So-net無料ブログ作成

第9回 レパードステークスの予想の結果 [競馬予想の結果]

第9回 レパードステークスの予想の結果

◎15 タガノディグオ   12着

○ 5 エピカリス      3着
▲ 6 スターストラック   8着
△14 テンザワールド    7着

5-15 馬連、ワイド 各1点

(15→5)→6,14  1着2着固定2頭軸3連単2頭流し 2点
-15)-6,14  2頭軸3連複2頭流し 2点

以上計6点勝負

本命にしていた2番人気タガノディグオですが、道中中団の後ろ辺りを追走、直線、ここから伸びてくるかなと期待しましたがまったく伸びず、12着と凡走で終わりました。
残念無念。
一方、圧倒的1番人気のエピカリスも、道中中団の前辺りで追走、直線に入って絶好の位置にいましたが、思ったほど伸びず、結局、何とか自力で3着を確保したところで終わりました。
逆に言えば、3着でがんばったとも言えるかも知れません。
これで、1番人気馬はこのレース、9回ともすべて3着以内に入り続けたこととなりました。
勝ったのは、11番人気のローズプリンスダムでした。
道中中団を追走していましたが、直線半ば、勝負所でいい脚で一気に伸びて馬群をあっという間に抜き去り、さらに終始先頭を走ってさらにゴール前粘っていた12番人気サルディオーネを捕らえて見事このレースを制しました。
鞍上の木幡巧也騎手にとってこれが初重賞制覇となりました。
サルディオーネは2着。
そして、その後馬群を抜けて来たエピカリスが3番手に上がって3着を確保いたしました。
レースは、3連単の配当が80万円台とかなり荒れましたね。

勝ったローズプリンスダムの前走は、「JDダービー」で6番人気8着だった馬。
これで、予想でも触れましたけれど、1番人気馬と同じく、今年まで9回連続、前走JDダービーを走った馬が3着以内に入ったこととなりました。
予想で書いた考え方は、こちらも正解でしたけれど、過去のその前走の着順からタガノディグオの方を、普通は選びますよね^^;
確かに、その前走「6番人気」だった馬が3着以内に入っていたので、検討の中には入ってはいましたけれど、後の祭りですね。
小倉記念と同じく何となく悔しいですけど仕方ないですね。
またがんばります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント