカJCCが4頭(2着3頭、10着)とほぼこの3レースで分け合っていました。
残り7頭の前走は、ジャパンC(8着)、宝塚記念(3着)、天皇賞(春)(4着)、京阪杯(1800m芝時で1着)、京都金杯(15着)、佐賀記念(12着)、海外の凱旋門賞(14着)となっています。


次に枠番の出目ですが、連対馬では6枠が9頭と最も多く、続いて7枠と8枠が各7頭、次に1枠と4枠が各6頭、5枠が5頭、続いて2枠と3枠が各3頭となっていました。
3着馬では、8枠が6頭と最も多く、次いで4枠が5頭、3枠と5枠が各3頭、続いて2枠と6枠と7枠が各2頭、1枠がなしとなっています。


以上ですが、とりあえずは、上記の4歳馬5頭の取捨選択から検討を始めたいと思います。
それから、人気とオッズが出てから上記のデータを基に検討して結論を出していこうと思います。

タグ:京都記念
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第68回 東京新聞杯のデータ [競馬データ]

92年以降、95年の降雪によるダート開催への変更と03年中山競馬場での開催を除く過去24年、連対馬48頭、3着馬24頭からです。

ただし、14年は積雪のため、1週遅れの開催となっています。

この古馬の東京1600m芝のレースは、5月の牝馬限定のヴィクトリアルマイル、初夏の安田記念、秋の富士ステークス、そしてこの東京新聞杯と4レースあります。
それぞれ個性があって、共通項があるようでないようで、そしてそれぞれの難解さを持っています。
この東京新聞杯もなかなか個性があって難解ですね。
近年でも、08年、3連単で250万台、09年は88万台と、大荒れになりましたが、10年は1万円台、11年は約10万円弱、12年は6万円台、13年は1万円台、14年は9万円台、15年は15万円台、16年は35万円台、昨年17年は1万円台と、荒れるのか、固く収まるのか、予想しづらい、とらえどころがない難解なレースとなっています。
過去24年の1番人気を見てみますと、1着が5頭(単勝オッズ1.3倍~2.8倍)、2着が5頭(1.7倍~4.4倍)と計10頭が連対で、全体的には半分弱の連対率となっています。
また、3着には1番人気の馬が4頭(3.2倍、4.5倍、4.2倍、1.8倍)入っていて、結局24頭中1番人気が14頭、3着以内に入ったことになります。
あと残り圏外は10頭ですが、9着(00年、1.8倍)、8着(02年、4.2倍)、4着(04年、1.8倍)、4着(08年、4.1倍)、6着(09年、4.0倍)、7着(11年、2.3倍)、5着(12年、4.4倍)、10着(13年、4.0倍)、4着(14年、4.2倍)、競争中止(16年、3.0倍)となっていて、ここ10年では、10年と15年と17年、そして競争中止となった16年を除く6年で3着以内をはずしていました。(その10年の1番人気(2着)の単勝オッズは4.4倍、15年の1番人気(3着)は4.2倍、17年の1番人気(3着)は1.8倍)


次に毛色ですが、連対馬で一番多かったのは鹿毛で48頭中25頭占めていました。
続いて黒鹿毛が9頭、栗毛が6頭、青鹿毛と芦毛が各3頭、栃栗毛、青毛が各1頭となっていました。
しかし、04年から09年までの6年は、「黒鹿毛同士」、「青鹿毛と栗毛」、「黒鹿毛と栗毛」、「栗毛同士」、「青鹿毛と黒鹿毛」、「黒鹿毛同士」という組み合わせとなっていて、6年連続なぜか鹿毛馬の連対なしとなっていました。
しかしながら、10年は「鹿毛馬同士」(3着馬も鹿毛馬)と久々に鹿毛馬が連対し、11年は「黒鹿毛と鹿毛」という組み合わせで、また鹿毛馬が戻って来た感があります。
その後は、12年は、「青毛-栗毛」でまた鹿毛馬が絡まない年となり、13年は、「栗毛-鹿毛」、14年は、「芦毛-鹿毛」、15年は「鹿毛-鹿毛」、16年は「芦毛-鹿毛」、昨年17年は「黒鹿毛-鹿毛」とここ5年連続、鹿毛馬が連対しています。
ちなみに、その鹿毛馬が連対しなかった7年間(04年から09年、12年)の3着馬の毛色は、順に、「黒鹿毛」、「黒鹿毛」、「鹿毛」、「青鹿毛」、「鹿毛」、「黒鹿毛」、「黒鹿毛」と一応鹿毛馬は7年中2年入っていました。
ただ、逆に見れば、その7年中5年は3着以内に鹿毛馬が絡まなかったことになりますので、やはりこの鹿毛馬強しのデータも、とらえどころのないものとなっています。
3着馬の過去24年の毛色もまとめてみますと、鹿毛が9頭と最も多く、続いて黒鹿毛が7頭、青鹿毛、栗毛が各4頭となっています。


次に臨戦過程ですが、まず前走での距離で同じ1600m芝を走ったのは、連対馬48頭中33頭となっていました。
そしてその33頭のうち21頭がその前走のレースで連対していました。
その前走1600m芝のレースで一番多かったのはニューイヤーSの13頭で、06年1着フジサイレンスの前走5番人気3着、11年2着のキングストリートの前走2番人気5着、15年2着のアルフレードの前走2番人気9着以外の10頭はいずれもその前走ニューイヤーSで連対していました。(他に、96年前走東京1400m芝施行でのニューイヤーSを走った2番人気1着のメイショウユウシがいます。)
今回の登録馬17頭で、前走ニューイヤーSを走った馬は、1番人気1着のダノンプラチナの1頭となっています。
それから、前走ニューイヤーS以外の1600m芝のレースを走った残り20頭ですが、その中で、京都金杯が8頭(1着、4着、9着、5着、12着、1着、7着、2着)と目立っています。
今回の登録馬で前走京都金杯だったのは、2着のクルーガー、5着のダイワキャグニー、、12着のマイネルアウラートの3頭となっています。

3着馬24頭では、そのうち14頭が前走1600m芝を走っていました。
その中で、連対馬で一番多かったニューイヤーS組は2頭(、0年6番人気3着のエーシンフォワード、12年2番人気3着のヒットジャポット)でした。(他に、前走東京1400m芝施行でのニューイヤーSを走った96年4番人気3着のフジノマッケンオーがいます。)
その前走1600m芝を走った14頭のその前走の人気を見てみますと、1番人気が5頭、2番人気が5頭、3番人気が1頭、4番人気が1頭、6番人気が1頭(京都金杯2着)、8番人気が1頭(マイルCS11着)となっていて、10頭が1番人気か2番人気、12頭が4番人気以上となっていました。
今回、前走1600m芝のレースを走ってその時の人気が4番人気以上だったのは、クルーガー、サトノアレス、ダイワキャグニー、ダノンプラチナの4頭となっています。
準じるのは、前走G1のマイルCS15番人気11着だったガリバルディ、前走京都金杯8番人気5着だったストーミーシー、同じく10番人気12着だったマイネルアウラート、前走オープン特別のリゲルS5番人気3着だったディバインコード、ターコイズS7番人気3着だったデンコウアンジュがいます。


あと、連対馬で、臨戦過程で前走1600m芝以外を走った残り15頭ですが、そのうち準オープンとオープン特別だったのは計4頭いました。
いずれも1番人気か2番人気で勝っていました。

今回の登録馬では、前走ニューイヤーS1番人気1着だったダノンプラチナが該当します。
あと11頭は前走重賞となりますが、その内訳は、G1が5頭(有馬記念が2頭(7番人気7着、10番人気6着)、エリザベス女王杯が2頭(4番人気6着、8番人気5着)、菊花賞が1頭(11番人気11着)、G2が2頭(9番人気4着、4番人気5着)、G3が4頭(1番人気1着、9番人気12着、9番人気9着、3番人気5着)となっていました。

それから、3着馬の残り前走「1600m芝」以外の10頭ですが、前走有馬記念11番人気13着、前走中山金杯5番人気14着、中日新聞杯6番人気8着、そして阪神C12番人気9着以外の6頭は前走4着以上の上位着順となっています。


年齢ですが、連対馬では、6歳が17頭と最も多く、次いで4歳が15頭、続いて5歳の11頭、7歳の5頭となっています。
3着馬では、5歳の10頭が最も多く、続いて4歳の9頭、次に6歳の3頭、7歳と8歳の各1頭と続いていました。


次に父の血統ですが、連対馬で、単独で一番多かったのはサンデーサイレンスの8頭で、それを含むヘイルトゥリーズン系が25頭となっていました。
そして、ノーザンダンサー系が9頭、ナスルーラ系が6頭、ミスタープロスペクター系が5頭、そしてサーゲイロード系、トゥルビョン系、ダンテ系が各1頭と続いていました。
3着馬では、サンデーサイレンス系が8頭(サンデーサイレンス3頭、ネオユニヴァース、フジキセキ、スペシャルウイーク、ダンスインザダーク、ステイゴールド)と最も多く、続いてナスルーラ系が7頭、ノーザンダンサー系が4頭、ミスタープロスペクター系が3頭、そしてリボー系とブライアンズタイムズ系が各1頭と続いています。

また、全体的に、父か母の父(BMS)でどちらかあるいは両方でナスルーラ系の馬が目立っています。
過去24年、1着馬から3着馬計72頭中26頭でナスルーラ系が絡んでいました。
特に、05年から07年までの3年間と10年、11年の2年間、13年、17年の計7年で入らなかった以外は、残り17年で少なくとも1頭は絡んだ馬が3着以上に入っていました。
今回の登録馬でナスルーラ系絡みの馬は、トウショウビストの1頭となっています。


枠の出目ですが、連対馬では、3枠が11頭と最も多く、続いて4枠が7頭、8枠が6頭、2枠と5枠と6枠と7枠が各5頭、1枠が4頭と続いています。
中でも、4枠の6頭はそのまま1着となっていて、一番多く優勝馬を出しています。
3着馬では、1枠が7頭と最も多く、続いて4枠と8枠が各4頭、次に6枠が3頭、2枠と5枠と7枠が各2頭となっていて、連対馬で一番多かった3枠は無しとなっていました。


以上ですが、今年も難解な選択ですが、「荒れるのか」「平穏で決まるのか」、この二者択一からになりますね。
その上で、上記のデータを参考に本命馬を決めていきたいと思います。

タグ:東京新聞杯
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:競馬

第58回 きさらぎ賞のデータ [競馬データ]

1800mに変更になった91年以降、94年の阪神競馬場開催を除く過去26年、連対馬52頭、3着馬26頭からです。


だいたい平穏な結果で決まっているレースです。
その中で荒れた年は、
91年の「3番人気と5番人気」
93年の「10番人気と5番人気」
08年の「8番人気と5番人気」
11年の「3番人気と8番人気」
13年の「5番人気と6番人気」
との組み合わせでそれぞれ決まった5年で、それ以外の21年は、1番人気か2番人気の片方か、両方の馬が絡んでいました。
その連対馬の全体的な人気の内訳ですが、26年中、1番人気が16頭、2番人気が13頭、3番人気が6頭、4番人気が3頭、5番人気が6頭、6番人気が5頭、8番人気が2頭、10番人気が1頭となっていました。
この連対した6番人気以下の下位人気計8頭の前走ですが、
93年10番人気(単勝オッズ38.9倍)1着のツジユートピアンの前走が500万下特別3番人気11着
97年6番人気(7.3倍)1着のヒコウキグモの前走が新馬戦1番人気1着
02年6番人気(9.5倍)1着のメジロマイヤーの前走が500万下特別6番人気1着
05年6番人気(32.4倍)2着のマキハタサーメットの前走がオープン特別4番人気1着
08年8番人気(21.2倍)1着のレインボーペガサスの前走が地方の重賞1番人気3着
11年8番人気(43.3倍)2着のリキサンマックスの前走が未勝利戦9番人気1着
13年6番人気(8.3倍)1着のタマモベストプレイの前走がシンザン記念3番人気3着
17
6番人気(17.2倍)1着のアメリカズカップの前走が朝日FS9番人気9
となっていました。
前走の傾向としては、前走の着順が1着だったのは8頭中4頭で、1着をはずしていた残り4頭は、その人気は、前走G1の朝日FSだった1頭を除いて、上位人気(1番人気3着、3番人気11着、3番人気3着)となっていました。

今回の出走馬では、15頭中前走1着は、サトノフェイバー(前走新馬戦2番人気1着)、ダノンマジェスティ(前走新馬戦1番人気1着)、ニホンピロタイド(前走新馬戦4番人気1着)、ラセット(前走未勝利戦2番人気1着)、レッドレオン(前走新馬戦1番人気1着)の5頭で、前走3番人気以上で1着をはずした馬は、グローリーヴェイズ(前走500万下特別2番人気2着)の1頭、前走G1の朝日FSを走った馬の出走はなしとなっています。
これらの馬で、当日人気が6番人気以下となった場合、ちょっとは気を止めた方がいいかも知れませんね。


3着馬も見てみますと、人気に関係なく当日の単勝オッズが一桁台だったのは26頭中13頭で、残り13頭が10倍以上になっていたことから、連対馬としては平穏なレースの傾向が強くても、3連複、3連単としては波乱の目を含んでいることになります。
その3着馬の当日人気ですが、26年中、1番人気が3頭、2番人気が4頭、3番人気が4頭、4番人気が3頭、5番人気が2頭、6番人気が3頭、7番人気が4頭、8番人気が1頭、10番人気が2頭となっています。
そのうち6番人気以下の下位人気10頭の前走ですが、1着だったのは4頭(500万下特別1番人気1着1頭、未勝利戦1番人気1着2頭、新馬戦3番人気1着1頭)で、それ以外の1着をはずした6頭の前走の人気は、4番人気から10番人気で、連対馬とは違った傾向となっています。


臨戦過程ですが、まず前走の着順を見てみますと、1着が27頭と最も多く、続いて2着が7頭、3着が8頭、4着が3頭、5着が3頭と52頭中48頭までが前走掲示板に載っていました。
あと残り4頭ですが、8着、9着(2頭)、11着となっていました。

その前走1着馬27頭の傾向ですが、500万下条件戦が14頭と最も多く、次にオープン特別の6頭、続いて重賞の3頭、未勝利戦の3頭、そして新馬戦が1頭となっていました。

その前走での人気ですが、11年2着のリキサンマックス(前走未勝利戦9番人気1着)を除いてすべて4番人気以上の上位人気でした。
今回の出走馬で前走1着だったのは、上記で挙げたとおり5頭となっています。
また、前走重賞及びオープン特別で1着となったのは今回は出走はなしで、前走未勝利戦勝ちでは、ラセットの1頭となっています。
そして、前走新馬戦で1着だったのはサトノフェイバー、ダノンマジェスティ、ニホンピロタイド、レッドレオンの4頭となっています。
その前走1着馬4頭のうち、ニホンピロタイドを除く3頭が前走3番人気以上の上位人気となっています。

あと残りの前走1着を逃した連対馬25頭ですが、朝日杯、ラジオたんぱ杯などや、地方の全日本2歳優駿を含めた重賞を走ったのは13頭いました。
今回の出走馬で前走重賞を走って1着を外した馬はカツジ(デイリー杯2歳S2番人気2着)、スラッシュメタル(京成杯11番人気8着)の2頭となっています。
次に前走1着を逃した馬で多かったのは前走オープン特別で6頭いました。
そのうち5頭が若駒Sとなっています。

しかしながら今回の出走馬で前走オープン特別を走った馬の出走はありません。
あと残り6頭は500万下の条件戦で、そのうち3頭の前々走は新馬戦1番人気1着でした。(あと3頭の前々走は、東京スポーツ杯2歳S5番人気3着、500万下特別(エリカ賞3番人気3着、500万下特別(エリカ賞)1番人気5着、)
今回の出走馬で、前走500万下特別で1着を逃した馬で、まず前々走新馬戦1番人気1着だった馬はグローリーヴェイズの1頭で、前々走掲示板に載った馬は、オーデットエールの1頭となっています。

3着馬では、前走施行条件に関係なく連対していたのは、26頭中16頭、3着から5着まで2頭、あと掲示板をはずしたのは8頭で、そのうち7頭は前走重賞かオープン特別でした。


あと父の血統では、連対馬ではサンデーサイレンスなどのヘイルトゥリーズン系が29頭と一番多く、あとノーザンダンサー系が11頭、ナスルーラー系が5頭、ミスタープロスペクター系が3頭と続いています。
3着馬では、ヘイルトゥリーズン系が12頭(01年から06年まで6年連続と09年から12年まで4年連続と15年16年と2年連続)、あとミスタープロスペクター系が5頭、ノーザンダンサー系が4頭、ナスルーラー系が3頭、ハイペリオン系、マンノウォー系が各1頭となっています。


毛色は、連対馬では鹿毛が26頭と最も多く、あと黒鹿毛が13頭、栗毛、青鹿毛が各5頭、芦毛が3頭となっていました。
3着馬では、鹿毛が15頭と最も多く、あと栗毛が5頭、黒鹿毛が3頭、芦毛が2頭、青鹿毛が1頭となっていました。


枠番の出目ですが、連対馬では7枠が9頭、3枠が8頭と最も多く、続いて5枠と6枠と8枠が各7頭、あと1枠と4枠が各5頭、2枠が4頭となっています。
3着馬では、8枠が6頭が最も多く、5枠が5頭、2枠と4枠と6枠と7枠が各3頭、3枠が2頭、1枠が1頭となっていました。


それから、1着馬(26頭)の当日の人気は、1番人気が8頭、2番人気が6頭、3番人気が5頭、5番人気が2頭、6番人気が3頭、8番人気が1頭、10番人気が1頭となっていました。
同じく1着馬の前走の人気ですが、1番人気が15頭、2番人気が3頭、3番人気が5頭、4番人気が2頭、9番人気が1頭となっていました。
また1着馬の前々走は、1番人気が18頭、2番人気が5頭、3番人気が3頭となっていました。
そして、1着馬の前走の着順ですが、1着が13頭、2着が5頭、3着が4頭、4着、5着、9着、11着が各1頭となっていました。
同じく1着馬の前々走の着順は、1着が18頭、2着が2頭、3着が5頭、4着が1頭となっていました。
また、前走新馬戦勝ちでこのきさらぎ賞も勝った馬は今のところいません。


1番人気ですが、91年以降、94年を除く過去26年、1番人気26頭中15頭が連対していました。
内訳は1着が8頭で、そのオッズは1.0倍~1.9倍、2着が7頭で、そのオッズは1.3倍~3.6倍となっていました。
3着には3頭入っていて、オッズは、2.2倍、2.5倍、2.5倍となっていました。
あと、3着以内を外した残り8頭のオッズを見てみますと、1頭だけ1.3倍(4着)が合った以外は2.3倍~3.8倍となっていました。




以上ですが、今年もとりあえず1番人気馬あるいは2番人気馬の取捨選択からですね。
あと、下位人気の馬は、上記のデータとにらめっこしながら決めていきたいと思います。

タグ:きさらぎ賞
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

第32回 根岸ステークスのデータ [競馬データ]

今年も、同じ日程と施行で行われた00年の銀嶺Sと、01年以降03年中山開催を除いた根岸Sの過去16回、合わせて17年の連対馬34頭、3着馬17頭から見ていきます。


毎年ここの予想で書いていますが、馬連の配当が順に、
00年4060円(6番人気-3番人気)
01年4850円(8番人気-3番人気)
02年4380円(6番人気-5番人気)
04年17560円(7番人気-10番人気)
05年2620円(1番人気-9番人気)
06年3450円(6番人気-3番人気)
07年4050円(11番人気-1番人気)
08年2400円(1番人気-5番人気)
09年4150円(4番人気-5番人気)
10年5960円(11番人気-1番人気)
と10年までは堅く収まった年はありませんでした。
しかし11年以降の配当は、
11年640円(2番人気-3番人気)
12年15660円(4番人気-9番人気)
13年1380円(5番人気-1番人気)
14年6380円(4番人気-8番人気)
15年710円(1番人気-2番人気)
16年1330円(1番人気-6番人気)
17年860円(1番人気-3番人気)
と、それまでと比べて、荒れない時と荒れる時が交互に現れるようになりました。
しかし、固く納まった11年の3着馬は10番人気、ほぼ固く収まった13年の3着馬も10番人気、固く収まった15年の3着馬は15番人気、さらにほぼ固く収まった16年の3着馬は10番人気と、荒れる傾向は残っていました。

さて、その荒れる顕著な例ですが、1着馬の人気とオッズに現れています。
この該当する過去17年間では、05年に1番人気(単勝オッズ1.8倍)で1着となったメイショウボーラ、08年に1番人気(単勝オッズが2.5倍)で1着となったワイルドワンダー、11年に2番人気(単勝オッズ3.6倍)で1着となったセイクリムズン、15年に1番人気(単勝オッズ3.4倍)で1着となったエアハリファ、16年に1番人気(単勝オッズ2.2倍)で1着となったモーニン、17年に1番人気(単勝オッズ3.0倍)の6頭以外の11頭は、人気が4番人気以下の下位人気で、単勝オッズは最高で7倍、最低で55.7倍となっていて、その11頭中8頭は二桁オッズとなっていました。
それから、1着から3着馬までのそれぞれの上位3頭を見てみますと、一桁台オッズの馬が1頭だったのは7年、2頭だったのは9年、3頭共だったのは1年(17年)となっていました。
その中で上位の3番人気以上の馬は、1番人気は10回、2番人気は2回、3番人気は7回それぞれ入っていました。
一応上位人気の馬にも注意が必要になるかと思います。


毛色ですが、連対馬では、鹿毛が14頭、黒鹿毛が8頭、栗毛が7頭、芦毛が2頭、栃栗毛、青毛、青鹿毛が各1頭と一応は鹿毛が多い結果となってはいます。
しかしここ14年では、順に、栗毛-栃栗毛、黒鹿毛-鹿毛、栗毛-芦毛、鹿毛-黒鹿毛、黒鹿毛-鹿毛、鹿毛-青毛、黒鹿毛-栗毛、黒鹿毛-黒鹿毛、鹿毛-鹿毛、黒鹿毛-栗毛、黒鹿毛-鹿毛、鹿毛-鹿毛、栗毛-芦毛、青鹿毛-栗毛という組み合わせになっていて、鹿毛の連対は28頭中10頭にとどまっています。(ただし、12年、15年は上位3頭とも鹿毛馬で占められています)
その12年より前の00年、01年、02年の3年が、6頭中5頭が鹿毛であったことから、これはかなりの傾向の変わりようとなっています。
東京新聞杯でも同じような傾向が見られることから、もしかしたら2002年での東京競馬場の改装と関係があるのかも知れません。
しかし、出走馬の内容にもよりますので、これは一概には言えないかと思います。
例えば、12年は16頭中9頭、昨年15年は16頭中11頭と鹿毛馬が出走して、それぞれ1着から3着まで鹿毛馬が占めてしまいました。
ちなみに今年は、登録馬16頭では8頭の鹿毛馬が登録しています。


あと3着馬の毛色ですが、3着馬17頭中鹿毛が9頭、黒鹿毛が5頭、芦毛が2頭、青鹿毛が1頭となっています。


年齢ですが、連対馬では、5歳が14頭と最も多く、続いて6歳が11頭、4歳が5頭、7歳が3頭、8歳が1頭となっていました。
3着馬では、8歳が6頭と最も多く、続いて5歳が4頭、4歳と6歳と7歳が各2頭、9歳が1頭となっていて、比較的高齢馬ががんばっています。
ちなみに、今回の登録馬での7歳以上の高齢馬は、7歳馬がキングズガード、ニシケンモノノフ、ヒカリブランデー、マッチレスヒーロー、モンドクラッセ、ラブバレットの6頭、8歳馬がベストウォーリアの1頭となっています。


前走の施行ですが、まず連対馬では、1200mダートを使われた馬が12頭となっていました。
そのうち7頭がガーネットS(着順は順に、5着、2着、3着、6着、1着、1着、1着)で、あと5頭は、重賞のカペラSが2頭(3番人気1着、6番人気1着)オープン特別のジャニュアリーSで5番人気1着、準オープン特別が2頭(7番人気1着、1番人気1着)となっていました。
ただ、ガーネットSが09年からなくなりましたので、残念ながらこれは参考にはならなくなりました。
今回の登録馬で前走1200mダートを走っていて、重賞かオープン特別、あるいは準オープンで勝っていた馬は、前走G1のJBスプリント競争で2番人気1着だったニシケンモノノフ(今回はシルクロードSに出走予定)1頭となっています。
前走1200mダートを走っていて、1着を逃した6着以上だった登録馬は、前走ジャニュアリーS6番人気2着だったマッチレスヒーローの1頭がいます。

あと、前走1200mダート以外の22頭ですが、まずは1400mダートが9頭(いずれもオープン特別が8頭(1着が5頭、2着が1頭、3着が2頭)、重賞(地方のG1のJBスプリント)が1頭、そして2100mダート(ジャパンカップダート)が3頭(2着、8着、5着)、1600mダート(武蔵野S)が3頭(4着、2着、3着)、それから1600m芝が2頭(3着、14着)、1800mダートが3頭(オープン特別1着、チャンピオンズC 4着、6着)、1700mダート(重賞のエルムS)が1頭(1着)、1800mダート(オープン特別)が1頭(1着)、2000mダート(東京大賞典)が1頭(9着)、この前走1600m芝の馬の2頭のうち1頭は、00年銀嶺S2着のシンコウスプレンダで、前々走では、その前の年の銀嶺Sで勝っていました。
またもう1頭は、07年1着馬のビッググラスで、前走京都金杯では14着で大敗していましたが、前々走までの7走中6走で、条件戦でしたがダート戦で連対していました。

このように、前走芝のレースを走っていても、それ以前でダートを好走している馬には要注意かと思います。

あと、3着馬17頭の前走ですが、連対馬と同じく1400mダートのオープン特別が5頭(2着、1着、1着、1着。2着)、1200mダートのガーネットSも4頭(2着、3着、4着、3着)、地方の重賞が3頭(園田1400mダート2着と5着、大井2000mダート(G1)3着)、1800mダートが2頭(チャンピオンズC8着、オープン特別9着)、前走スプリンターズS(1200m芝5着)で初ダートだった馬が1頭、1400mダートの準オープン特別が1頭(1着)、1600mダートの武蔵野Sが1頭(14着)となっていました。


枠の出目は、連対馬では、3枠が7頭、4枠が6頭、2枠と5枠が5頭、6枠が4頭、7枠が3頭、1枠と8枠が各2頭となっていました。
3着馬の出目ですが、7枠が17頭中9頭と目立っていて、あと6枠が3頭、1枠と2枠が各2頭、4枠が1頭となっていました。


以上ですが、今年も昨年までと同様、まずは過去17年中12回荒れたように今年も荒れるのか、固く収まった11年、15年、17年、またほぼ固く収まった13年、16年のように平穏に終わるのか、まずはその二者択一から始めようと思っています。
その上で、上記のデータと照らし合わせながら結論を出していこうと思います。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬
前の12件 | - 競馬データ ブログトップ